« 映画『ミッドナイト・イン・パリ』 | トップページ | ファースト・イレッサ(19) »

2013.02.05

段ボールに込められたエネルギー

映画『ミッドナイト・イン・パリ』の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m たくさんの方たちから応援クリックを賜り、心より御礼申し上げます。契約が切れてしまった派遣仲間が、同じビルの別会社に派遣社員として再び戻って来ました。いろいろな話をすることができた派遣仲間なので、とてもうれしく思っています。私は今、別の派遣仲間と一緒に仕事をしているのですが、戻って来た派遣仲間と会話したときの刺激を忘れることができません。とても濃い話ができた派遣仲間で、マシンルームにこもって仕事をしているときに、その派遣仲間と話をしながら、別室のオフィスに漏れ聞こえるほど大きな声で笑ってしまったことがあります。当たり障りのない会話では到達できないほど深いところまで行ったときの感動が大きな声に変わってしまったのだろうと思っています。

 宅配ボックスが修理されたので、先日開催された楽天市場のスーパーセールでたくさんの買い物をした。そして、注文した商品が次々に宅配ボックスに届けられたのだが、届いた商品の中に一つだけ、際立っていたものがあった。

 それは、一枚四百円以下のハーフケット(ハーフサイズのブランケット)だったのだが、数枚購入したので、段ボールで届いた。まず、段ボールを開ける段階から、他の段ボールとは違うものを感じていた。

 宅配便で届けられる段ボールは、荷物として運ばれるときに、中の荷物をしっかりと守ってくれるものでなければならない。かと言って、届けられたときに開けにくい梱包であってもいけないので、そのあたりの加減が難しい。梱包する側としては、透明なビニールテープは大変お手軽なのだろう。だから、透明なビニールテープで梱包されている段ボールも多い。しかし、荷物を開ける側としては、透明なビニールで梱包された段ボールはとても開けにくく、ハサミかカッターを使わなければ開けることができない。やはり、紙のガムテープが最も開けやすいのだ。

 その段ボールは、紙のガムテープで梱包されていて、手だけですんなり開けることができた。そして、開けた途端、その段ボールを梱包してくださったお店の方の商品に対する深い愛情を感じた。これは、お店の方のポジティヴなエネルギーを私が感じ取ったという意味で、段ボールの中に何かが仕込まれていたというわけではない。

 もちろん、一つ一つ丁寧に並べられたハーフケットには、ハーフケットの使い方などの注意書が添えてあった。そうした目に見える心遣いだけでないものがその段ボールには確かに入っていた。後にも先にも、段ボールを開けた途端、お店の方の愛情を感じたのは初めてのことだったのだ。こんなことができるのかと、私は驚いたものだ。

 楽天市場のスーパーセールは、楽天のポイントを増やすチャンスとばかりに、注文が殺到するはずである。そんな忙しい時期に、消費者に向けて発送する一つ一つの段ボールに愛情を込めてくださっているのだろうかと思うと、何だか胸の奥が暖かくなったのである。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 届いた段ボールの中には、透明なビニールテープで一カ所のみを止めている段ボールもありました。何となく、右から左へと流れ作業で梱包しているように感じてしまいました。中を開けても、際立っていた段ボールに感じたようなエネルギーは感じられませんでした。ものに対してエネルギーを込められるということを初めて実感した瞬間でした。

人気blogランキングには、もともとブログの書籍化を夢見て参加させていただきました。まだまだほど遠いですが、私の夢を応援してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« 映画『ミッドナイト・イン・パリ』 | トップページ | ファースト・イレッサ(19) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/56707182

この記事へのトラックバック一覧です: 段ボールに込められたエネルギー:

« 映画『ミッドナイト・イン・パリ』 | トップページ | ファースト・イレッサ(19) »