« 映画『幸せパズル』 | トップページ | 「何ができよんな」 »

2012.04.06

県会議員を後ろから睨み付ける

映画『幸せパズル』の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 桜はいつ満開になるのだろうと気に掛かっていましたが、どうやらこの週末に満開の地域もあるみたいですね。私の住んでいる地域では、まだ桜らしい桜は咲いていないと思い込んでいたのですが、予報では四月七日満開となっていました。えええ? 本当に? 自分でも信じられません。この週末に、お花見をされる方も多いかもしれませんが、外は寒そうなので、くれぐれも風邪を引いたりしないよう、お気を付けくださいね。

 ガンモの伯母が亡くなったという知らせを受けて、休暇を取り、香川県で行われた葬儀にガンモと二人で参列した。伯母は、今は亡き義母が病気で入院していた頃、同じく今は亡き義父のためにおかずを作って持って来てくれたりしているので、とてもお世話になっている。親族や友人、知人たちが見守る中、しめやかに葬儀が行われた。

 ところで、一年ほど前の義父の葬儀で感じたことを招かれざる客という記事に書かせていただいた。今回の葬儀において、私たちは喪主側ではなく、参列する側だったのだが、やはり親族ということで、視点はほぼ同じだった。おそらく、招かれざる客の記事に書かせていただいたのと同じ議員だったのではないかと思うのだが、今回の葬儀においても、ある県会議員の態度に我慢がならなかったので、ここに書かせていただこうと思う。

 その県会議員は、葬儀に遅れてやって来た。それでいて、彼のために一番いい席が用意されていた。県会議員や市会議員の席は、親族とは反対側の列の先頭に用意されているのだが、その県会議員の席は、用意された席の中でも最も中心寄りの席だった。遅れてやって来た県会議員は、滑り込むかのようにその席に座り、いかにも退屈そうな様子で祭壇を見上げていた。後姿であっても、身体の動きを見れば、退屈しているのが良くわかるものだ。

 しかも、その県会議員は、ほんの少し座っていたかと思うと、堂々と立ち上がり、いったん退席した。おそらく、トイレに立ったのだと思う。しばらくして戻って来ると、再び同じ席に腰を下ろした。

 私はかなり頭に来ていたので、その県会議員を後ろから睨み付けていた。更に県会議員は、葬儀の最中であろうとなかろうとおかまいなしに、隣に座っている議員仲間に話し掛け、しばらく何かを話し込んでいた。葬儀の最中に、一体何を話していたのだろうか。

 やがて、親族の近い人たちから順番にお焼香が始まった。私は、きっとあの県会議員は、自分のお焼香が終わるとさっさと退場してしまうだろうと予測していたのだが、やはりその通りだった。県会議員は自分のお焼香が終わると、議員仲間に声を掛けたあと(私には、他の議員仲間にも退場を促しているように見えた)、まるでノルマを達成したかのようにさっさと葬儀場から姿を消した。

 およそ一年前とほぼ同じ態度だったので、おそらくあの県会議員は、もう何年も同じことを繰り返しているのだろう。香川県の人たちは寛大なのか、良くもまあ、誰も何も言わないものだと思う。あんな態度で葬儀に参列されても、ありがたくも何ともないし、むしろ腹が立つばかりである。何故、あのような行為をいつまでも続けていられるのだろうと不思議に思えて仕方がなかった。

 義父の葬儀のときはガンモが喪主だったので、やはりガンモもキリキリしていたが、今回は参列者側だったためガンモも冷静だったのか、私のほうがキリキリしていると、ガンモは私を「しーっ」という態度で抑えた。

 感情を落とし込まない行為をいくら繰り返したとしても、おそらくその人の魂の経験には結び付かないだろう。葬儀場において、感情の温度差を生むだけだ。果たして、真っ先にこのことに気付くのは誰なのだろう。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 私は、表面的なことがとことん嫌いなのだと、このときにはっきりと感じました。ああ、思い出しただけでもムカムカします。(苦笑)厳粛な葬儀場では、参列者に温度差があってはいけないと思います。

人気blogランキングには、もともとブログの書籍化を夢見て参加させていただきました。まだまだほど遠いですが、私の夢を応援してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« 映画『幸せパズル』 | トップページ | 「何ができよんな」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/54411434

この記事へのトラックバック一覧です: 県会議員を後ろから睨み付ける:

« 映画『幸せパズル』 | トップページ | 「何ができよんな」 »