« ホットヨガ(二九七回目) | トップページ | 映画『50/50 フィフティ・フィフティ』 »

2012.07.08

商売熱心な眼鏡屋さん

ホットヨガ(二九七回目)の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m たくさんの方たちから応援クリックを賜り、心より御礼申し上げます。最近、後ろにゴムの付いたカチューシャが流行っていますね。私は、前髪がすぐにもさもさして来るので、カチューシャで前髪を持ち上げたいところなのですが、カチューシャでまとめてもすぐにずれてしまったりするので、何らかの方法でカチューシャを固定することができないだろうかとずっと思っていました。ゴム付きのカチューシャは、そういうニーズに応えてくれる商品だと思います。ちなみに、ゴム付きのカチューシャのことを「カチューム」と呼んでいるようですね。カチューシャ + ゴムから来ているのでしょうか。

 土曜日の夜にガンモが、
「明日はホットヨガのレッスン、受けないの? 三宮で」
と私に尋ねて来た。私は、
「うん、今のところは受ける予定ないけど、どうした?」
とガンモに聞き返した。ガンモによれば、最近、眼鏡の度が合わなくなってしまったので、新しい眼鏡に作り替えたいという。そこで、ホットヨガのレッスンを受ける私と一緒に三宮まで出掛けて行って、私がホットヨガのレッスンを受けている間にガンモは眼鏡屋さんに行って、新しい眼鏡を作ろうと思ったらしい。三宮で眼鏡を作れば、出来上がった眼鏡を仕事帰り受け取ることができると思ったようだ。

 私は、ちょうど今月、ホットヨガの回数券の有効期限が切れてしまうというのに、まだ使用していない回数券がたくさん余っているので、
「うん、いいよ。三宮店でホットヨガのレッスンを受けるよ。でも、寝不足を解消したいから、午後からでいいよね」
とガンモに言った。私の提案に対し、ガンモは二つ返事で了承してくれた。

 そして、私は珍しく、二日連続でホットヨガのレッスンに出掛け、レッスン後にガンモと待ち合わせをすることにした。準備をしているうちに、ガンモとは出掛けるタイミングがずれてしまい、ガンモのほうがあとから家を出ることになってしまったのだが、私がホットヨガのレッスンを終えて外に出てみると、少し前に、
「さっき眼鏡屋に入った」
というメールがガンモから携帯電話に届いていた。

 私は、ガンモが眼鏡を作ってもらっているという眼鏡屋さんを探して、足を踏み入れてみた。そこは、ホットヨガの三宮店のスタジオのすぐ近くだった。私が店内に入るや否や、店員さんがにこやかに近付いて来て、
「ご用件をお伺いします」
と声を掛けてくださった。

 私は、自分でガンモを探したかったので、「いえ、結構です」というジェスチャーをしながら、店内にいるはずのガンモを探した。しかし、ガンモの姿は見当たらなかった。

 見ると、店内の奥のほうに椅子があり、何人かの人たちが座って何かの順番待ちをしていた。おそらく、その周辺にカウンターがあり、お店のスタッフと話をしているのだろう。あるいは、視力検査待ちをしているかのどちらかである。

 私は、奥の方の椅子に座っている人たちもチェックし始めた。すると、別の店員さんが近付いて来て、
「お連れの方をお探しですか?」
と声を掛けてくださった。顧客の動作に敏感なお店だと思ったが、自由に振る舞いたい私としては少しやりにくかった。私は、その店員さんの申し入れもやんわりと断って、いったん店を出た。

 ガンモの姿が見えないので、私はガンモに電話を掛けてみたのだが、ガンモは電話に出なかった。そこで、
「眼鏡屋さんに来たけど、ガンモの姿は見当たらないよ。その辺で買い物しとくから」
というメールをガンモの携帯電話に送り、周辺のお店を物色し始めた。買い物がてら、お店の反対側の入口に回ってみると、ようやくガンモがカウンターで店員さんと話をしているのが見えた。やはり、そのお店で正解だったのだ。

 周辺をぶらぶらし始めてしばらくすると、ガンモから電話が掛かって来た。開口一番に、
「いやあ」
とガンモは言う。
「どうした?」
と尋ねてみると、眼鏡屋さんはとても丁寧な上に、ガンモがかつて眼鏡を作ったお店の半額の値段で眼鏡を作ることができたという。しかし、お店の人の勧誘がとても上手なので、いつの間にか眼鏡を二セット買う羽目になってしまったという。ガンモは、近眼と老眼と乱視が入り交じっている眼鏡を注文したようだ。一つだけでは、十分な効果が得られないというようなことを店員さんに言われ、あれよあれよという間に、タイプの違う眼鏡を二セット購入することになったそうだ。

 ガンモは、このあたりのガードがひどく固いはずなのだが、そんな高いハードルをくぐり抜けて、ガンモに眼鏡を二つも買わせた店員さんはかなりのやり手だと思う。

 ちなみに、ガンモ曰く、
「店員さんは、みんな眼鏡を掛けていた」
そうだ。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 私自身もお店に入り、私の行動に対する店員さんのアクションが早かったので驚きましたが、実際に眼鏡を購入しようとしている人たちに対しても、積極的な行動を取られているようですね。価格も安いことから、かなり繁盛しているお店のようです。ガンモは、眼鏡を二つも購入する羽目になったというのに、この眼鏡屋さんがとても気に入ったようでした。

人気blogランキングには、もともとブログの書籍化を夢見て参加させていただきました。まだまだほど遠いですが、私の夢を応援してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« ホットヨガ(二九七回目) | トップページ | 映画『50/50 フィフティ・フィフティ』 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/55154265

この記事へのトラックバック一覧です: 商売熱心な眼鏡屋さん:

« ホットヨガ(二九七回目) | トップページ | 映画『50/50 フィフティ・フィフティ』 »