« 背すじサポートインナーを使ってみた | トップページ | 言葉とは不思議なもの »

2012.12.24

映画『ヘルプ ~心がつなぐストーリー~』

背すじサポートインナーを使ってみたの記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 今年最後の三連休も終わってしまいましたね。皆さんは、いかがお過ごしだったでしょうか。私は、ガンモと近場の一泊旅行に出掛けたあと、三連休最後の日となる今日は、ガンモと自宅でのんびり過ごしました。クリスマスイブだったので、ロマンチックに過ごされた方も多いかもしれませんね。ということで、皆さん、メリークリスマスです。

 本作もまた、映画『Black & White/ブラック & ホワイト』を鑑賞したのと同じ五月二日に鑑賞した作品である。手元の映画鑑賞メモによると、この日は全部で四本の映画を鑑賞している。ということは、これまで本作を含めて三本の作品のレビューを書かせていただいているので、この次にお届けするレビューは、同じ日に鑑賞した残りの一本ということになる。

 評価の高い本作だが、実は、鑑賞中に少し寝てしまったのだ。やはり、休日なのに朝早くから起きて、映画館に足を運んだからかもしれない。もともと、予告編を見たときに、おそらく、南部訛りだろうと思うのだが、「ずいぶんアメリカ英語がきつい作品だなあ」と感じてしまい、鑑賞にはあまり積極的になれなかったのだ。しかし、評価の高い作品なので、千円で鑑賞できる日に鑑賞しておこうと思った次第である。

 「ヘルプ」とは、南部に住む上流の白人家庭で働く黒人メイドのことらしい。まだ人種差別が残っていた一九六〇年代のアメリカの田舎町で、メイドとして白人家庭で働く「ヘルプ」たちから聞いた話を、ジャーナリスト志望の白人女性がまとめた本が映画化されたものである。つまり、実在する人物たちの物語なのだ。

 本作を鑑賞すると、苛立ちと感動の両方の感情を体験することになるだろう。もしかすると、本作の評価が高いのは、ネガティヴな感情とポジティヴな感情の両方を体験することができるからなのかもしれない。ネガティヴな感情だけを体験することができる作品や、ポジティヴな感情だけを体験することができる作品は、決して素晴らしい作品とは言えない。何故なら、私たちが実際に生きている世界とかけ離れた描写になってしまうからだ。

 ネガティヴな感情とは、白人たちの「ヘルプ」たちに対する差別である。彼らは何と、自分たちが使っているトイレを「ヘルプ」たちに使わせたくなくて、メイド専用のトイレを作ろうとする。同じ人間なのに、相手をさげずんでいるのだ。

 こうした差別は、おそらく親から植え付けられたものだろうと思う。おそらく、そこには理由などない。単に、親から教わったことを何も考えずに実践しているだけなのだろうと思う。

 しかし、そうした仕打ちに対し、立ち止まり、本当にこれでいいのかと考える白人もいる。それが、ジャーナリスト志望のスキーターである。大学を卒業して実家に帰って来たスキーターは、これまで家で働いていたメイドがいないことに気付き、メイドの行方を母に尋ねるのだが、母はメイドがいない理由をはっきりとは答えようとしなかった。

 やがてスキーターは、近所の「ヘルプ」たちからいろいろな話を聞き始める。そうしているうちに、この差別社会に疑問を持ち始め、「ヘルプ」たちの現実を伝える本を書きたいと思うようになるのだった。そしてスキーターは、いろいろな「ヘルプ」たちから話を聞き、一冊の本にまとめることに成功し、とうとうその本が出版されるのだった。

 スキーターと「ヘルプ」たちが少しずつ接近して、本の材料となるインタビューを行うプロセスが実にいい。「ヘルプ」たちにしてみれば、スキーターの書く本が発売されて世の中に出回ってしまえば、個人が特定され、仕事を失うかもしれない状態にある。しかし、その一方で、現実を伝えることで、今の差別的な現実が変わるかもしれないという期待感もある。そのあたりの線引きがとても難しい。

 結局、最初はもじもじして何も話そうとはしなかった「ヘルプ」たちも、やがてスキーターに心を開き、いろいろなエピソードを話し始める。とにかく、そんなシーンが特別輝いている作品なのだ。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 本作を鑑賞すると、お金持ちの白人女性に嫌悪感を抱きますね。お金持ちの白人女性に対し、黒人メイドの「ヘルプ」たちは、とても人間味にあふれています。いろいろな感情が極限まで表現された作品と言えるのかもしれません。

人気blogランキングには、もともとブログの書籍化を夢見て参加させていただきました。まだまだほど遠いですが、私の夢を応援してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« 背すじサポートインナーを使ってみた | トップページ | 言葉とは不思議なもの »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/56388213

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『ヘルプ ~心がつなぐストーリー~』:

« 背すじサポートインナーを使ってみた | トップページ | 言葉とは不思議なもの »