« 映画『汽車はふたたび故郷へ』 | トップページ | TOEIC一年割引の活用(後編) »

2012.11.19

TOEIC一年割引の活用(前編)

映画『汽車はふたたび故郷へ』の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m ステンドグラスみたいな老眼鏡の記事に貼り付けた老眼鏡の写真を追加しておきました。やはり、こうして写真を眺めているだけでも、ステンドグラスみたいな老眼鏡は楽しいですね。使うのがうれしくなる老眼鏡です。

 十一月十八日日曜日は、TOEICの公開テストを受けるために、神戸市の埋め立て地、ポートアイランドにある神戸夙川学院大学まで出向いた。今回は、派遣会社の主催するTOEIC IPテストではなく、公開テストである。公開テストはTOECI IPテストよりも割高なので、私は毎回、一年割引を活用して受験している。すなわち、毎年、この時期に公開テストを受けているというわけだ。


大きな地図で見る

 このあたりは、いつの間にか大学が引っ越して来ていて、いくつもの大学が建ち並んでいる。確か二年ほど前に受けたTOEICの公開テストも、この近くにある神戸学院大学で受験している。そのときの最寄駅の名前は今とは違っていたと思うのだが、今回、受験票が届き、受験地となる神戸夙川学院大学の最寄駅を確認したとき、ポートライナーの「みなとじま駅」と書かれていたので驚いた。というのも、私はかつてポートライナーに乗って通勤していたこともあり、受験地となる大学からそれほど遠くないところで働いていたのだが、「みなとじま駅」という名前の駅は知らなかったからだ。ガンモも、
「『みなとじま駅』なんていう駅はない!」
とまで断言していた。

 しかし、騙された気持ちでポートライナーに乗ってみると、「みなとじま駅」という駅はちゃんとあったのだ。

ポートライナーみなとじま駅

 確かこの駅は、かつては「市民病院前駅」だったはずである。しかし、市民病院が移転してしまったので、それにあわせて駅の名前も変更したようである。やはり、学校の多い地域だからなのか、(キャンパス前)と別名が付けられている。

このあたりには大学がたくさんある。道路の右手には神戸学院大学があり、かつてそこでもTOEICの公開テストを受けたことがある

横断歩道を渡ると、兵庫医療大学がある

 みなとじま駅の改札を出て左に歩いて行き、大きな道路の横断歩道を渡った。このあたりには道路をはさんで神戸学院大学や兵庫医療大学があった。そして、神戸医療大学の左隣が、今回の受験地となる神戸夙川学院大学だった。

神戸夙川学院大学に到着

 TOEICの公開テストの本番は十三時からなのだが、受付は十一時半から十二時二十分までである。私は十一時半過ぎに着いたので、入口を入ってすぐの休息コーナーで、電車に乗る前に買っておいたサンドイッチを広げて食べて、腹ごしらえをしておいた。

入口を入るとすぐに休憩所があったので、買って来たサンドイッチをここで食べて試験に臨んだ

 その後、自分の受験番号に割り当てられた教室の前にある受付で受験票とパスポートを提示して、教室の中に入った。私は運転免許証を持っていないので、写真付きの身分証明書というと、パスポートになるのである。

 私が試験を受ける教室は、比較的こじんまりとしていた。しかも、一つの机は短く、本来ならば二人用の机を、TOEICの公開テストでは一人だけが通路側に座って占有し、二つの机が横に連ねられていた。人が座っているところを●、座っていないところを○で表すならば、●○○●という並びの列を作っていた。同じTOEICの試験会場でも、大学によっては長い机を三人で使用することもあり、飛行機のエコノミー席のように、中程に座った人は、両端の席に座っている人に申し訳なさそうに声を掛けて、わざわざ立ち上がってもらわなければ出られないこともある。同じく●と○を使って表すと、●○●○●という感じである。●○○●の並びならばストレスがないのがおわかりいただけるだろうと思う。

 公開テストでは、替え玉防止のために、試験の直前にも身分証明書のチェックが行われる。そして、携帯電話の電源が切られていることも細かくチェックされる。私の携帯電話は変わっているためか、電源を切って机の上に出しているというのに、
「携帯電話はお持ちではありませんか?」
と試験官に聞かれてしまった。私が、
「これが携帯電話です」
と言うと、
「失礼しました。大丈夫ですね」
と確認してくださった。

 試験の所要時間は二時間一分だった。一分というあまりにも中途半端な時間は、リスニングセクションではみ出してしまった時間のようだ。私は、上半身は半袖で、下半身を暖めるためにいつものようにひざ掛けを二枚持ち込んでいた。なかなかの大荷物である。●○●○●の席だと、荷物を置くスペースも限られているのだが、●○○●の席なのでとてもゆったり受験することができた。というわけで、私はこの教室がすっかり気に入ったのである。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 受験票には、ポートライナーの「みなとじま駅」から神戸夙川学院大学まで徒歩十五分と書かれていたので、私の遅い足では三十分くらい掛かってしまうだろうと覚悟していたのですが、書かれている通り、十五分程度で神戸夙川学院大学まで到着することができました。きっと、私のように足の遅い人が最寄駅からの徒歩の時間を計ったのでしょうね。

人気blogランキングには、もともとブログの書籍化を夢見て参加させていただきました。まだまだほど遠いですが、私の夢を応援してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« 映画『汽車はふたたび故郷へ』 | トップページ | TOEIC一年割引の活用(後編) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/56151746

この記事へのトラックバック一覧です: TOEIC一年割引の活用(前編):

« 映画『汽車はふたたび故郷へ』 | トップページ | TOEIC一年割引の活用(後編) »