« 映画『終の信託』 | トップページ | ホットヨガ(三二八回目) »

2013.04.24

お酒は緊張を解く飲み物

映画『終の信託』の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m たくさんの方たちから応援クリックを賜り、心より御礼申し上げます。暖かくなりましたが、私は上半身にほてりがあり、下半身が冷え易いので、上は半袖で、足には今でも羽毛のレッグウォーマーを履いています。いつも自宅の最寄駅の駐輪場に自転車を預けてから電車に乗るのですが、駐輪場のおじさんにレッグウォーマーのことを、「それ、スパッツって言うんやったっけ?」と聞かれました。私は、「足が冷えるので、これはレッグウォーマーです」と教えてあげました。(笑)きっとおじさんの中では、「スパッツ」という言葉が耳に残ってはいるけれども、スパッツの実物がどのようなものなのか、わからない状態が続いていたのでしょうね。

 四月になってから、組織の新しい体制下で仕事をされている方も多いことと思う。私の職場でも人事異動や昇進があり、週の半ばではあるものの、送別会と昇進のお祝い会が開催された。

 平日は五時起きの私にとって、週の半ばの飲み会はかなりきついのだが、送別される方や昇進された方にはとてもお世話になっているので参加させていただいた。私と同じように、五時に起きて支度を整え、通勤している派遣仲間も一緒である。

 飲み会には、二十五名強の方が参加されていたようだ。一部の方たちとしか話をすることができなかったのだが、なかなか楽しめた。お酒というものは、普段の緊張を解く効果のある飲み物で、多くの人たちは、職場で知らず知らずのうちに抱いてしまっている緊張感を解くためのきっかけを密かに待っているのだと思った。

 面白かったのは、メニューを見るときの態度である。私よりも若干若い人が、メニューを見るときに、メニューを少し目から離したので、
「あ、老眼」
と指摘すると、自分はまだ老眼ではないと激しく反論されてしまった。また、他の方たちがメニューを見るときにも、メニューと目の距離に注目したり、近眼のためにかけている眼鏡を頭の上にスライドさせてメニューを見入っている人にも、
「あ、老眼」
と指摘したりした。

 また、私がメニューを見ようとすると、私が「あ、老眼」と指摘した方が、メニューを私の目から離して手で持ってくださった。そういう態度の一つ一つが、普段の硬い雰囲気とはまったく違っていて、面白かった。特に、四十代半ばから五十代前半の方が多いので、老眼の話になりやすいようだ。

 私がいつも指に着けているヘビの指輪も話題になった。私は、ヘビの頭を自分の身体のほうに向けておくことで、お金が入って来るようになるのだと説明した。すると、いつも私の後ろに回っていればいいなどと言い出す人がいて、笑いが出た。

 ヘビの指輪は、飲み会のためにわざわざ着けて行ったわけではなく、普段から指に着けているものだ。それなのに、こうした飲み会のような席でなければ誰からも話題にされないことが面白い。おそらく、多くの人たちが、普段は社会的なモードで職場の人たちと接しているためだろう。社会的なモードにおいては、誰かをじっくり観察したりすることはなく、遠目にさらりと目にするだけに留められるのだろう。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 私自身は、飲み会の席であっても、仕事の席であっても、あまり変わらないと思います。しかし、飲み会の席では、スイッチが入ったように変わる人がいますね。そういう人たちは、見方を変えると、やはり仕事中は緊張しているのでしょうね。

人気blogランキングには、もともとブログの書籍化を夢見て参加させていただきました。まだまだほど遠いですが、私の夢を応援してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« 映画『終の信託』 | トップページ | ホットヨガ(三二八回目) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/57242540

この記事へのトラックバック一覧です: お酒は緊張を解く飲み物:

« 映画『終の信託』 | トップページ | ホットヨガ(三二八回目) »