« 映画『スマグラー おまえの未来を運べ』 | トップページ | 母の日のプレゼント »

2012.05.18

ホットヨガ(二九一回目)

映画『スマグラー おまえの未来を運べ』の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m たくさんの方たちから応援クリックを賜り、心より御礼申し上げます。今年も節電の夏になりそうな気配ですね。原子力発電には反対だけど、夏の暑さは勘弁して欲しいという方もいらっしゃるかもしれません。私も、ほてりが強いので、夏の暑さを考えると今から先が思いやられます。既にかなり暑いというのに、これ以上暑くなるのは気が重いですね。今年も節電の夏をどのように過ごすのか、それがこれからの課題です。

 五月十二日の健康診断のあと、私は十二時半から梅田店のスタジオで行われるリラックスコースのレッスンを予約していたというのに、レッスンの開始時間を勘違いしてしまっていた。三宮店でときどき受けているリラックスコースのレッスンが十四時半からなので、梅田店で行われるリラックスコースのレッスンも十四時半からだと思い込んでしまったのだ。

 朝食を取らずに健康診断を受けていた私がクリニックを出たのは十一時半くらいだった。そのため、少し遅めの朝食と少し早めの昼食を一緒にとろうと思い、いつものお気に入りの店でランチを食べたのだ。食事を終えた私は、レッスン開始までにはまだ時間があるので、「ガンまる日記」を更新しておこうと思った。しかし、何となくレッスンの開始時間が気になり、携帯電話からホットヨガの予約ページにアクセスしてみると、その日、予約しているはずのリラックスコースのレッスンが表示されていないのである。

 私は焦った。まさか・・・・・・? そして、慌てて「受講履歴」のページを開き、私のこれまでのレッスンの参加状況を確認してみた。すると、その日の十二時半からのリラックスコースのレッスンに参加していることになっているではないか! 私はここにいるというのに。

 そのときになって初めて、私は、梅田店でのリラックスコースのレッスンの開始時間は十二時半からだったということに気が付いた。時計を見ると、既に十二時四十三分だった。どうやら私は、十二時半からのリラックスコースのレッスンを予約したままレッスンにも参加せず、キャンセルもできなかったので、レッスンに参加していることになってしまったらしい。言い換えると、レッスンをすっぽかしてしまったわけで、一回分の回数券を消費してのキャンセル料が発生してしまったのだ。

 ああ、何ということだろう。このようなことは、二〇〇六年からホットヨガのレッスンに通い始めて六年間のうちに一度もなかったはずである。ついうっかりしていた。この時点で梅田店のスタジオに電話を掛ければ何とかなったのかもしれないが、レッスンの開始時間から十分を過ぎてしまっていたので、私は潔く諦めることにした。それにしても、ホットヨガのレッスンに参加するつもりでわざわざ梅田店のスタジオの近くで健康診断を受けたというのに、肝心のホットヨガのレッスンを受けずに帰るのも何だか悔しいではないか。せっかく、着替えや水を用意して来たというのに・・・・・・。そこで私は、引き続き携帯電話を操作して、このあと参加できそうなレッスンを探し出し、十四時からのビギナーコースのレッスンを予約したのである。

 そして私は、ビギナーコースのレッスンを受けるために梅田店を訪れた。受付に先週、南森町店のスタジオでお目に掛かったインストラクターがいらっしゃったので、十二時半からのリラックスコースのレッスンを予約していたが、レッスンの開始時間を勘違いしてキャンセル扱いになってしまったことを告げた。するとスタッフは、受付のパソコンからデータベースにアクセスして私のレッスン参加状況を確認してくださった。確かにキャンセル扱いになっているという。インストラクターによれば、一回分の回数券を消費するか、キャンセル料として千五百円を払うかどちらか選べるそうだ。私は、単純に考えて、千五百円を払ったほうが得だと思ったので、その場でキャンセル料として千五百円を支払った。私は五十回回数券を購入しているのだが、VIP会員かつ誕生月に回数券を購入しているので、割引率が高くなるのである。それで計算してみると、私の一回分のレッスン参加料は一七五五円だった。やはり、キャンセル料として千五百円を払ったほうが得である。

 キャンセル料の支払いの手続きを終えてロッカールームに向かおうと歩き始めると、スタジオから何と、三宮店のインストラクターが出て来られた。さきほどレッスンを終えて、スタジオの後片付けが終わったところらしい。私はごあいさつをさせていただくとともに、十二時半からのリラックスコースのレッスンを予約していたものの、レッスンの開始時間を間違えてしまい、キャンセル扱いになってしまったことを話した。すると、三宮店のインストラクターは、そのレッスンを担当していたのは自分だとおっしゃった。ああ、何ということだろう。もしもリラックスコースのレッスンに参加していたならば、きっと楽しいレッスンが展開されていたはずなのに。私は三宮店のインストラクターにレッスンをすっぽかしてしまったことを謝って、ロッカールームへと向かった。

 さて、ビギナーコースのレッスンに参加するのは久し振りのことである。レッスンの参加者は十六名で、男性会員はゼロだった。レッスンを担当してくださったインストラクターは、梅田店では初めてレッスンを担当してくださるインストラクターだった。やはり、ビギナーコースのレッスンを久し振りに受けてみると、初心に返ることができる。レッスンに参加されている方たちから初々しいエネルギーを受け取ることができるからかもしれない。

 しかし、私は、一連の英雄のポーズが苦手だと感じてしまった。以前から感じていたことではあるのだが、やはり下半身がグラグラして安定しないため、ポーズがうまく取れないのである。英雄のポーズに入ると、どれもサボりたくなってしまう。

 ちなみに、ビギナーコースのレッスンでは、スタジオの温度がそれほど高くないように感じられた。まだレッスンに慣れていない方が多いために、スタジオの温度は低めに設定されているのかもしれない。おかげで私は、レッスン中に一度もスタジオの外に出ることなく、最後までレッスンを受けることができたのだった。

 今回のことで得た教訓は、「レッスンの前にはレッスンの開始時間を確認しよう!」である。思い込みで行動すると、時には失敗もやらかしてしまうということだ。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m これまでレッスンに遅刻したことはあっても、すっぽかしてしまったという経験はなかったように思います。ですので、キャンセル料を支払ったのも初めてだと思います。(苦笑)まあ、これも次に同じ失敗を繰り返さないための良い経験でしょうか。ビギナーコースのレッスンには、初々しい方も参加されていたのですが、中にはベテランの方もいらっしゃいました。木のポーズを見ると、その方がどれくらいヨガの経験を積んでいるのかがわかりますね。

人気blogランキングには、もともとブログの書籍化を夢見て参加させていただきました。まだまだほど遠いですが、私の夢を応援してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« 映画『スマグラー おまえの未来を運べ』 | トップページ | 母の日のプレゼント »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/54744487

この記事へのトラックバック一覧です: ホットヨガ(二九一回目):

« 映画『スマグラー おまえの未来を運べ』 | トップページ | 母の日のプレゼント »