« 映画『ソウル・サーファー』 | トップページ | 送信予約 »

2013.02.14

「ガンまる日記」も九周年

映画『ソウル・サーファー』の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m バレンタインデーには、ガンモと私の実家に【今だけ送料無料!10000レビュー突破記念☆】2012楽天年間ランキングスイーツ総合3位受賞☆[割...を贈りました。

自宅に届いたものは、ガンモと一緒に食べています。割れチョコなので形はいびつですが、味はしっかりとしています。形の整った高級チョコレートは、最初の一口でチョコレートの形を崩してしまうのを躊躇することが多いですが、気楽に食べられる割れチョコはリラックスして食べられるのでいいですね。

 今日で「ガンまる日記」を書き始めてから丸九年が経過した。本当に九年も書き続けたのかと思い、バックナンバーを確認してみると、確かに二〇〇四年二月から書き始めている。

 最初はガンモとの日常を綴っていたのだが、最近ではずいぶんカテゴリが増えて来た。一日一記事と決めて書いて来たので、いろいろなことを後回しにすることも多かった。それでも書き続けたいと思うのは、私が文月のふみの日に生まれたからだろうか。

 ところで、今回はブログを書き続けることのメリットとデメリットについて書いてみたいと思う。

<メリット>

・自分自身の記録にもなる。

 ブログを書くということは、例えば、旅の記録や病の記録など、自分自身の記録にもなる。実際、私は婦人科の診察の前に、自分自身の書いた記事を読み返すことも多い。また、私よりもずっと遅れて旅行の記事を書いているガンモは、私の書いた記事を参考にすることも多い。

・自分自身を客観的に見つめるきっかけになる。

 自分の身の回りで起こった出来事を文章にしようとするとき、主観から客観への変換が行われる。つまり、文章にすることで、自分自身を客観的に見つめるきっかけになっているのだ。その結果、主観だけでは見えなかったことが見えて来る。

・同じような状況にある人と繋がることができる。

 私が書く内容について共感してくださった方や同じような立場の方からメールをいただくことも多く、そこから新たな交流が始まることがある。

<デメリット>

・旅先でもブログを書いてしまう。

 多くの人たちは、旅に出掛けている時くらいはブログの更新をお休みされているが、一日一記事を書き続けると決め込んだ私は記事の更新を休みたくないので、旅先にもノートパソコンあるいはAndroid端末を持参している。しかし、そのような環境を整えてしまうと、電波の届かないエリアや、ノートパソコンあるいはAndroid端末を広げることのできなエリアに行くと機嫌が悪くなってしまう。

 かつては、海外旅行に出掛けて行くときも、インターネットにアクセスできるホテルを選んで宿泊していたのだが、ホテルでしか「ガンまる日記」を更新できないとなると、ホテルを出るのが遅くなってしまうので、最近ではモバイルルータをレンタルしている。

・人との距離の取り方が難しい

 ブログには、時として心の中の秘密を綴ってしまうこともある。それは、読み続けてくださっている方が私と同じような感覚の持ち主であるという思い込みがあるからなのだが、実際はそうではないことも多いのかもしれない。特に、インターネット上だけの付き合いではなく、実際に会って話をする人たちとの距離をどのように取って行くかについては難しさを感じることもある。というのも、こちらがオープンであっても、相手も同じようにオープンであるとは限らないからだ。その反面、繰り返し書いている内容について、実は自分の記事が「読まれていない」ことを知ってしまうと、がっかりすることも多い。つまり、「読んでいる」のではなく「見ている」だけという状況について、残念に思ってしまうようだ。

 とまあ、ブログを書き続けることは、必ずしも良いことだけではないのだが、もともと人生そのものがそうなのだから、私はこれからもブログを書き続けることだろう。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 「ガンまる日記」を書き始めてから、いつの間にか九年が経過していました。ここまで書き続けて来られたのも、皆さんが読んでくださったり、応援クリックしてくださったおかげであります。特に、応援クリックは大変励みになっています。本当にありがとうございます。あと一年で丸十年になります。絶対に丸十年を目指しますね。

人気blogランキングには、もともとブログの書籍化を夢見て参加させていただきました。まだまだほど遠いですが、私の夢を応援してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« 映画『ソウル・サーファー』 | トップページ | 送信予約 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/56768830

この記事へのトラックバック一覧です: 「ガンまる日記」も九周年:

« 映画『ソウル・サーファー』 | トップページ | 送信予約 »