« ホットヨガ(三二六回目)(後編) | トップページ | ファースト・イレッサ(29) »

2013.04.20

映画『シスタースマイル ドミニクの歌』

ホットヨガ(三二六回目)(後編)の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 金曜日に休暇を取り、私たちは三重・愛知を旅行しています。この旅行を通して、はっきりと気付いたことがあります。それは、私は言語に興味があるということです。いや、以前から興味がありましたし、大学の卒業論文のテーマも言語学に関することではあったのですが、特に列車で旅をしていると、地域によって方言が少しずつ変わって行くのが面白くてたまらないのです。私は、その土地の言葉に耳を傾け、抑揚や語尾に注目します。まるで英語のヒアリングでもしているかのように、方言を聞き取っています。とにかく面白いです。

 本作を鑑賞したのは、三月三十一日のことである。インターネットの映画鑑賞サイトGyao!で無料鑑賞した。

 本作は、おそらく多くの方たちが耳にしたことのある 「♪ドミニク、ニク、ニク・・・・・・」で知られる世界的なヒット曲にまつわる物語である。この曲は、あるシスターによって生み出された曲だったのだが・・・・・・。

 一九五〇年代後半のベルギーで、若きジャニーヌ・デッケルスは、保守的な両親と、姉妹のように育った従妹とともに暮らしていた。彼女は自分が本当にやりたいことを見付けられずに模索する毎日で、何かの影響を受け易いものの、すぐに気が変わって、また新しいことを始めてしまうのだった。

 そんなジャニーヌは、ギターの弾き語りをするのが大好きだった。しかし、あるとき彼女の通う学校を訪れた修道女たちの活動に強い感銘を受ける。そこで彼女は修道女になるために、ギターと着替えを持って家を出て、修道院の門を叩くのだった。しかし、保守的な両親はジャニーヌが修道女になることに強く反対し、それ以来、疎遠になってしまう。

 ジャニーヌがふらふらといろいろなことに興味を持ち、気の赴くままに流れて行く姿がとても印象的だった。彼女のような生き方をしている人を、「芯がない」と表現してしまってもいいだろうと思う。芯がないために、あちらこちらに流され易い。何故なら、流されそうになったときに、支えるべき芯がないからだ。私には、彼女が選択するものは、彼女自身が深いところで決めた選択ではないように思えた。

 更に彼女はいろいろな意味において、タイミングを失っているようにも見えた。例えば、彼女に好意を持ってくれている同級生の女性に対し、同性愛のような関係になりかけるのだが、いったんは相手を拒むのだ。それでも、自分自身が窮地に追い込まれると、その女性の助けを求めたりする。

 また、ジャニーヌは、彼女に想いを寄せていた男性ピエールに対しても同じことをする。ピエールがジャニーヌに対して熱を上げているときは振り向かずに、自分が窮地に追い込まれると彼の力を借りようとする。端から見ていると、私には彼女がとても身勝手な女性に思えてしまったのだった。

 「タイミングを逃す」ということに関しては、「ドミニクの歌」が大ヒットしたことについても言えるだろう。ジャニーヌは、修道女としての修行を重ねているときに「ドミニクの歌」を世の中に送り出すのだが、修道女をやめて歌手に専念しようとしたときには、もはや世間からは受け入れてもらえなくなってしまう。

 このもやもやした気持ちは何だろう。もしもこの映画に描かれているジャニーヌが現実のジャニーヌであるならば、私はジャニーヌに共感できないものがあまりにも多過ぎる。彼女が生涯を通じて学んだものは、「利用すること」であり、「愛ではない」ように思えるからだ。

 それを証明するような出来事が、修道女を辞めたジャニーヌが海外でコンサートを開けるように世話をしてくれた男性との間にも起こっている。その男性との間に起こった出来事もまた、「愛」ではなく、「利用すること」だったのではないだろうか。

 ジャニーヌがもっと自分の中に芯を持って生きていれば、タイミングを逃すこともなく、「愛」を体験することもできたかもしれない。そして、もっともっとたくさんの人たちを幸せにすることもできたのではないだろうか。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 主人公の「情熱」があまり見えて来なくて、主人公の生き方にあまり共感できませんでした。こういう人が周りにいると、一方的に与えるだけの関係になってしまいそうな気がします。結末もとても辛いものでした。

人気blogランキングには、もともとブログの書籍化を夢見て参加させていただきました。まだまだほど遠いですが、私の夢を応援してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« ホットヨガ(三二六回目)(後編) | トップページ | ファースト・イレッサ(29) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/57216165

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『シスタースマイル ドミニクの歌』:

« ホットヨガ(三二六回目)(後編) | トップページ | ファースト・イレッサ(29) »