« 映画『僕等がいた 前篇』/『僕等がいた 後篇』 | トップページ | 一日300MBのデータ通信量をオーバーしてしまった? »

2012.08.20

Google トークとGoogle ボイス&ビデオチャット

映画『僕等がいた 前篇』/『僕等がいた 後篇』の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 私とは違う時期に夏休みを取得していた人たちが、夏休みを終えて出勤して来ました。ある方からお土産をいただいたのですが、その方はカナダに行って来られたのだそうです。カナダの気温はどうだったかと尋ねてみたところ、冬並みに寒かったとおっしゃっていました。仕事中だったので詳しくお話を聞くことができませんでしたが、もしかすると山間部に出掛けていたのかもしれません。

 旅行中でも、母とは毎日、会話をしていた。ちなみに、日本にいるときは、たいてい十八時半に電話を掛けている。最近は残業続きなので、ちょうど十八時半から始まる夕方の休憩時間に合わせて、職場の食堂から、晩御飯を食べながら電話を掛けている。

 それはさておき、ベルリン、コペンハーゲンは、ともに日本と七時間の時差があったため、私たちがまだホテルにいるベルリン、コペンハーゲン時間の九時、すなわち日本時間の十六時に、Google トークまたはGoogle ボイス&ビデオチャットで話をすることにしていた。私たちがホテルの朝食ビュッフェを食べ終わると、たいてい九時前だったので、急いで部屋に戻り、日本から持ち込んだノートパソコンをインターネットに接続した状態でヘッドセットを頭に付けて、父や母との会話を楽しんだ。

 Google トークは、Googleのアカウントがあり、専用のソフトをパソコンにインストールして、インターネットに接続できる環境であれば、ヘッドセットを使用して、インターネットの回線を通じて文字や音声による無料の会話を楽しむことのできるツールだ。ときどき音声が途切れたりもすることもあるのだが、お互いのインターネットの回線状態とヘッドセットの調子が良ければ、とてもクリアな音で無料の会話を楽しむことができる。

 一方、Google ボイス&ビデオチャットは、今回、初めて利用したのだが、こちらは格安の有料インターネット電話となっている。インターネットの回線を利用して、格安料金で固定電話や携帯電話に電話を掛けることができるのだ。

参考:
【井上繁樹の最新通信機器事情】 GoogleボイスとGoogleボイス&ビデオチャット ~Gmailから電話をかけられるGoogleのVoIP

Google Voice: 通話料

 そもそも、無料のGoogle トークがあれば、それだけで充分ではないかとも思っていたのだが、Google トークはお互いがパソコンを操作して、インターネットで通話できる状態にしておかなければ会話が成立しない。要するに、相手側のパソコンの電源が入れられ、Google トークにログインしている状態になって初めて、ヘッドセットによる無料通話が可能だということだ。

 しかし、実家のパソコンを立ち上げてGoogle トークを操作できるのは父だけなので、父が不在のときは、有料だが格安のGoogle ボイス&ビデオチャットを使って、実家の固定電話に電話を掛けていたというわけだ。

 Google ボイス&ビデオチャットの通話料金は、本当に格安だった。滞在中、合計しても三十分くらいは話しているはずなのだが、最初にチャージした十ポンドからわずか一ポンド分も消費されていない。一ポンドは百二十二円ほどなので、日本までのおよそ三十分程度の通話料金がわずか数十円ということになるのだ。

 そう、何故、Google ボイス&ビデオチャットの通話料金をポンドで支払うことになったのかは良くわからないのだが、おそらくインターネットに接続するためにレンタルしたモバイルルータを、最初にロンドンのヒースロー国際空港で使い始めたからだと思う。そのため、Googleに支払いをするときに、ポンドで請求されたのだ。請求は、利用の都度ではなく、ポンドの場合は十ポンドチャージしておいて、そこから差し引かれる形式だった。予めテレフォンカードを購入しておいて、度数を消費しながら公衆電話から電話を掛ける感覚に似ている。

Google ボイス&ビデオチャットの画面。何故かポンド表示になっている。十ポンドチャージして、これだけ残っている

 母は、暑い、暑いとは言っていたものの、毎日、とても元気に過ごしていた。海外から電話を掛けているというと、母はそれだけで気を遣ってくれて、話を早めに切り上げて電話を切ろうとする。一方、私のほうは、通話料金がとにかく格安なので、できるだけ母との会話を引き伸ばそうとしていた。

 ちなみに、Google ボイス&ビデオチャットで固定電話に電話を掛けた場合、相手が固定電話なので、やはりそれなりの音質だった。音質の良さを追求するならば、Google トークのほうが断然良いと思う。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 海外からこんなにも安い料金で電話を掛けることができるようになったのですね。日本の国内電話にも使えるのでしょうか。それならば、絶対にこちらを活用したほうがお得だと思います。

人気blogランキングには、もともとブログの書籍化を夢見て参加させていただきました。まだまだほど遠いですが、私の夢を応援してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« 映画『僕等がいた 前篇』/『僕等がいた 後篇』 | トップページ | 一日300MBのデータ通信量をオーバーしてしまった? »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/55470273

この記事へのトラックバック一覧です: Google トークとGoogle ボイス&ビデオチャット:

« 映画『僕等がいた 前篇』/『僕等がいた 後篇』 | トップページ | 一日300MBのデータ通信量をオーバーしてしまった? »