« 青森~北海道旅行(8) | トップページ | 映画『サニー 永遠の仲間たち 』 »

2014.07.21

フィーチャーフォン版LINEのご紹介

青森~北海道旅行(8)の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m たくさんの方たちから応援クリックを賜り、心より御礼申し上げます。三連休もあっという間に終わってしまいましたね。私は、今日の夕方、またまた高速バスに乗り、夜に兵庫県に帰って来ました。高速バスの中で記事の下書きをしようと思っていたのですが、睡魔に負けてしまいました。ところで、倉敷で行方不明になっていた女の子が無事に救出されましたね。本当に良かったです。もしかしたら、この先、いろいろなトラウマを抱えてしまうことになるかもしれませんが、周りの人たちの深い愛に包まれ、すくすく成長してくれることを祈ります。

 スマートフォンの普及により、LINEで多くの人たちが繋がりを持っているようだ。ご存知の方も多いと思うが、スマートフォンだけでなく、ガラケーやパソコンでもLINEを使用することができる。今回は、私がガラケーで使用しているフィーチャーフォン版のLINEについて書いてみたいと思う。

 フィーチャーフォン版のLINEは、スマートフォンのように常駐型ではないので、自分宛の書き込みがあると、携帯電話のメールアドレスに以下のようなメールが届くようになっている。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

件名:[LINE]新しいメッセージがあります!

新しいメッセージがあります

↓確認はこちら
http://m.line.me/

※携帯の料金プランによっては接続毎に通信費が発生します。パケット定額プランでのご利用をお勧めします。
※このメールは未読のメッセージがある場合、自動的に送信されます。

↓通知設定の変更・停止はこちら
http://m.line.me/setting/notification?guid=on

--

LINE(ライン)
http://m.line.me/

-----------------------------------------------------------------------------------------------

 上記のメールによる通知の周期は、二十分を最小にして、変更できるようになっている。私は、最小単位の二十分に設定しているのだが、実際には、書き込みがあってからおよそ数分で通知が届くので、それほど不便は感じていない。

 ところで、先日、兵庫県警の「ひょうご防犯ネット」からこんなメールが届いた。「ひょうご防犯ネット」は、兵庫県の指定地域で発生した事件についての情報を提供してくれるサービスだ。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

件名:LINEの他人なりすまし事案(7月16日・東灘)

7月16日(水)、神戸市東灘区内で、アプリケーションソフト「LINE」を使用して、親族になりすました不審なメッセージが届く事案が発生しました。
男性のスマートフォンに、親族から「コンビニでiTunesカードを3万円分買って、コードナンバーの写真を送ってほしい」というメッセージが送られてきたもので、メッセージの文面が不自然な日本語であることを不審に感じた男性が、親族自身に確認したところ、偽りであることが判明しました。
今後も、このような事案が続発するおそれがありますので、十分に気をつけて下さい。
【防犯ポイント】
●家族・知人等からの「プリペイドカードを買ってほしい」等のメッセージには十分注意するとともに、直接本人に確認するなど、だまされないようにしましょう。
●メッセージが不自然な日本語である等、不審な点があった場合は、通信をやめて警察に相談しましょう。

※このメールは送信専用のため、返信はできません。なお、犯罪情報等につきましては、最寄りの警察署まで、ご連絡ください。
「警察署一覧」はこちら
http://www.police.pref.hyogo.jp/keitai/index10.htm
【ひょうご防犯ネットトップページ】
http://hyogo-bouhan.net/

-----------------------------------------------------------------------------------------------

 以前から、LINEのなりすましについては話題になっていたが、兵庫県内でもそうした事件が発生したとのことで、注意を呼び掛ける内容のメールだった。このメールを読んだ私は、よからぬことを考えた。あたかもLINEが乗っ取られているかのようなメッセージを書き込んでも、ガンモは冷静に対応するのではないかと思ったのだ。そこで、上記のなりすましメッセージを真似て、ガンモに向けて、以下のように発信してみた。

なりすましメッセージのふりをして、ガンモにこんなメッセージを送ってみた

 すると、その直後にガンモから電話が掛かって来たかと思うと、ひどく慌てた様子で、
「LINEが乗っ取られてるから!」
と言われた。ちょうど私はホットヨガのレッスンを受けたあと、電車に乗って移動中で、電波状態があまり良くない状態だった。しかも、携帯電話にヘッドフォンを接続していなかったため、ガンモの声が周りの人たちに丸聞こえになってしまっていた。私の携帯電話は、ヘッドフォンを接続していないと、電話の相手の声がスピーカーを通して流れてしまうのだ。そのため、私はすぐにその電話を切った。すると、ガンモはまたしても電話を掛けて来た。私は、電車の車内で迷惑になると思い、ガンモに、
「今、スピーカーだから」
とささやいて、すぐに電話を切った。

 しばらく電波状態の良くない状況が続いたあと、携帯電話を確認してみると、ガンモからは、メールも届いていた。そこにはやはり、
「LINEが乗っ取られてるから!」
と書かれていた。電話が通じなかったために、メールを送信してくれたらしい。

 どうやらガンモは、私がいたずらで送ったメッセージをLINEの乗っ取りだと思い込み、すっかり慌ててしまったようなのだ。私は、これはLINEの乗っ取りではなく、上記のようなメールを受け取ったので、私自身がいたずらで書いただけだと説明した。

 ようやく自宅の最寄駅に着いたので、ガンモに電話を掛けてみると、ガンモはまだ興奮していた。職場の飲み会だったというのに、ガンモは心配して、何度も電話を掛けてくれたり、メールを送ってくれたりしていたのだった。というのも、本当に私のLINE IDが乗っ取られているのだとしたら、父や他の友人たちにも同じようなメッセージが書き込まれているはずだと思い、そのメッセージを信用した人が、本当にコンビにに足を運び、iTunesカードを購入してしまうことを心配したのだそうだ。

 私は、
「あれは私がふざけて書いたものだし、父はLINEなんかやってないよ」
と答えた。ガンモは私のいたずらだとわかり、安心したものの、私の度の過ぎたいたずらに呆れていたようだった。

 しかし、これがきっかけになり、私もLINEの設定を振り返ってみた。こうした乗っ取りは、PCから操作されているようで、ガンモは他端末からの接続を「許可しない」に設定しているのだそうだ。そこで私もガンモに倣(なら)って、以下の設定にしておいたのだった。

LINEの設定画面。他端末からの接続を「許可しない」に設定しておくと良い

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 悪い冗談なので、皆さんも、LINEのなりすましでのおふざけはやめましょう。(苦笑)ところで、フィーチャーフォン版のLINEは、無料の音声通話が使えません。また、スタンプ機能がないと、一部のメディアでは紹介されていますが、私のフィーチャーフォン版LINEにはスタンプ機能があります。ただ、状況に合ったスタンプを探すのにひどく時間が掛かります。(苦笑)それと、書き込まれたメッセージの保存期間が短いのか、三週間ほどやりとりがないと、過去のメッセージが消えてしまうようです。ということで、頻繁にやりとりがある相手でないと、相手がスマートフォンの場合、「私とのやりとりを、意図的に消したのかしら?」などと思われそうで、心配になっています。(苦笑)

人気blogランキングには、もともとブログの書籍化を夢見て参加させていただきました。まだまだほど遠いですが、私の夢を応援してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« 青森~北海道旅行(8) | トップページ | 映画『サニー 永遠の仲間たち 』 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フィーチャーフォン版LINEのご紹介:

« 青森~北海道旅行(8) | トップページ | 映画『サニー 永遠の仲間たち 』 »