« 映画『キリマンジャロの雪』 | トップページ | 典型的なエストロゲン不足(後編) »

2012.06.25

典型的なエストロゲン不足(前編)

映画『キリマンジャロの雪』の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m この映画を鑑賞したときに、私は映画だけでなく、ありとあらゆるものに「きめの細かさ」というものが存在していると感じました。人にはそれぞれ自分が心地良いと思う「きめの細かさ」が存在していて、そこから外れると心地悪くなるのだと思いました。私にとっては、エンターテイメント性の高いアメリカ映画などは、「きめの細かさ」がとても粗く、鑑賞しても鑑賞しても、あとに残るものがありません。しかし、映画『キリマンジャロの雪』ののような「きめの細かさ」の繊細な作品は、鑑賞後、何ヶ月経ってもその感動が胸に残っていますね。

 六月二十三日土曜日は、I医師の診察を受けるために婦人科に足を運んだ。そのときのことについてご報告させていただく前に、現在の私の状況について綴っておこうと思う。

 リュープリンを終えてからは、一時的に小さくなっていた子宮筋腫が以前とほぼ同じ大きさまで戻り、リュープリンという選択がほんの一時しのぎに過ぎなかったことを物語っていた。

 リュープリン後の私の生理は、リュープリンを終えておよそ二ヶ月余りの四月半ば頃にやって来た。その後、五月の初めにリュープリン後の二回目の生理が始まったかと思うと、リュープリン後の三回目の生理は何と五月の終わりにやって来た。何と、りゅープリン後の三回目の生理は、わずか二十二日周期でやって来てしまったのである。その後、リュープリン後の四回目の生理はまだ来ていないので、どうやら、これまで安定して訪れていた生理が不順になってしまったと言えなくもない。

 それに加え、以前よりも更年期障害の症状が進んでしまっているとも言える。相変わらず上半身のほてりは強く、仕事中もひどく暑いので、二台のUSBファンをぶんぶん回しながら仕事をしている。それなのに、I医師から処方していただいた二ヶ月分の桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)の包みを丸ごとどこかで紛失してしまったのだ。確か、ゴールデンウィークにI医師の診察を受けたあと、そのままガンモにカングーで拾ってもらって四国へと向かったのだが、そのとき以来、桂枝茯苓丸の包みを見ていないのだ。どこかに埋もれてしまっている可能性はあるのだが、必死に探しても見付からず、ほてりが強いのに桂枝茯苓丸を服用できないという状況がしばらく続いた。

 ほてりの強い私には、二ヶ月分の桂枝茯苓丸を丸ごと紛失してしまったことが大きな痛手となった。このまま何も服用しないとほてりがどんどんひどくなる一方なので、私は楽天市場内を検索して、ほてりに効果のありそうな漢方薬を探した。保険調剤で手に入れることのできる桂枝茯苓丸を購入するのはちょっとシャクだったので、これまで服用したことのない【30包 10日分 お得!!】 温経湯 うんけいとう 30包(10日分) 漢方薬  第2類医薬品を注文してみた。

 届いてすぐに服用を始めたのだが、どうやらこの漢方薬は、漢方薬の分類で言うところの虚証の方向けの漢方薬だったようで、私のように虚証と実証の入り混じった中間証にはほとんど効果がなかった。やはり桂枝茯苓丸が私の身体には一番合っているのだと実感した。

 ほてりに加え、最近は肌のかゆみがひどくなって来た。夜になると、身体のあちらこちらがかゆくなるのである。肌のかゆみについてインターネットで調べてみたところ、やはり更年期を迎えると肌のかゆみが顕著になるようだ。エストロゲンの減少は体内の水分不足に繋がるようで、仕事中に目がすぐに乾いてしまうのも、喉が渇き易いのもエストロゲン不足から来ている症状と言えそうだ。

 ただ、肉体的にはこのような状況であり、リュープリンを終えたあと、子宮筋腫があっという間に元の大きさに戻ったことからすると、子宮筋腫がエストロゲン過多により形成されるという考えは正しくないように思う。実際、私には、ここには書けないことも含めて、エストロゲン不足を示すいくつかの症状が現れているというのに、私の子宮筋腫は小さくならずに未だに健在なのだから。子宮筋腫は、少量のエストロゲンにも反応するというのが正しい解釈だと思う。だから、天然のプロゲステロンをクリームで補ったとしても、子宮筋腫は小さくならなかったわけだ。

 とまあ、こんな状況の中、およそ二ヶ月振りにI医師の診察を受けたのである。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 夜を迎えたときの肌のかゆみには困っています。どこかがかゆくなると、まるでスイッチが入ったかのようにあちらこちらがかゆくなってしまいます。ひとまず、冬の乾燥肌対策のクリームを買って来てしのいでいます。もう、立派な更年期障害ですよね。(苦笑)

人気blogランキングには、もともとブログの書籍化を夢見て参加させていただきました。まだまだほど遠いですが、私の夢を応援してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« 映画『キリマンジャロの雪』 | トップページ | 典型的なエストロゲン不足(後編) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/55054242

この記事へのトラックバック一覧です: 典型的なエストロゲン不足(前編):

« 映画『キリマンジャロの雪』 | トップページ | 典型的なエストロゲン不足(後編) »