« 映画『夢売るふたり』 | トップページ | トイレ時計 »

2013.04.03

自然からの恵みを受け取る

映画『夢売るふたり』の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 高校野球の決勝戦が行われたようですね。あいにく負けてしまいましたが、済美高校は私の出身地である愛媛県にある高校です。私は済美高校の卒業生ではありませんが、私が学生の頃、済美高校は女子校でした。それが、甲子園に出場できるほどの強い野球チームに成長できたのは、かつて宇和島東高校野球チームの監督だった上甲監督のおかげなんでしょうね。

 寒がりの母は、暖かくなった今でも、毎日、湯たんぽを使っている。機密性の高いマンションとは違い、田舎の木造一軒家はとても寒いので、冬の暖房はストーブを使っている。そのため、お湯は豊富にあるのだ。

 最初は、二リットル入りのペットボトルにお湯を注いで、湯たんぽとして活用していたようなのだが、私がゴム製の湯たんぽをいくつかプレゼントしたので、ペットボトルと併せてそれらを使ってくれていた。寒い日には、母は湯たんぽを五つも入れて寝ることもあった。

 ところがゴム製の湯たんぽは、どうやら裂け易いらしい。私自身もゴム製の湯たんぽを使っていたときに、朝、目覚めてみると、ゴム製の湯たんぽの中のお湯がすっかり漏れてしまっていたことがあった。それ以来、そのゴム製の湯たんぽは使っていないのだが、おそらく裂けてしまったのではないかと思う。

 母もこれまでに何度か、ゴム製の湯たんぽが裂けるという経験をして来たらしい。とは言え、いつも、中のお湯が冷めてから裂けていたため、布団が水浸しになる程度の被害で済んでいたようだ。

 しかし、今回は、ゴム製の湯たんぽの中のお湯がまだ熱いうちに裂けてしまったらしい。そのため、母は軽い火傷を負ってしまったようだ。母はすぐに父に頼んで、庭に植えているアロエを持ってきてもらい、火傷をしたところにつけたそうだ。それに加え、ホウセンカもつけたところ、間もなく良くなったそうだ。

 こういうとき、私ならば、すぐに薬に頼ろうとするものだが、昔の人は自分の悪いところを治すべく、自然からの恵みを受け取ろうとする。同じように、自然からの恵みで、母のがん細胞が完全に死滅してくれないものだろうか。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 調べてみると、アロエは昔から「医者いらず」と言われるだけあって、軽い火傷のほか、いろいろな症状に効くようですね。アロエドリンクなども身体に良さそうです。

人気blogランキングには、もともとブログの書籍化を夢見て参加させていただきました。まだまだほど遠いですが、私の夢を応援してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« 映画『夢売るふたり』 | トップページ | トイレ時計 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/57101363

この記事へのトラックバック一覧です: 自然からの恵みを受け取る:

« 映画『夢売るふたり』 | トップページ | トイレ時計 »