« 映画『セイジ -陸の魚-』 | トップページ | docomoショップの取り組み »

2012.11.10

ホットヨガ(三一四回目)

映画『セイジ -陸の魚-』の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m まだ長袖が着られないので、楽天市場で半袖のジャケットを探しています。去年、マタギの人が着るような半袖ジャケットを購入したのですが、今のところ一着しかないので、類似の商品を探しています。しかし、なかなか見付かりませんね。以前から思っていたことですが、更年期のほてりに悩む人は多いはずなのに、そうした悩みに対処してくれるような商品は少ないですね。半袖のコートやジャケットがもっと大々的に発売されれば、ずいぶん売れると思うのですが。(苦笑)

 今日は、ホットヨガの三宮店のスタジオで、七十五分のベーシックコースのレッスンを受けた。

 レッスンの参加者は十五名で、レッスンを担当してくださったのは、いつもお話をさせていただいているインストラクターだった。大きいほうのスタジオでレッスンが行われたのだが、隣の人との間隔がひどく狭かったので、とても窮屈に感じてしまった。あまり良く知らない人と接近してしまうのは、相手に不快感を与えてしまわないだろうかと心配になり、何となくストレスに感じてしまうものである。それでも、ストレスを感じるのは、あくまで相手に迷惑を掛けてしまわないかと心配になってしまうからであって、自分のすぐ近くであまり良く知らない人がポーズを取っているということに対する不快感はなかった。

 最近、踏ん張りが効いているのか、今回も私は一度もスタジオの外に出て休むことなく、最後までレッスンを受けることができた。しかし、うつ伏せのポーズはお腹を下にするため、ヨガマットの上でしばらくお休みさせていただくことになってしまった。筋腫が大きく固いので、うつ伏せのポーズを取るのは辛いのである。お腹を下にして身体を反らせる弓のポーズなど、私には絶対に無理なポーズである。こうして、苦手なポーズを避けながら、七十五分のレッスンが終わった。

 リニューアルオープンした三宮店のロッカールームは、ここのところ、おばさんの私にはずいぶん刺激が強くなっていたのだが、今回は特に強い刺激になるような出来事はなく、長椅子に座ってフェイスパックを実施されている方をお見掛けした程度だった。私自身、フェイスパックをすることもないので、そうした光景がとても珍しかった。長椅子に座っていた方は、フェイスパックを着けたまま、時間が経つのを根気強く待っていたようだ。

 着替えを済ませて受付に行くと、スタッフが私の背負っているカメリュックをご覧になり、大笑いされていた。そして、私には何故、こんなにもカメリュックが似合うのか、こういうものを一体どこで見付けて来るのかと質問されてしまった。私は、カメリュックが似合うと言われてとてもうれしかった。そんなふうに言ってくださるのは、おそらく私がもう五十近いというのに、恥ずかしげもなくカメリュックを背負っているからだと思う。

 カメリュックは、本当にあちらこちらで人気で、先日も通勤途中に見知らぬおじさんがわざわざ振り返り、
「ユニークやな」
と言ってくださった。同じマンションの女性は、笑いながら、
「かわいい! 似合(にお)うとる、似合うとる。でも、これ、顔はどこにあるん?」
とおっしゃり、
「顔は、自分の顔や」
と言って、一人で納得され、笑っていた。カメリュックが日本でも容易に手に入るならば、たくさん売れそうである。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m カメリュックは本当に人気ですね。実は、このカメリュックと同じ頃に、別のカメ関連グッズも購入しているのですが、まだ使い始めていないので、使い始めたらまたご報告させていただきますね。

人気blogランキングには、もともとブログの書籍化を夢見て参加させていただきました。まだまだほど遠いですが、私の夢を応援してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« 映画『セイジ -陸の魚-』 | トップページ | docomoショップの取り組み »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/56082138

この記事へのトラックバック一覧です: ホットヨガ(三一四回目):

« 映画『セイジ -陸の魚-』 | トップページ | docomoショップの取り組み »