« ホットヨガ(三四一回目) | トップページ | 映画『ムーンライズ・キングダム』 »

2013.07.06

様々な症状を引き起こす脊柱側湾症

ホットヨガ(三四一回目)の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m ガンモと一緒に出掛けようと思い、またまたポンパレで神戸市内のレストランの格安チケットを購入しているのですが、ガンモとなかなかスケジュールが合いません。ガンモは先週の火曜日から、十一日連続で仕事を頑張っているところです。私に合わせて、週末に休む予定を立てているからなのかもしれません。頑張れ、ガンモ!

 最近、ホットヨガのレッスンのあとに頭痛を感じることが多くなってしまった。その原因を探ってみたところ、どうやら肩こりから来ているようだった。そこで、薬局に足を運び、ジキバンという磁気治療器を買い求め、凝っている左肩にペタペタと貼り付けた。すると、頭痛を感じる前の症状が治まっただけでなく、詰まりがちだった左の鼻もスッと通って来た。

 私の場合、左の肩だけが異常に凝っている。おそらくこれも、骨盤の歪みと関係しているのだろう。そのため、ジキバンは、左の肩だけに集中的に貼り付けた。しかし、この時期は汗を掻いているため、すぐに剥がれてしまいそうで心配である。

 実は、五月に受けた健康診断の結果が返って来たときに、恐る恐る通知書を開いてみると、再検査を促すような重要な項目は見当たらなかったものの、「脊柱側湾症(せきちゅうそくわんしょう)」という馴染みのない診断が下されていた。

 初めて聞く言葉だったので、調べてみたところ、簡単に言えば、背骨が曲がってしまっている状態らしい。どうやら、思春期の子供に多い症状のようだ。ひょっとすると、自分が気づいていなかっただけで、私は思春期だったのだろうか。確かに、子供の頃から背骨が曲がってはいたのだが、ここに来て、曲がりがひどくなって来ているようだ。

 脊柱側湾症の人には、身体の様々な不具合が出るらしく、また完治も難しいそうだ。

 私は上半身が暑く、下半身が冷えがちなのも、この脊柱側湾症のせいではないかと思い始めている。そして、左の肩だけがひどく凝ってしまう現象も脊柱側湾症によるものではないかとも思っている。年を取って、歩けなくなってしまわないように、何とか対策を練らなければと思っているところだ。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 何ともやっかいな状況に陥ってしまいました。昔から、背骨が曲がっていることは認識していたのですが、今では身体全体が大きく曲がってしまっているようです。人よりも歩くのが遅いのも、そのせいかもしれません。

人気blogランキングには、もともとブログの書籍化を夢見て参加させていただきました。まだまだほど遠いですが、私の夢を応援してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« ホットヨガ(三四一回目) | トップページ | 映画『ムーンライズ・キングダム』 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/57746302

この記事へのトラックバック一覧です: 様々な症状を引き起こす脊柱側湾症:

« ホットヨガ(三四一回目) | トップページ | 映画『ムーンライズ・キングダム』 »