« 青森~北海道旅行(2) | トップページ | 術後五ヶ月 »

2014.06.09

ホットヨガ(三八三回目)

青森~北海道旅行(2)の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m まちのオフィスに通勤するようになってから、定時で仕事を上がると、何と、十八時半前には帰宅できるようになりました。もしかすると、社会人を始めて以来の早い帰宅かもしれません。これまでは、通勤に時間が掛かっていたり、残業をすることもあったので、帰宅するまでにお腹が空いてしまい、ガンモと仕事帰りに待ち合わせたりして、外食することも多かったのです。しかし、まちのオフィスに通勤するようになってからは、自宅で夕食を食べることも多くなりました。また、通勤時間が短くなっても、これまでと同じ時間に起きているため、時間に余裕があり、ご飯とスープぐらいは持参できます。すると、昼食代が三百円くらいで済みます。これは、なかなか良い感じです。(笑)

 四月四日金曜日の仕事帰りに、ホットヨガの三宮店のスタジオで、六十分の骨盤コースのレッスンを受けた。開腹による子宮全摘手術を受けたあとは、できるだけ腹圧を使わないようにするために、リラックスコースのレッスンばかり受けて来たのだが、少しばかり残業してから仕事を上がったために、リラックスコースのレッスンに間に合わなかったのだ。しかも、レッスンの予約をしようと思い、いつものように携帯電話からホットヨガの予約サイトにアクセスしてみたところ、以下のようなメッセージが表示されてしまい、レッスンを予約することができなかった。

CGI 実行エラーです
500 : Internal Server Error

----------
CGI 実行時にエラーが発生しました.
詳しくは、管理者にお問い合わせください.
----------

 そこで仕方なく、三宮店のスタジオに電話を掛けて、最終レッスンとなる二十時半からの骨盤コースのレッスンを予約したというわけだ。

 レッスン開始まで少し時間があったので、バーガーキングで軽く夕食をとってからレッスンに参加しようと思っていたところ、きれいな外国人女性に声を掛けられた。「私が英語をお教えしますから、あなたは私に日本語を教えてくれませんか?」という提案ならば、喜んでお受けしようと思っていたところ、上手な日本語で、ウクライナから来た学生であるということと、少しばかりの世間話のあと、学費を稼ぐためにウクライナに関する手作りのものを売っていると言っていた。彼女がティッシュボックスくらいの大きさの木の箱を持っているので、中を見せてもらったところ、ウクライナに関するかわいらしい小物がいくつも並べられていた。それらはすべて手作りだという。安いのは千円からあるというので、私は、マトリョーシカのボールペンを一本購入した。一本千円のボールペンは少々高いとは思ったが、彼女の学費になるのであればと思い、協力した。彼女曰く、私のファッションはとてもユニークなのだそうだ。私のファッションを観察しながら、何度もそう言って喜んでくださったので、私も何だかうれしかった。

 さて、今回のレッスンの参加者は八名で、レッスンを担当してくださったのは、新人のインストラクターだった。

 彼女のレッスンは、ペースが少し速かった。そのため、ポーズの時間が短く、何だかポーズを取った気がしなかった。そのせいなのかどうかはわからないが、神戸店時代からのフリーパス会員さんが、レッスン開始後、わずか二十分ほどで退出されてしまった。時々、途中退出されることのある方なのだが、こんなに早く退出されるのは珍しい。

 私は、レッスン中に一度だけスタジオの外に出て休み、最後までレッスンに参加する意気込みでスタジオに戻ったものの、後半の足を上げるポーズで腹圧を使いそうな状況になったので、やはり途中で退出させていただいた。

 受付に、発声方法の変わったインストラクターがいらっしゃったので、
「(残業のために参加しそびれた)リラックスコースのご担当だったんですか?」
と尋ねてみたところ、そうだとおっしゃった。私が、
「今日はリラックスコースのレッスンに間に合わなかったんですよ」
と言うと、
「今日は満席でしたよ」
と言われてしまった。金曜日の夜のレッスンは、比較的空いていることが多いのだが、今日はすべてのヨガマットが埋め尽くされていたようだ。私は、
「そうでしたか。それなら仕方がないです」
と言って、ロッカールームへと向かった。インストラクターは、
「ゆっくりシャワーを浴びてください」
と言ってくださった。

 ロッカールームには、にぎやかにおしゃべりをされている方がいらっしゃった。ロッカールームもスタジオも、大きな声でおしゃべりをしないように貼り紙がされているのだが、私はむしろ、そこまで会話が盛り上がることのできる間柄がうらやましくもあった。というのも、二人は友人同士ではなく、たまたまスタジオで出会った間柄のように思えたからだ。もしも、この場で、会話が途切れることなく、いつまでも楽しい会話を続けられるような人に出会ったのであれば、それはお互いにとっての喜びなのではないだろうか。

 シャワーを浴びたあと、ロッカーの鍵を受付に返しに行くと、発声方法の変わったインストラクターが対応してくださった。エレベータを呼び出して扉が開いたと思ったら、ゴキゲンなおじさまたちがたくさん乗っていた。ゴキゲンなおじさまたちにスペースを詰めてもらえば、一人くらいならエレベータに乗れたのかもしれないが、ちょっと遠慮したい雰囲気だったので、先に行ってもらった。

 インストラクターも、
「次のエレベータには(ゴキゲンなおじさまたちが)乗っていませんように」
と、手をこすり合わせながら祈ってくださった。次のエレベータには、おじさまが一人しか乗っていなかったので、エレベータを待っていた他の会員さんと一緒に、そのエレベータに乗って一階まで降りたのだった。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 携帯電話(フィーチャーフォン、ガラケー)からのホットヨガのレッスンの予約は、この日以来、できなくなってしまいました。どうやらガラケーは見放されてしまったようですね。聞くところによると、私には関係ありませんが、スマートフォンのサイトが新しくなったそうです。(苦笑)

人気blogランキングには、もともとブログの書籍化を夢見て参加させていただきました。まだまだほど遠いですが、私の夢を応援してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« 青森~北海道旅行(2) | トップページ | 術後五ヶ月 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/59411205

この記事へのトラックバック一覧です: ホットヨガ(三八三回目):

« 青森~北海道旅行(2) | トップページ | 術後五ヶ月 »