« TOHOシネマズの1ヶ月フリーパス、再び | トップページ | 映画『映画 妖怪人間ベム』 »

2013.01.01

今年最初の失せ物(1)

TOHOシネマズの1ヶ月フリーパス、再びの記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m あけましておめでとうございます。旧年中は、皆さまには大変お世話になりました。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。いただいた年賀状に、「ガンまる日記」を読んでくださっていることや、母のことを気遣ってくださる表現があり、とてもありがたく思いました。とてもうれしいですね。私の生き方を気に掛けてくださっていることに、深く感謝したいと思います。今年もまた、希望に満ちた一年であって欲しいと思います。皆さまにとっても素晴らしい一年でありますように。

 今年になって初めての失せ物に気付いてしまった。EMOBILEのモバイルルータである。自宅にいるときはほとんど使わないものなのだが、ふと所在を確認したときに見当たらなかったので、慌てて探し回ったところ、どこにも見当たらなかったという次第である。いつもはこんなふうに、百円ショップで購入した入れ物に入れて大事に持ち歩いていた。これがまた、あつらえたみたいにピッタリの入れ物だったというのに、ぴったりの入れ物だけを残して、中身が消えてしまったのである。

紛失してしまったEMOBILEのモバイルルータ。百円ショップで購入した入れ物にピッタリ収まっていた

 私は、どのような経緯でEMOBILEのモバイルルータが消えてしまったのかを回想してみた。ふと思い当たるのは、大晦日にTOHOシネマズの1ヶ月フリーパスを使って映画鑑賞に出掛けたときに、テーブルの上にAndroid端末を広げてインターネットに接続したときのことである。考えにくいのだが、どうやらそのときに、モバイルカードだけを置き忘れて来てしまったようなのだ。

 私は、そのビルの落し物や忘れ物を管理しているところに電話を繋いでもらい、モバイルカードが届けられていないか、確認してみた。しかし、届けは上がっていないと言われてしまった。それならば、もしかすると、私のモバイルカードを拾った誰かが持ち帰ってしまったのかもしれない。あるいは、私がその場所にモバイルカードを置き忘れてしまったのは、大晦日の比較的遅い時間帯だったので、拾ってくださった方がいったん自宅に持ち帰り、再びそのビルに用があるときに忘れ物を管理しているところに届けてくださるのかもしれない。

 ひとまず、このままでは良くないということで、モバイルカードの契約者であるガンモがEMOBILEに電話を掛けてくれた。私たちは、もはや紛失したモバイルカードは見付からないと思い、解約の手続きに入ろうとしていたのだが、何と、電話に出てくださったEMOBLEの担当者から、意外なことを言われたそうだ。驚いたことに、私が使っていたEMOBILEのモバイルカードは、盗難・紛失に対応できるサービスに加入していたらしく、一万円程度の追加料金を支払うことで、これまでと同じものを自宅に送って来てくださるのだそうだ。

 実は、ガンモはEMOBILEに電話を掛けたときに、これを機会に別のモバイルカードと契約しようと思い、EMOBILEとの契約を打ち切ろうと思っていたらしい。というのも、私が最近、使用し始めたAndroid端末は、ガンモが新たに加入しようとしていた別のモバイルカードのSIMをそのまま挿してインターネット接続することができるため、この際、EMOBLEとの契約を打ち切って、SIMを直接挿すことのできるモバイルカードに乗り換えようと思っていたようなのだ。しかし、これまで使っていたEMOBILEのモバイルカードは、去年の五月から使用し始めたばかりの新しいものだったので、あまりにも早く解約することになると、三万円を超える違約金を支払わなければならないことになっていたのだ。それが、盗難・紛失に対応できるサービスに加入していたことで、一万円程度の追加料金を支払うだけで、これまでと同じサービスを受けられるというのだ。

 私たちは悩んだ。とは言え、これには条件があった。盗難・紛失サービスを適用させるためには、警察に紛失届けを提出する必要があるらしいのだ。ガンモは、
「保険会社に提出する書類として、警察に届けられていることが必要なんじゃないのかな」
と言っていた。ひとまず、紛失してしまったEMOBILEのモバイルカードはいったん休止申請をしておいた。そのときに、サービスを再開させるための暗証番号を決めて、EMOBILEの担当者に伝えておいた。

 ちょっぴりややこしいのは、EMOBILEと契約していたのはガンモだが、実際にそのモバイルカードを使っていたのは私であり、そのモバイルカードを紛失してしまったのも私だということだ。ということは、警察に届け出るのは私でなければならないのだろうか。それとも、ガンモなのだろうか。このあたりについては、確認が必要である。

 というわけで、新年早々、何だかやっかいなことになってしまったわけだが、お正月休みはもう少し残っているので、新年の仕事が始まるまでには、何とか新しいモバイルカードを手元に置いておきたいものだと思う。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 私の不注意でEMOBILEのモバイルカードを紛失してしまいました。お正月早々、気が滅入ってしまうような出来事ではありますが、見方を変えれば、紛失してしまったのは今年ではなく、去年のことなんですよね。何故、いつも入れている入れ物にないのか、自分でも良くわかりません。というのも、普段から、EMOBILEのモバイルカードのSIMをAndroid端末に直接挿せないことを不便に思っていたので、Android端末を使い終わってカバンにしまうときは、Android端末とEMOBILEのモバイルルータの両方の電源を落として、それぞれの入れ物にしまっていたはずなのです。しかし、手元にAndroid端末しかないのだとすると、そのとき私は、EMOBILEのモバイルルータをしまわなかったことになるんですよね。そのことはどうしても考えにくいのですが、手元にないものは仕方がありません。事実は謎のままですね。まだ警察には行っていませんので、警察に紛失届けを提出したら、また続きを書かせていただこうと思います。

人気blogランキングには、もともとブログの書籍化を夢見て参加させていただきました。まだまだほど遠いですが、私の夢を応援してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« TOHOシネマズの1ヶ月フリーパス、再び | トップページ | 映画『映画 妖怪人間ベム』 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/56448469

この記事へのトラックバック一覧です: 今年最初の失せ物(1):

« TOHOシネマズの1ヶ月フリーパス、再び | トップページ | 映画『映画 妖怪人間ベム』 »