« ホットヨガ(三四四回目) | トップページ | 映画『アン・ハサウェイ/裸の天使』 »

2013.07.18

千円で本格インド料理ランチ

ホットヨガ(三四四回目)の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m たくさんの方たちから応援クリックを賜り、心より御礼申し上げます。朝の通勤電車の中で、乗っていた新快速列車が揺れたので、私の身体も揺れに合わせてよろめき、一時的に近くの人にもたれかかるような感じになってしまいました。すると、私がもたれかかってしまっている人からだと思うのですが、「人にもたれない。自分で立つ!」という声が聞こえて来ました。私は、「これは、私に言っているのかな?」と思いながらも、黙っていました。もちろん、すぐに身体をまっすぐに直しました。そして、新快速列車が三ノ宮駅に着くまでの間に、その言葉を味わっていました。このような状況においては、自分に向けて(自己愛のために)言葉を発することが多いと思うのですが、この男性はそうではなく、私を自立させる方向に動いているのだと感じました。私は、このような言葉に出会えたことがうれしくて、その余韻を引きずりながら出勤しました。

 ポンパレで購入したインド料理屋さんのチケットの使用期限が迫っていた。購入したのは、神戸の元町にあるPUJAというインド料理屋さんのチケットで、合計二千三百円くらいの食事をわずか千円で食べられるというものである。


大きな地図で見る

 以下に、購入したチケットに記載されていた内容を転載させていただく。

------------------------------------------

【ご利用内容】
・ラニセット(通常価格:1,600円)
・サモサ1P(通常価格:200円)
・ベジタブルスープ(通常価格:500円)

【おすすめポイント】
◎本場インド人シェフが作る自慢のメニューがいただける
◎元町駅より徒歩5分!オープンから15年もこだわり続ける元町のインドカレー店
◎ランチ利用OK♪平日は事前予約不要なのも嬉しいポイント

☆★☆★ポンパレ特典☆★☆★
 モッチモチで美味しいと評判の手作りプレーンナンが食べ放題!!
 本格的なインドカレーとの相性はぴったり♪
※食べ残しのないようご協力ください。また、食べ残しのお持ち帰りはご遠慮ください

◆ラニセット
・玉ねぎナン
・ライス
・サラダ
・手羽元タンドリーチキン2本
・ほうれん草とチキンのカレー
・豆カレー
・チャイorコーヒーorラッシー
・アイスクリーム

◆サモサ1P

◆ベジタブルスープ

------------------------------------------
 
 「◎本場インド人シェフが作る自慢のメニューがいただける」という敬語の使用誤りはさておいて、実はこのお店は、かつて元町映画館というマイナーな映画館に足を運んでいた頃に見付けたお店だった。

 その当時、映画の鑑賞前に腹ごしらえをしておきたいと思ってはいたものの、元町映画館を利用するのは仕事帰りであることが多かったため、毎回、映画の上映時間までに余裕がなく、ご飯をゆっくり食べる時間を確保することができなかった。そのため、せっかく気になるインド料理のお店を見付けたというのに、利用することができなかったのである。

 ところが、こうして、ずっと気になっていたPUJAのチケットを購入できたというのに、今度はガンモと私のスケジュールがなかなか合わなかった。ガンモは仕事で帰宅がひどく遅い上に、私は平日も残業の日が多かった。このままでは、せっかく購入したチケットを無駄にしてしまうと思い、チケットの使用期限が差し迫った先日の三連休の初日に、私の実家に帰省する途中に二人で出掛けて行くことにしたのである。

 ただ、土曜日、日曜日、祝日にチケットを利用するときは、あらかじめ予約が必要とのことだったので、私は事前にお店に電話を掛けて予約しておいた。ところが、当日になると、三連休のために道路がひどく混雑していて、予約の時間にはとても辿り着けそうになかった。そこで再びお店に電話を掛けて、予約時間を一時間、遅らせていただいたのである。

 さて、ようやく元町に着いた私たちは、近くの有料駐車場にカングーを停めて、元町の商店街を歩いてお店まで辿り着いた。PUJAを切り盛りしているのは、インド人のご兄弟らしい。

 お店に入ると、インド人男性が私たちを迎えてくださった。何と、その時間の利用者は私たち二人だけだった。そして、A4用紙に印刷したリストを見せられて、名前をチェックするように言われた。そのリストには、私たちと同じようにポンパレでチケットを購入した人たちの名前がカタカナで書かれているとともに、カタカナの名前は、ポンパレが管理している購入IDと紐付けされていた。今どきの個人情報保護の問題もあるのだが、インド人の男性は、日本語が読めないという。そのため、私が持参したチケットに記載されている購入IDとリストの購入IDを照らし合わせて確認されているようだった。かくして、私の名前の隣にある購入IDが二つチェックされた。チェックしたということは、そのチケットが既に使用済であるということである。そのリストによると、まだこのチケットを利用していない人たちがたくさんいらっしゃるようだった。

 さて、しばらく待っていると、まずはベジタブルスープが運ばれて来た。

ベジタブルスープ

 白っぽいスープなのだが、一口飲んでみると、驚くほどおいしかった。これまで一度も味わったことのないおいしさだった。音に例えて言うならば、一度に何音も重ねているのに和音の美しさがきちんと保たれているような、そんなやみつきになるようなおいしさである。思わず、お替わりしたい衝動に駆られたほどだ。

 また、飲みたい飲み物を聞かれたので、私はチャイ、ガンモはラッシーを注文した。飲み物は、いかにもインドらしい器に入って運ばれて来たのだが、私が飲んだチャイはとてもおいしかった。ガンモも、こんなおいしくて本格的なラッシーを飲んだのは初めてだと言っていた。

 続いて、ラニセットとサモサが運ばれて来た。食べ易いサイズにカットされたナンとサモサ、カレー、タンドリーチキンが載っていた。

ラニセットとサモサ

 ナンはお替わり自由だったようなのだが、お替わりを勧めてくださったわけではないので、私たちも積極的にお替わりをリクエストすることもなく、黙っていた。もしかすると、リクエストすれば追加のナンを用意してくださったのかもしれない。

 私たちは、ナンを手でちぎってカレーにつけながら食べた。ナンもカレーも、タンドリーチキンもサモサもおいしくて、腹ぺこだった私たちには、ちょうど良い量だった。カレーは、日本人の口に合わせてくださっているのか、それほど辛くはなかった。

 すべてのお料理をペロリと平らげると、そのあとは、デザートが運ばれて来た。

デザート

 このデザートがまたとてもおいしかった。単なるアイスクリームではないのだ。ベジタブルスープ同様、いくつもの味が調和していた。一つ一つ丁寧に仕上げた優しさを感じたひとときだった。

 結局、ナンを食べ放題できるという特典は活用しなかったのだが、それでもボリューム満点で満足できた。今度同じチケットが発売されたとしたら、また利用したいと思っている。ただ、電車で行かないと、駐車場代が高くついてしまうこともわかった。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m さすが、インド人のご兄弟が切り盛りされているだけあって、本格的なインド料理でした。私は、インドの神様Tシャツを着て行ったのですが、特に何も声を掛けられることなく終わりました。(苦笑)

人気blogランキングには、もともとブログの書籍化を夢見て参加させていただきました。まだまだほど遠いですが、私の夢を応援してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« ホットヨガ(三四四回目) | トップページ | 映画『アン・ハサウェイ/裸の天使』 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/57818081

この記事へのトラックバック一覧です: 千円で本格インド料理ランチ:

« ホットヨガ(三四四回目) | トップページ | 映画『アン・ハサウェイ/裸の天使』 »