« ドライソケットなのか?(2) | トップページ | 映画『フェイク・クライム』 »

2012.07.20

ホットヨガ(三〇一回目)

ドライソケットなのか?(2)の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 梅雨明け宣言がなされたはずなのに、何だかお天気が良くないですね。しかも、行きも帰りも通勤時間に当たっていたので、ちょっぴり憂鬱でした。それでも、雨が降るとちょっぴり涼しくなるのがいいですね。

 三連休の最終日は、三宮店のスタジオで六十分のリラックスコースのレッスンを受けた。実は、回数券の有効期限がこの日までだったので、回数券の更新も兼ねて三宮店を訪れたというわけである。

 何年か前から、ホットヨガのスタジオではクレジットカードの取り扱いがなくなってしまったため、高額な回数券であっても現金で支払わなければならなくなってしまった。クレジットカードで飛行機のマイルを貯めている私としては、とても残念なことである。

 ちなみに、今回も五十回回数券を購入する予定だったのだが、現金の持ち合わせがなかったのでレッスンに行く前にキャッシュディスペンサーを操作してお金をおろさなければならなかった。最近の銀行事情を良く理解していないので、祝日にお金をおろすことができるのかどうかとても不安だったが、コンビニに立ち寄ってキャッシュディスペンサーを操作して、何とか無事にお金を引き出して電車に乗った。

 三宮店のスタジオに着いてみると、受付のスタッフから、
「今日は回数券を購入されますか?」
と尋ねられた。回数券が今日で切れてしまうことをちゃんとご存じなのである。私が、
「はい」
と答えると、何回分の回数券を購入するか尋ねられたので、
「今回も五十回回数券でお願いします」
と答えた。すると、受付のスタッフは、
「じゃあ、お作りしておいていいですね」
と言ってくださった。なるほど、私がレッスンを受けている間に回数券が用意されているのはありがたいことだと思った。

 レッスンの参加者は十六名で、レッスンを担当してくださったのは、さきほど受付で対応してくださった、三宮店でリラックスコースや骨盤コースのレッスンを担当してくださっているインストラクターである。

 インストラクター近くのヨガマットには、トライアルレッスンに参加される方が置いたであろうバスタオルとフェイスタオルがずっと置かれていたのだが、最後までレッスンに現れなかった。一体どうしたのだろうか。トライアルレッスンに参加される方のフェイスタオルは、私たちが受付で渡されるフェイスタオルと色が違うのでわかるのだ。

 リラックスコースのレッスンは、今の私の身体には一番合っているようで、レッスン中にとても気持ちが良くなり、イグアナのポーズで片足を九十度に開いた状態でうつ伏せになっているときに、あまりにも気持ちが良くて眠ってしまったようだ。気が付いたら、レッスンに参加している人たちはみんな起き上がり、水を飲んでいた。

 途中で眠ってしまったからだろうか。あれよあれよという間にレッスンが終わってしまった。思えば、最近、こんなふうに知らないうちに時間が過ぎてしまうことがやけに多い。動作がのろくなってしまったからなのか、いつの間にか時間が経ってしまっていて、もうこんな時間なのかと驚いてしまうのだ。

 レッスンを終えてシャワーを浴びたあと、ロッカールームでくつろいでいると、別のスタッフが話し掛けてくださった。私が回数券を購入することを確認されて、購入することをお伝えすると、お礼を言われてしまった。三宮店のスタッフは、ずいぶん営業熱心である。

 ロッカールームを出て受付に行くと、私が購入する予定の五十回回数券は既に用意されていた。私は、五十回回数券とともに、千円の東日本大震災のチャリティーチケットを購入した。VIP会員で誕生月の購入となるので十パーセント引きとなり、九万円弱で購入することができた。ああ、これらの代金をクレジットカードで払うことができたらと思うと、ちょっともったいない気もしたのだが、目の前で一万円札が私の手から離れて行くのを見守ることで、お金を使っているという実感を得ることにもなった。

 回数券の手続きをしてくださった三宮店のスタッフは、
「去年よりも繰り越し分の回数が減っていますね」
と言ってくださった。余った回数券は、回数券の期限が切れるまでに新たな回数券を購入することで、次の回数券に繰り越しできるのだ。今回、私が余らせたのは、十回分の回数券だった。去年は十数回分余らせてしまったので、そのときと比較してコメントしてくださったのだろう。私は、
「後半にちょっと追い上げましたので」
と答えた。

 五十回回数券の有効期限は一年である。十回分を繰り越した上にチャリティーチケットも購入したので、今、私の手元には、向こう一年間有効な六十一回分の回数券があるわけである。ということは、月に五回ペースでレッスンに通うということだ。週末に一回と、月に一回程度、仕事帰りにレッスンに通うことができれば、五十回回数券を有効活用できそうである。しかし、これはあくまで予定のみであり、実際はレッスンの予定が生理と重なってしまったり、他の予定と重なってしまったりもするので、なかなかそうも行かないのが実情である。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 何とか十パーセントオフの特典を受けられる誕生月に回数券の更新を果たしました。回数券を購入したあと、三宮店のエレベータに乗る直前に、「あ、古い回数券をもらって帰るのを忘れた!」と思ったのですが、かつてのようにいろいろな支店に足を運んでいるわけではないので、そのままエレベータに乗りました。色の違ういろいろな支店のスタンプを勲章のように眺めながら、にまにましていた頃のことを思い出します。(笑)

人気blogランキングには、もともとブログの書籍化を夢見て参加させていただきました。まだまだほど遠いですが、私の夢を応援してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« ドライソケットなのか?(2) | トップページ | 映画『フェイク・クライム』 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/55209267

この記事へのトラックバック一覧です: ホットヨガ(三〇一回目):

« ドライソケットなのか?(2) | トップページ | 映画『フェイク・クライム』 »