« ホットヨガ、どうする? | トップページ | 映画『ダブル・ミッション』 »

2014.02.17

振り返り(23)

ホットヨガ、どうする?の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m たくさんの方たちから応援クリックを賜り、心より御礼申し上げます。先日の大雪の影響で、食料品などが手に入りにくい地域もあるようですね。今日の昼間は少し暖かかったので、雪が安全に解けてくれて、通行止めになっている区間が少しでも開通し、不便を感じていらっしゃる方たちが日常に戻れるよう願っています。さて、先日は、母が生きていれば七十一歳のお誕生日でした。お誕生日はお祝いするものなのに、故人のお誕生日は悲しみを引き出すものなのですね。母が亡くなってから五ヶ月余りが経過しましたが、まだまだ悲しみは癒えず、仕事中や自宅などでこみ上げて来る感情と向き合っています。最近は、過去のいろいろなシーンを思い出しては涙しています。私が最後に母に会ったときに、夜行高速バスを降りたあと、父の運転する車で二十四時間営業のスーパーに足を運び、パンなどを購入したときのレシートが出て来ました。二泊三日の予定で母の病室に泊まり込むために、いろいろなものを購入していたんですね。そのレシートは捨てられないと思い、大事にしまっておくことにしました。それでは、振り返り(22)の続きを書かせていただきます。

 実家の玄関には、斎場から持ち帰った花が、水を注いだバケツの中に入れられていた。斎場スタッフが実家で祭壇を組んでくださったときに、葬儀のときに飾っていた花の残りも一緒に飾ってくださったのだが、それ以外にも祭壇に飾り切れないほどの花が残っていたのだ。

 父は、
「誰か、花の好きな人に分けてあげたらええ(分けてあげたらいい)」
と言ったが、私は、「葬儀のときに飾っていた花を受け取るには、真の愛情が必要だ」と思っていた。葬儀のときに飾っていた花なので、真の愛情がある人でなければ、遠慮したがるのではないかと思ったからだ。

 斎場のスタッフが祭壇を組んでくださったあと、しばらくすると、母と交流があったという近所の女性が弔問してくださった。その女性は泣きながら、私に、
「○○ちゃん(母の呼び名)とは、いつも花談義を繰り広げとったんですよ(繰り広げていたんですよ)」
とおっしゃった。

 その女性を、組み上げていただいたばかりの祭壇にご案内したところ、母への想いを語りながら、私たちと一緒に泣いてくださった。その方にとっても、母が亡くなったことがまだ信じられず、悲しくてたまらない様子だった。

 その方が帰ろうとされたとき、母と花談義を繰り広げてくださっていた方ならと思い、玄関にある花を指して、
「この花、葬儀のときに飾っていたものなんですけど、うちではもう飾るところがないので、もし良かったら持って帰ってください」
と言ってみた。

 すると、その方は、
「本当? ○○ちゃんじゃと思て、もろて帰る(○○ちゃんだと思って、もらって帰る)」
と、泣きながら花を大事そうに抱えて持ち帰ってくださった。私は、しかるべき人のところに花が届けられたと安心した。

 その後、ガンモと私は、葬儀を終えて一気に疲れが押し寄せて来たのか、祭壇のすぐ隣にある和室に横になると、眠り込んでしまった。まだ夕方だったが、前日の通夜のあと、父と弟、ガンモと私の四人が斎場で布団を並べたものの、ほとんど眠ることができなかったからかもしれない。しかし、私たちよりも父のほうが、母が亡くなる日の夜中からほとんど寝ていなかったというのに、父は葬儀を終えても横になることもなく、活動し続けていたようだ。

 私たちが寝ている間に、母が亡くなったことを後から知ったという母の従弟とその父親が弔問に来てくれた。しかし、私たちが祭壇に近い和室で寝ていたため、父は、せっかく弔問に来てくれた二人を祭壇まで案内することができなかったようだ。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 昨日、父から電話があり、母の通夜のあと、二十四時間営業のスーパーでばったり会って、母の葬儀に参列してくださったMさんが亡くなっていたことを知らされました。母との会話の中にも良く出て来た方で、父と母の共通の友人でもあった方なので、とても残念です。父もかなり落ち込んでいました。Mさんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。命の尊さについて、いろいろ考えることの多い毎日です。

人気blogランキングには、もともとブログの書籍化を夢見て参加させていただきました。まだまだほど遠いですが、私の夢を応援してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« ホットヨガ、どうする? | トップページ | 映画『ダブル・ミッション』 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/59119970

この記事へのトラックバック一覧です: 振り返り(23):

« ホットヨガ、どうする? | トップページ | 映画『ダブル・ミッション』 »