« 二〇一二年健康診断(3) | トップページ | ホットヨガ(二九一回目) »

2012.05.17

映画『スマグラー おまえの未来を運べ』

二〇一二年健康診断(3)の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 大気の状態が不安定になるとの予報でしたが、日中はそれほどお天気が崩れるということもなかったように思います。しかし、仕事帰りに自宅の最寄駅から自転車に乗っていると、急に雨が降り出してしまいました。私は普段からレインポンチョや傘を持ち歩いてはいるのですが、わざわざ自転車を停めてソフトキャリーバッグから取り出すのも面倒臭いので、そのまま自転車をこぎ続けて雨に濡れながら帰宅しました。全国で、落雷などの被害が出ていないことを祈ります。

 本作を鑑賞したのは、十月二十五日のことである。この手の作品は、普段はあまり積極的には鑑賞しないのだが、映画『悪人』で素晴らしい演技を見せてくれた妻夫木くんの活躍ぶりに期待しているので、鑑賞することにした。

 今回、妻夫木くんが演じているのは、役者志望ではあるものの、夢に破れ、今はフリーターの仕事をして生計を立てている砧である。しかし砧は、あるときパチスロのうまい儲け話に乗って大損をしてしまい、借金を抱えてしまう。そこで借金返済の手だてとして紹介されたのが、秘密の運送屋(スマグラー)の仕事である。スマグラーは、公にはできないものを運ぶために、高額な報酬を手にすることができるのだ。しかし、やがて砧は、ヤクザとチャイニーズマフィアの殺し屋との戦いに巻き込まれることになるのだった。

 まず、本作で注目したいのは、チャイニーズマフィアの二人組の殺し屋、背骨と内臓である。彼らは男性同士なのだが、見るからにツインソウルの組み合わせである。二人は常に一緒に行動しているのだが、互いに相手に依存せずに補い合っている。しかも、表面的には殺し合いもするほど激しい間柄なのだが、心の奥深い部分では相手を深く信頼し、愛し合っている。原作者がツインソウルの存在を知らずにここまで描き出すことができたのだとしたら、あっぱれである。

 彼らを見ていると、根っこの部分は同じなのに、途中で分かれた枝が時には激しく惹かれ合ったり、反発し合っているように見える。しかし、二人は決して喧嘩をしたいわけじゃない。本当は仲良くしたいのだ。特に、内臓は、別の男性にちょっかいを出したりもするのだが、その男性に対する想いは、背骨に対する深い想いとは明らかに異なっているのが良くわかる。表面的な行動と、魂の奥深くに秘めている感情は、まったく別物なのだ。

 そんな男性同士のツインソウルの激しい愛に触れながら、物語は騒がしくも進行して行く。そして本作には、特筆しておくべきことがもう一つある。それは、高嶋政宏くん演じるヤクザの河島が砧を徹底的に拷問するシーンだ。ほとんど狂気とも言えるそのシーンにおいて、河島は、砧をチャイニーズマフィアの殺し屋の背骨として拷問を始める。紙おむつのパンツをはいた河島は、まるで儀式のように次から次へと砧を拷問にかける。私は鑑賞後、しばらくこのあまりにも強烈な拷問シーンが目に焼き付いて離れなかった。

 実は砧は、スマグラーとして背骨を搬送している途中で、うっかり背骨を逃がしてしまい、自分が責任を取って身代わりになったのだ。砧にしてみれば、殺し屋の背骨を演じ切ることで、自分が本来なりたかった役者というものに命を賭けることになるのである。

 砧のスマグラー仲間には、永瀬正敏くん演じるジョーと我修院達也さん演じるジジイがいる。最初は新人の砧の働きぶりを認めまいとしてぎくしゃくしているスマグラー仲間も、いろいろな困難を乗り越えながら、次第に絆を深めて行く。

 いやはや、このような世界が本当にあるとは思いたくないが、私たちの想像できないような世界においても、仲間同士の絆が育まれていることが唯一の救いになるような作品だった。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m ここに描かれているのは、完全にダークな世界ですね。上映中、目を覆いたくなるようなシーンも多々あったように思います。それでも私は、この作品を高く評価したいですね。

人気blogランキングには、もともとブログの書籍化を夢見て参加させていただきました。まだまだほど遠いですが、私の夢を応援してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« 二〇一二年健康診断(3) | トップページ | ホットヨガ(二九一回目) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/54736978

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『スマグラー おまえの未来を運べ』:

« 二〇一二年健康診断(3) | トップページ | ホットヨガ(二九一回目) »