« 互いに切磋琢磨し合う同志たち | トップページ | 映画『サラの鍵』 »

2012.10.08

ホットヨガ(三〇九回目)

互いに切磋琢磨し合う同志たちの記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 日中の最高気温が二十五、六度というと、真夏のベルリンくらいの最高気温だと思うのですが、日本では早くも長袖シャツだけでなく、薄手のパーカーまで着込んでいる人もいますね。ううむ、私はまだまだ半袖Tシャツ一枚で過ごします。

 九月二十九日土曜日は、ホットヨガの梅田店のスタジオで、リラックスコースのレッスンを受けた。この日は、自宅近くの歯医者でデンタルケアを受けたあと、三宮店のスタジオでレッスンを受けるか、梅田店のスタジオでレッスンを受けるかで迷ったのだが、梅田店でレッスンを受けるために購入していたJRの昼特きっぷ(土日祝日や平日の昼間のみ利用できるお得な回数券)を消費するために梅田店のスタジオに足を運んだのだった。ちょうどガンモも仕事が休みだったので、レッスンのあと、梅田で落ち合うことになっていた。

 いつものように、レッスン開始の五分前に梅田店のスタジオに到着し、慌ててロッカールームに駆け込もうとしていると、いつもお話をさせていただいている三宮店のインストラクターがいらっしゃって驚いた。そのインストラクターとは本当に不思議なご縁で結ばれているのか、私が土曜日に三宮店でレッスンを受けるときは三宮店にいらっしゃり、梅田店でレッスンを受けるときは梅田店にいらっしゃるのだ。

 着替えを済ませてスタジオに滑り込んだものの、レッスンには五分ほど遅刻してしまった。レッスンの参加者は、女性ばかり十名だった。やはりリラックスコースのレッスンは、男性には人気がないのだろうか。もともと十二時半からのレッスンだったので、ちょうどお昼どきと重なっているため、参加者が少なかったのかもしれない。

 レッスンを担当してくださったのは、初めてレッスンを担当してくださるインストラクターだった。ファイブスターのインストラクターのレッスンを受けたからかもしれないが、やはりインストラクターの表現力が気になってしまった。おそらく、今回のレッスンを担当してくださったインストラクターは、インストラクターとしての経験がまだ浅く、ご自分の展開されるレッスンに自信がないのではないかと思う。

 また、一つ一つのポーズを取る時間が長過ぎて、少々疲れてしまった。そこで私はいつものように、レッスン中にスタジオの外に出て休んだ。休んでいると、三宮店のインストラクターがレッスンを終えて、私服に着替えて帰宅されようとしているところだった。見ると、メイクもいつもと違っていた。考えてみると、私服姿のインストラクターを拝見したのは初めてのことである。

 梅田店のスタジオには、三宮店のリニューアルオープンを記念して、いくつかのお得な商品が販売されているとの張り紙があった。私は、高濃度水素水のポイントと袋式の水入れがセットになっているものが欲しいと思い、レッスンのあと、受付で尋ねてみた。しかし、残念ながら、既に売り切れてしまっていた。リニューアルされた三宮店でレッスンを受けたときに、水が入っていないときは折り畳むことのできる袋式の水入れ(大きな詰め替え式のシャンプーのような入れ物で、透明だが、ブルーやグリーンの色が施されている)に水を入れて持参されている方を何人かお見掛けしてとても気になっていたのだが、どうやらこのセットを購入されたようである。そう言えば、この手の袋式の水入れは、百円ショップでも見掛けたことがある。今度、百円ショップを訪れたときに探してみようと思う。

 レッスン後は、ガンモと落ち合って、私のいつものお気に入りの場所で昼食をとった。そして、一緒に寄席に出掛けたというわけなのである。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 限定商品を購入できなかったのはちょっぴり残念であります。しかし、袋式の水入れは便利なのでしょうか。飲んだあとはかさばらなくて済みますが、果たして、飲むときに飲み易いのでしょうか。氷を入れたいときは困るような気がしますね。

人気blogランキングには、もともとブログの書籍化を夢見て参加させていただきました。まだまだほど遠いですが、私の夢を応援してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« 互いに切磋琢磨し合う同志たち | トップページ | 映画『サラの鍵』 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/55777776

この記事へのトラックバック一覧です: ホットヨガ(三〇九回目):

« 互いに切磋琢磨し合う同志たち | トップページ | 映画『サラの鍵』 »