« 映画『家族の庭』 | トップページ | 神戸花鳥園で過ごす休日(3) »

2012.06.22

外国人が日本で驚くこと四十六個

映画『家族の庭』の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 梅雨の時期を楽しく過ごせるように、去年、少し短めのレインブーツを購入したのですが、足先が細くて少し窮屈に感じてしまいます。もっと足先のゆったりとしたレインブーツを作って欲しいところですね。

 携帯電話で購読しているニュースサイト発行のメルマガに、表題のような記事が紹介されていた。私自身も、海外に出掛けて行って驚くことが多々あるが、日本を訪れた外国人もまた、自国との違いに驚いているようだ。こんなことに驚かれているのかという驚きとともに、笑えることも多いので、私自身のコメントも交えながら、ここで皆さんとシェアさせていただきたいと思う。

外国人が日本で驚くこと四十六個

1.電車が時間通りに来る

(まるみコメント:これを指摘したのは、インド人だろうか。)

2.果物がおいしい(品種改良が盛ん)

3.セブンイレブンのパンがウマイ

4.タクシーのドアが自動ドア

5.落し物がかえってくる可能性が高い

6.クリスマスにケンタッキーを食べる

7.自販機の数が異常

(まるみコメント:海外に行ったときに、逆に驚く。日本では、ちょっと喉が渇けば、街のあらゆるところに設置された自動販売機で飲み物を購入して、喉の渇きをしのぐことができる。自動販売機の数が多いことが、日本の治安の良さを強調する材料にもなっているようだ。しかし、海外には日本ほど多くの自動販売機はない。自動販売機の代わりに、新聞なども扱う小さな売店がいくつもあり、人々はそこで飲み物を買っているようだ。)

8.お酒やタバコを始め様々な種類の自販機がある

9.ウォシュレットがある

(まるみコメント:確かに、映画『トイレット』にも、その驚きが表現されていた。)

10.水道水が飲める

(まるみコメント:海外では、ミネラルウォーターを買って飲んでいる人が圧倒的に多い。ヨーロッパの水道水は石灰分が多いが、飲めなくはない。)

11.お茶が甘くない

(まるみコメント:海外のスーパーで売られているお茶のペットボトルには、確かにお砂糖が入っていたように思う。)

12.レストランでタバコが吸える

13.スーパーに試食がある

(まるみコメント:確かに、海外のスーパーで、試食を担当するマネキンさんを見たことはない。)

14.高速道路が有料

15.ケーキ屋さんのケーキはケーキのレベルを超えたいわば芸術作品

16.首都高のクネクネ感は異常

17.ファミレスに「呼び出しボタン」がある

18.居酒屋にタッチパネル式のメニューがある

19.硬貨に穴があいている(5円玉.50円玉)

20.ティッシュが無料で配られている

21.100円ショップの充実度はスゴイ

(まるみコメント:イギリスにも1ポンドショップなるものがあった。ここも商品がかなり充実していた。)

22.日本人はやたらYahoo好き

23.レンタカーを借りるとナビがデフォルトで付いてくる

24.荷物で席取りしても持っていかれない

(まるみコメント:生まれて初めてヨーロッパに行ったときに、そのときはツアーで参加したのだが、添乗員さんに、「イタリアでは、床の上に荷物を置こうものなら、それはもう自分のものではないと覚悟してください」と言われた。)

25.ドリンクSのサイズが非常に小さい

(まるみコメント:逆に、日本人の感覚では、海外のMサイズが異常に大きく感じられるのではないだろうか。ハワイのマクドナルドで「ティー」を注文したところ、どういうわけかグリーンティーが出て来て、やたら大きな入れ物に入っていて、なかなか飲み切れなかった。おそらく、人生であんなにたくさんのグリーンティーを飲んだのは、あのときだけではないだろうか。)

26.電線がやたらと多い

27.電車を待つときに整列する

(まるみコメント:これを指摘したのは、中国人だろうか。)

28.温かい便座

29.映画のチケットの値段が高い

30.パチンコ屋があちこちに存在する

31.ラッピング技術がスゴイ

32.立体駐車場

33.高速道路のETC

34.足湯がある(足専用のお風呂がある)

35.女性専用車両がある

36.ラブホテルがある

37.タバコが安い

38.治安がいい。夜中でも街中を歩ける

(まるみコメント:オーストラリアでは、一箱千円くらいと聞いたことがある。そういう方法で、健康のために、庶民を喫煙から遠ざけようとしているらしい。)

39.和式トイレがある

(まるみコメント:いやいや、海外のトイレもなかなかのものである。トイレネタが好きな方は、この「ガンまる日記」の難しいトイレカテゴリをご覧あれ。)

40.キットカットの種類が異常に多い

41.エレベターガールが存在する

42.片手で簡単にあけられる「ディスペンパック」がある

43.カプセルホテルがある

44.福袋がある

45.ビジネスホテルの部屋が異常に狭い(セミダブルで2人は無理)

46.日本人の綺麗な女性と付き合っている外人がたいていカッコ悪い

 とまあ、こんな感じである。外国人から挙げられたこれらの項目に対し、日本人である私から付け加えておきたいこととしては、まず、海外に行くと、落書きがやたらと多い。例えば、電車の中や電車から見えるコンクリートなどにも様々な落書きがある。そういう視点から、日本の列車には落書きが少ないとか、コンクリートに落書きが少ないといった指摘も欲しかったように思う。

 とは言え、ここに挙げられたものは、日本独自の文化と言えるものなのかもしれない。私たちが普段、当たり前のように感じていることも、外国人に指摘されることによって、日本独特の文化だということを認識することができれば、ちょっぴりうれしくなるのではないだろうか。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m なかなか目当たらしい指摘がたくさんあって、私としてはとても楽しめました。エレベータガールは、日本特有の職業だったのですね。

人気blogランキングには、もともとブログの書籍化を夢見て参加させていただきました。まだまだほど遠いですが、私の夢を応援してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« 映画『家族の庭』 | トップページ | 神戸花鳥園で過ごす休日(3) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/55030149

この記事へのトラックバック一覧です: 外国人が日本で驚くこと四十六個:

« 映画『家族の庭』 | トップページ | 神戸花鳥園で過ごす休日(3) »