« いなかのねずみからまちのねずみへ | トップページ | まちのオフィスの食堂風景 »

2014.05.28

ホットヨガ(三八一回目)

いなかのねずみからまちのねずみへの記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m これまで一時間半掛かっていた通勤時間が一時間弱に短縮されました。それでも、家を出るのはこれまでと変わらない時間です。(笑)職場に着いてから、ゆっくり過ごすようになりました。私はこれまでよりも通勤に時間が掛からなくなったのですが、いなかのオフィスの近くに家を持っている方たちは、片道二時間以上も掛けて通勤されています。

 三月二十六日水曜日の仕事帰り、ホットヨガの三宮店のスタジオで、六十分のリラックスコースのレッスンを受けた。

 レッスンの参加者は七名で、レッスンを担当してくださたのは、子宮全摘手術後にしばらくレッスンをお休みさせていただいていたときに、わざわざ電話を掛けて来てくださったインストラクターである。

 運良く、入口に一番近いヨガマットを陣取ることができた。レッスンに備えて水素水を購入し、ごくごく飲んでおいた。レッスン前に水素水を飲んでおくと、汗をたくさん掻くと言われているからだ。

 生理はもうないので、今、身体が生理に向けて水分を貯め込もうとしている時期なのか、それとも、生理が始まり、水分を解放しようとしている時期なのかについては、バストの張り具合で判断するしかない。おそらく、この時期は、水分を貯め込もうとしている時期だったのだろう。何故なら、レッスン前に水素水を飲んでおいたにもかかわらず、あまり汗を掻かなかったからだ。レッスン中、いつもよりもスタジオが暑いと感じてしまったのに、あまり汗は出なかったのだ。

 イグアナのポーズをとっているときに、「ああ、今日もバスタオルを忘れて来てしまった」と気が付いた。またまた足拭きマットで身体を拭くしかないが、新しい足拭きマットを一枚しか使用できないので、まずは足拭きマットで身体を拭いてから足を拭くことになるだろう。

 今回は、最後までレッスンを受けてみようかと、いつもは途中退出させていただくポーズでしばらく様子を見ていた。しかし、やはり腹筋を使うポーズだったので、私にはまだ無理だと思い、一足お先に退出させていただいたあと、シャワーを浴びた。それにもかかわらず、いつものちように、シャワールームからロッカールームに戻ったのは、最後までレッスンを受けたあとにシャワーを浴びた方たちよりもあとだった。

 受付にロッカーの鍵を返しに行くと、三月いっぱいまで有効なバスタオル使用券があると言われた。特定の期間中に指定回数分のレッスンを受けると、バスタオルを無料で使用できるバスタオル使用券をもらえるのだった。私自身も、バスタオル使用券が貯まっていたような気がしていたのだが、すっかり忘れてしまっていた。ああ、バスタオル使用券があることが、レッスンの前にわかっていれば・・・・・・。

 バスタオル使用券の使用期限は、三月末までだった。週末は自宅で過ごしたかったので、できれば平日のレッスンに使用しておきたいが、この頃は残業続きだったので、平日のレッスンに通うのは難しそうだった。さて、どうするか・・・・・・。

 今回のレッスンを担当してくださったインストラクターが、ロビーで、トライアルレッスンを受講された方に説明をされているのが聞こえて来た。インストラクターが、三宮店は女性会員のみであることを伝え、梅田店に行けば男性会員がいらっしゃるという話をされていた。すると、トライアルレッスンを受講された方は、男性会員について、ちょっと信じられないようなことを口にされた。私は、その言葉にぎくりとして、その方のほうを向きなおった。その方がどんなことを口にされたかについては、すべての男性会員に当てはまることではないが、ここには書かないほうがいいだろう。私は、何故、こんなことを平気で口にするのだろうと、とても残念に思った。他の人たちが許容して来たであろう様々なことを、この方は許容せずにはじいて来たのだろうと思った。

 レッスンのあとは暑かったので、三月下旬だったにもかかわらず、半袖Tシャツのまま電車に乗った。そして、自宅の最寄駅からは、ノースリーブのダウンベストを着て、自転車で帰宅したのだった。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 何の躊躇もなく、ぎくっとするような言葉が使われているとき、その言葉を発した人は、間違いなく、自分の主観のみで話をしていますね。その方が客観でものを言うことができるようになるチャンスがあるのかどうか、私にはわかりませんでしたが、主観だけでなく、客観でものを考えることがいかに大切であるかを実感しました。

人気blogランキングには、もともとブログの書籍化を夢見て参加させていただきました。まだまだほど遠いですが、私の夢を応援してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« いなかのねずみからまちのねずみへ | トップページ | まちのオフィスの食堂風景 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/59360591

この記事へのトラックバック一覧です: ホットヨガ(三八一回目):

« いなかのねずみからまちのねずみへ | トップページ | まちのオフィスの食堂風景 »