« 県会議員を後ろから睨み付ける | トップページ | 映画『ゴーストライター』 »

2012.04.07

「何ができよんな」

県会議員を後ろから睨み付けるの記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m たくさんの方たちから応援クリックを賜り、心より御礼申し上げます。ガンモの仕事が休みだったので、お花見に行こうかという話が持ち上がったのですが、ホットヨガのレッスンをキャンセルしなければならず、見送ることにしました。もう少し早く決断できていれば、キャンセル料の掛からない時間帯にキャンセルできたのに、残念なことをしました。

 ガンモの伯母の葬儀のときに、ガンモ一族の中で最も活発に動き回っている伯母と話をした。その伯母は、もう八十歳近いというのにとにかく多趣味で、今でも現役で自ら自家用車を運転し、図書館で本を借りて読んでは新しいことを吸収している。また、踊りを習い、老人ホームなどを訪問しては踊りを披露したり、お料理教室にも通っている。それでけではない。皇居などにも出向いて奉仕で掃除をしたり、全国あちらこちらの観音様をお参りしたりもしている。ガンモの従姉である娘さん曰く、伯母が自分の予定を書き込んでいるカレンダーは、予定でびっしり埋まっているのだそうだ。そんな活発な伯母からは、親戚の集まりで顔を合わせる度に、いろいろな話を聞かせてもらっている。

 どうしてそんなに元気でいられるのかと伯母に尋ねてみたところ、やはりそれなりに健康のことにも気遣っているそうだ。例えば整体に通ったり、外から帰ったときはうがいや手洗いを欠かさないという。整体に通っていても、単に受身ではなく、整体師さんから身体の原理を学ぼうとしている。また、自分の身体に合うサプリメントに出会うことができたので、毎日それを欠かさず飲んでいるのだそうだ。そして、お風呂に入っても、身体をマッサージしているうちに身体もほっこり温まるという。

 私はそんな伯母に、
「それだけいろいろなことをしていると、周りの人たちと価値観が合わなかったりしませんか?」
と尋ねてみた。私は、活発な伯母を自分自身と重ねてみたかったのかもしれない。すると伯母は、
「合わないんじゃないん(合わないんじゃないの)。自分が合わすん(自分が合わせるの)。だから、誰が隣に座っても怖くない」
と言った。これには目から鱗だった。伯母は、
「隣に誰が座っても、『何ができよんな(讃岐弁で、最近、どう?)』で会話を始めれば、どんな会話もそこから始まる」
と言った。いやはや、恐れ入った。伯母は、いろいろなことを吸収した結果、閉鎖的になるのではなく、自分が吸収したことを他の人たちとのコミュニケーションに活かしているのだった。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 自分がいろいろな世界を持ち過ぎて、他の人たちと話が合わないと嘆くのではなく、自ら吸収したことを他の人たちとのコミュニケーションの扉に変えて、しっかりと活用しているのですね。とにかく驚きました。伯母と話をしていると、「活性化」というキーワードが浮かびました。きっと伯母の中では、ありとあらゆる面において、「活性化」が実現されているのだと思います。

人気blogランキングには、もともとブログの書籍化を夢見て参加させていただきました。まだまだほど遠いですが、私の夢を応援してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« 県会議員を後ろから睨み付ける | トップページ | 映画『ゴーストライター』 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/54422151

この記事へのトラックバック一覧です: 「何ができよんな」:

« 県会議員を後ろから睨み付ける | トップページ | 映画『ゴーストライター』 »