« 住宅ローン完済 | トップページ | ホットヨガ(二九二回目) »

2012.05.26

映画『カウボーイ&エイリアン』

住宅ローン完済の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 前日との気温差が十度くらいあり、暑い一日になりましたね。今からこんなにも暑いと、先が思いやられます。そんな中、神戸の中心地である三宮では、原発反対のデモが行われていました。

 本作を鑑賞したのは、映画『スマグラー おまえの未来を運べ』を鑑賞したのと同じ十月二十五日のことである。

 タイトルからして変わっている作品だと思った。西部劇の舞台になりそうな町にやたらと強い記憶喪失の男がやって来る。彼は公正な目で見て、その町を支配しているダラーハイド大佐の息子の暴力から町の人々を守ろうとする。町の権力者であるダラーハイド大佐にしてみれば、そんな男の態度が気に食わない。

 やがてその町にエイリアンが現れ、男は自分の腕にいつの間にかはめられていたという腕輪を使ってエイリアンと戦う。果たして、男の正体とその腕輪の謎とは・・・・・・?

 男を演じているのは、映画『ドラゴン・タトゥーの女』のダニエル・クレイグである。不思議なことに、まったく異なる作品だというのに、それぞれの作品の中から感じ取ることのできるダニエル・クレイグのエネルギーがほとんど同じである。彼はいつもこんな役柄なのだろうか。つまり、力はとても強いが寡黙であるということだ。

 ちょっと感動したのは、エイリアンという外敵と戦うために、これまで対立していた人たちが力を一つに合わせようとするという展開だ。男とダラーハイド大佐も力を合わせて戦う。これは、国家が戦争という方法でこれまでバラバラだった国を一つにまとめようとする姿に良く似ている。つまり、外敵が存在することにより、これまで対立していたはずの内側の関係が良くなるのだ。

 ただ、既に鑑賞し終えて数ヶ月経った今、私の中に本作から受け取った何かが残り続けているかと問われると、残っていないと答えるしかない。残念ながら、私にとって、心の中に何かを落として行ってくれるような作品ではなかったと言える。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 映画の中で描かれるエイリアンは、虫や爬虫類がベースになっているものが多いですね。本作に登場するエイリアンもそんな感じです。しかし、いろいろな方たちもコメントされているように、本作に登場するエイリアンは、どういうわけか弱いのです。そのため、エイリアンとの戦いを描きたかったのではなく、対立していた人たちが一致団結する姿を描きたかったのではないかと思いました。

人気blogランキングには、もともとブログの書籍化を夢見て参加させていただきました。まだまだほど遠いですが、私の夢を応援してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« 住宅ローン完済 | トップページ | ホットヨガ(二九二回目) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/54810578

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『カウボーイ&エイリアン』:

« 住宅ローン完済 | トップページ | ホットヨガ(二九二回目) »