« 映画『シックス・センス』 | トップページ | 二〇一三年ライブ納め »

2013.12.31

ホットヨガ(三六〇回目)

映画『シックス・センス』の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 今年の〆に、テンプレートの配色を変えてみました。過去の記事で大きな写真を掲載しているため、現在のテンプレートのサイズを変更することはできないのですが、配色ならば変えることができるだろうと思い、思い切って気分転換してみました。さて、今年もあと残りわずかですね。今頃は、ご家族でテレビをご覧になっている方たちが多いでしょうか。私はというと、ガンモが仕事に出掛けてしまったので、一人ぼっちの大晦日を過ごしています。今年も「ガンまる日記」に熱心に目を通してくださったり、また、応援もしてくださったりと、皆さんには大変お世話になりました。心より御礼申し上げます。皆さんにとって、もうすぐ迎えることになる新しい年が素敵な一年になりますよう、お祈りしています。どうか良いおお年をお迎えください。新年のごあいさつは控えさせていただきますが、来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 十一月九日土曜日、三宮店のスタジオで、またまた六十分のライトコースのレッスンを受けた。前回は、連続で二本もレッスンを受けてしまったのだが、体力が続かないことがわかったので、今回はそのような無茶はしない。

 レッスンを担当してくださったのは、前回もライトコースのレッスンを担当してくださったインストラクターである。レッスンの参加者は九名だった。最初はもっと参加人数が少なかったのだが、他のスタジオで行われていたレッスンに参加されていた方たちが、レッスン中に三人ほどパラパラと遅れてスタジオに入って来られた。

 腹式呼吸、胸式呼吸を意識的に行ったあとは、寝ポーズに入った。片足を前に引き寄せ、身体をねじった。寝ポーズはリラックスできるので、寝てしまいそうになるくらい気持ちが良い。リラックスコースのレッスンもリラックス度は高いほうだが、ライトコースは周りを気にせず自分の世界に没頭することができるので、リラックスコースよりもリラックス度が高いかもしれない。

 うつ伏せに寝た状態で両足を海草のようにゆらゆら揺らす「海草のポーズ」を取った。「海草のポーズ」と似たポーズに、リラックスコースで行われている「夢見るポーズ」というのがある。「海草のポーズ」が足だけに意識を向けるのに対し、「夢見るポーズ」は、うつ伏せに寝た状態であごを両手の上に置いて、乙女が空想するようなポーズを取るようになっている。

 「ゆりかごのポーズ」は座位で行い、自分の片足を赤ちゃんに見立ててあやすようなポーズとなっている。「フラワーメドレー」で、種からつぼみが出て花を咲かせ、やがて土に返って行ったり、「花の蜜を吸う蝶のポーズ」を取ったりした。こうしていくつかのポーズを取り上げてみると、ヨガのポーズは実に良くできていると思う。

 一つ一つは激しいポーズではないのだが、しばらくレッスンを続けていると、またしても顔から汗が吹き出して来たので、フェイスタオルで何度も汗をぬぐうことになった。汗がたくさん出て来たので、水もたくさん飲んでおいた。今回もレッスンに惹き付けられたためか、最後まで一度もスタジオの外に出ることなくレッスンを受けることができた。

 レッスンを終えてから、ロッカールームで、今回のレッスンを担当してくださったインストラクターに会ったのだが、
「今日は(私がレッスンに)ついて来てくれているなと思いました」
と言ってくださった。前回は、連続でレッスンを受けたたために、疲労感が激しく、レッスンについて行けていなかったようだ。

 着替えを済ませて受付に足を運んだときに、VIP会員の更新手続きを行った。期限が切れてしまっていたのだが、一ヶ月以内に更新するならば継続できるらしい。VIP会員の更新特典として、五回分の水の回数券を受け取った。受け取った回数券は、水だけでなく、バスタオルの利用券にもなるそうだ。特に、仕事帰りにレッスンを受けるときは、こうした特典が有難いので、どんどん活用しようと思っている。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 三宮店のスタジオのあるJR元町駅周辺には、レッスン後においしいご飯を食べられるお店がたくさんあるので、週末のレッスンが、毎回、楽しみですね。ゆっくりできる日はお店に長居をして、「ガンまる日記」を書き上げることも多々あります。自宅以外の場所で記事を綴ると、また違った気分に浸ることができますね。

人気blogランキングには、もともとブログの書籍化を夢見て参加させていただきました。まだまだほど遠いですが、私の夢を応援してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« 映画『シックス・センス』 | トップページ | 二〇一三年ライブ納め »