« 「ガンまる日記」も九周年 | トップページ | 映画『一枚のめぐり逢い』 »

2013.02.15

送信予約

「ガンまる日記」も九周年の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m またまた更新が遅くなってしまいました。週末になると、ガンモが外へ出掛けたがるので、記事をゆっくり更新する時間が取れないのですね。(苦笑)というわけで、ずいぶん遅れての更新となってしまいました。m(__)m

 携帯電話でメールのやりとりをしていて不便に感じるのは、パソコンに届けられるメールと違って、メールの受信がほぼリアルタイムで行われるということである。もちろん、パソコンに向かっているときであっても、リアルタイムでメールを受信することはできる。しかし、パソコンでメールを受信しても、携帯電話でメールを受信するのとは違って、パソコンに届くメールを携帯電話やスマートフォンで自動受信するような設定にしている場合は除いて、音やバイブレータによって起こされ、安眠が妨害されるというようなことはない。

 私の場合、迷惑メールが多いために、携帯電話にメールが届いても、音も出さずに小さなランプが光るのみという設定にしているので差し支えない。しかし、中にはメールを受信すると、メールの着信音を鳴らしたり、バイブレータで知らせる設定にされている方もいらっしゃることと思う。携帯電話にそのような設定をされている方に対し、やはり早朝や深夜などにメールを送信するのは避けたほうがいいのではないかと躊躇してしまう。

 とは言え、私は早朝に活動することも多いため、できれば自分がメールを書くことのできる時間帯にメールを書いて送信しておきたい。そんなときに活用しているのが、携帯電話に付属の「メールの送信予約」という機能である。これは、見たいテレビ番組を予約する機能に似ているかもしれない。メールを書いたあと、そのメールを送信したい時刻を指定しておくと、その時間になったときにメールが自動送信される仕組みになっているのだ。もちろん、携帯電話からメールを送信するので、メールの送信予約時刻に携帯電話の電波が届くエリアにいないと、メールの送信に失敗してしまう。

 私はこの機能のおかげで、早朝にメールを書いたとしても、直ちにメールが相手に届けられるようなことはないので、他の人たちとの生活時間のずれを調整することができている。しかし、大変便利なこの機能は、時としてアリバイ工作のように働いてしまうこともある。

 実は、つい一ヶ月ほど前の阪神淡路大震災から十八年という日に、職場において、メールによる安否確認の訓練が行われた。メールによる安否確認は、既に多くの企業が取り入れていらっしゃることと思う。災害が発生したときなどに、無事であるかどうかなどの情報を、社員番号などとともに数字や記号を使って安否確認システムで指定されたアドレスにメール送信するというものだ。

 そのメールの受付が阪神淡路大震災が発生した五時四十六分から行われるというので、私は予め送信すべきメールを作成しておいて、五時四十七分にメールを送信予約しておいた。私はその時間には既に起きて活動しているのだが、ちょうど出勤の準備に忙しいと思ったからだ。もちろん、メールを送信できる時間帯には幅があったので、わざわざその時間を選んでメールの送信しなくても良かったのだが、安否確認のメールシステムの時間差を考慮して、阪神大震災が発生した時間の一分後に設定しておいたというわけだ。そして、そのメールは無事に送信された。

 ところが、出勤してみると、私が早朝から安否確認のメールを送信していたことを複数の人から指摘されてしまった。職場で活用している安否確認システムは、誰がいつ安否確認のメールを送信したかを検索できるようになっていたのだ。私が早朝からメールを送信したことに気付いた方たちからは、朝早くから気合が入っていると言われてしまったのだが、私はその時間に起きてはいたものの、出勤前の支度で忙しかったので、手動でメールを送信したわけではなかった。しかし、そのことを説明するチャンスを失ってしまい、何となく私がメールを送信予約したことがアリバイ工作のように働いてしまったのだった。

 それはさておき、このようなメールの送信予約の機能は、とても便利な機能だと思うのだが、この機能を使うことのできるメーラーは、まだまだ少ないように思う。やはり、アリバイ工作に使われてしまうからなのだろうか。パソコンのメールでも、送信予約ができれば、パソコンのアドレスから携帯電話の相手にメールを送信予約することができるので便利だと思うのだが、残念ながら、パソコンのメールにはそのような機能はない。パソコンの場合は、二十四時間、パソコンに張り付いているわけにも行かないので、やはり書き上げたメールをどこかのサーバに預かってもらうことになるのだろう。そうなると、有料のサービスになってしまうのかもしれない。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 便利な世の中になって来ているとは言え、メールの送受信を取り上げてみても、まだまだ不便なことも多いですね。私は、パソコンからメールを送信予約することができないことの他に、携帯電話に届いたメールがどんどん流れて行ってしまう不便さも感じています。パソコンに届くメールについては、届いたメールをすべてWebメールにコピー転送しているので、返事を書き終えたメールについては、コピー転送しているWebメール上からどんどんメールを削除して行くことで管理ができています(それでも、かなりのメールが埋もれてしまいますが)。しかし、携帯電話に届くメールについては、そのような管理ができていません。そういう意味では、メーラーに「返信(未)」などのステータスを持たせられるように、もっともっと改善して欲しいものですね。

人気blogランキングには、もともとブログの書籍化を夢見て参加させていただきました。まだまだほど遠いですが、私の夢を応援してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« 「ガンまる日記」も九周年 | トップページ | 映画『一枚のめぐり逢い』 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/56775108

この記事へのトラックバック一覧です: 送信予約:

« 「ガンまる日記」も九周年 | トップページ | 映画『一枚のめぐり逢い』 »