« ホットヨガ(三五十回目) | トップページ | 映画『脳男』 »

2013.08.11

佐久間正英さんの"goodbye world"を読んで

ホットヨガ(三五十回目)の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 九日間の夏休みを母や父とともに過ごし、ガンモと合流して、兵庫県の我が家に帰って来ました。がんは手術で完全に取り除く以外の方法では治る病気ではないので、ある時期を過ぎると、急速に弱って行くのですね。弱って行く母を見守るのも実に辛い状況ではありますが、目を背けずに見守り続けたいと思います。

 ガンモから、「読むべし」というタイトルのメールが届いた。メールに書かれていたリンクを開いてみると、インターネットのニュースサイトなどの情報から私も知っていた、かつて四人囃子のメンバーだった佐久間正英さんがスキルス胃がんからの転移性脳腫瘍の手術を受ける前に綴ったgoodbye worldという記事だった。

 "goodbye world"の由来は、私自身もソフトウェア技術者なので良く知っている。佐久間氏がC言語を勉強していたということが意外でもあったが、それよりも書かれている文章がとてもしっかりしていることに大きな驚きを覚えた。佐久間氏の文章は、実際に死に直面されているだけあって、死に対する心構えが実にリアルだった。そこに書かれているのは、いつかは自分に訪れるはずの死を予想して書いた空想の物語ではなかった。

 他にも、様々なことを感じた。例えば、ギタリストとして活躍している彼が、「この人のためにギターを弾きたい!」と強く思えるほどの人との大切な出会いを果たしているということだ。おそらく、ギタリストという職業が彼にとっての天職であることの証なのだろう。私は、男女の愛をテーマに生きているためか、異性との出会いは運命的なものや魂が揺り動かされるような出会いを果たしてはいるものの、自分自身の仕事を通じて、そこまで思える人との出会いは果たしていない。

 現在、彼の置かれている、何とも励ましようのない厳しい状況に対して、パートナーの早川義夫さんがすぐにメールの返事をくれたということにも感動を覚えた。浅い関係ならば、何と言って励まして良いかわからない状況に陥ってしまうと思うからだ。このことからも、早川義夫さんと彼が一方通行の関係ではないことがうかがえた。

 母もまた、肺がんからの転移性脳腫瘍に苦しめられているわけだが、佐久間氏とは状況が違っている。佐久間氏は、手術が必要なほど大きくなってしまった転移性脳腫瘍を抱えながらも、これだけの文章を書くことができている。意識を集中させなければ、これだけの文章は書けないだろう。母は、転移性脳腫瘍ができた場所が悪かったからなのか、五月に入院した時点で文字が書けなくなってしまい、今ではほぼ全身麻痺で寝たきりの状態なので、佐久間氏のほうがずっと良い状態であると言える。

 がんの原発巣が脳ではなく、転移性脳腫瘍の場合は、多発することが多いと言われているが、この記事からは佐久間氏の転移性脳腫瘍が多発性かどうかまではわからなかった。母の場合は多発性で、脳内にたくさんの転移性脳腫瘍ができてしまったために、全脳照射という一生に一度しか受けられない放射線治療を三十グレーまで受けることになり、もはや治療法がない状態だ。ガンマナイフやサイバーナイフの照射を受けられる転移性脳腫瘍の大きさではあったものの、ガンマナイフやサイバーナイフの照射に適さない場所に転移性脳腫瘍ができてしまっていたのだ。

 転移性脳腫瘍が大きくなると、放射線治療は行えないので、佐久間氏のように手術を受けることになる。脳の手術ということで、リスクはかなり大きいとしても、少なくとも、転移性脳腫瘍を取り除くことができるという意味においては、手術は希望に満ちたものになるはずだ。とは言え、既に原発巣からのがんが他の臓器にも転移しているとのことなので、予後はわからないといったところなのだろう。脳の手術が成功し、彼がギターを思い通りに弾けるようになることを祈るばかりだ。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 彼の書いた文章は、本当にしっかりしていて驚きました。死に対する考え方の参考にもなりました。自己完結されているので、意見の述べようがありませんが、頭で考えたことを綴るのと、今、自分が感じていることを綴るのとでは、大きな違いがあるということを実感しました。

人気blogランキングには、もともとブログの書籍化を夢見て参加させていただきました。まだまだほど遠いですが、私の夢を応援してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« ホットヨガ(三五十回目) | トップページ | 映画『脳男』 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/57973673

この記事へのトラックバック一覧です: 佐久間正英さんの"goodbye world"を読んで:

« ホットヨガ(三五十回目) | トップページ | 映画『脳男』 »