« ガンまる、ノロウィルスに感染する(前編) | トップページ | ガンまる、ノロウィルスに感染する(後編) »

2013.02.19

映画『ブレイクアウト』

ガンまる、ノロウィルスに感染する(前編)の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m またまた更新が遅くなり、ご心配をおかけしました。この記事を書くことができているということは、もう大丈夫です。(笑)

 本作を鑑賞したのは、六月二十九日のことである。ニコラス・ケイジとニコール・キッドマンの主演作品で、私はそれなりに楽しめたと思っているのだが、世間の評価はすこぶる低い。

 ニコラス・ケイジ演じるダイヤモンド商人のカイルは、ニコール・キッドマン演じる美しい妻サラと、十五歳の娘エイヴリーとともに豪邸で暮らしている。そこへ警察官を装った強盗が現われ、カイルしか暗証番号を知らない金庫を開けるように要求する。金庫の中には大金とダイヤモンドが入っているはずだと強盗たちは睨んでいたのだ。しかし、カイルはなかなか金庫を開けようとはしなかった。金庫を開けてしまえば、家族も含めて自分も殺されてしまうと考えていたからなのだろうか。

 ニコラス・ケイジとニコール・キッドマンが夫婦役を演じている本作だが、冒頭の部分から既に、夫婦の関係がそれほど密でないのが見て取れた。そのため、私には距離感のある夫婦という先入観を抱いてしまったのだ。もしかすると、ニコール・キッドマンがあまりにも美しすぎたからかもしれない。とは言え、美しいのは確かなのだが、ニコール・キッドマンの美しさには、どういうわけか温かみを感じない。

 強盗たちは、金庫の鍵を開けるようにカイルをしきりに脅すのだが、カイルはあの手この手でかわそうとする。娘のエイヴリーは、いったん出掛けていたものの、タイミング悪く帰宅してしまい、カイルやサラとともに強盗たちに捕らえられてしまう。

 客観的に見れば、強盗たちはサラやエイヴリーを簡単に傷付けることもできたのに、なかなかそのような展開にはならなかったことが本作の評価を下げているようにも見える。しかも、強盗たちの中には、サラに恋をしている男も含まれていて、チームワークの悪さも手伝って、仲間割れを始める。警察官の格好をして乗り込んで来た割には、何とも間抜けな展開なのだ。

 しかも、間抜けなのは強盗だけではない。豪邸を守っているはずの警備会社も間抜けである。それなりに高いセキュリティで豪邸を守ってくれているというのに、機転の利かない対応に留まってしまうとは・・・・・・。あとから思えば、突っ込みどころ満載の作品ではあるのだが、そんな突っ込みどころを無視してしまって、目の前で起こっている出来事に集中すれば、それなりに楽しめる作品である。しかし、だからと言って、何かが心にずっと残り続け、何年か経って、「もう一度鑑賞したい」と思えるような作品ではないことは確かだ。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 主演の二人が大物だからでしょうか。夫婦の間に愛情が通っていないのがわかり過ぎるほどの組み合わせでした。私は他の人たちが酷評しているほどひどい作品ではなかったと思っているのですが、他の人たちが書かれているレビューを拝見すると、なるほど、とも思いました。大物の二人が主演されているだけに、期待が大きかったのかもしれませんね。

人気blogランキングには、もともとブログの書籍化を夢見て参加させていただきました。まだまだほど遠いですが、私の夢を応援してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« ガンまる、ノロウィルスに感染する(前編) | トップページ | ガンまる、ノロウィルスに感染する(後編) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/56806805

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『ブレイクアウト』:

« ガンまる、ノロウィルスに感染する(前編) | トップページ | ガンまる、ノロウィルスに感染する(後編) »