« 映画『シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム』 | トップページ | ソフトキャリーケースの実態 »

2012.04.03

春の嵐

映画『シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム』の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m いやあ、爆弾低気圧の影響で、帰宅勧告が出た地域もあったみたいですね。皆さんのお住まいの地域ではいかがでしたでしょうか。今回のことを私なりに振り返ってみたいと思います。

 爆弾低気圧の影響で、日本列島は大荒れだった。仕事中に、台風のように外が荒れているのをオフィスの窓越しに見ていたのだが、帰宅する頃には、雨だけは止んでいた。しかし、依然として風は強く、ソフトキャリーケースを転がしながら歩いていると、後ろから風がぐんぐん押して来たり、反対に、前に進もうとしても強い抵抗力を感じてなかなか前に進むことのできない状況だった。普段からコンタクトレンズを愛用している私は、とにかく目だけは守ろうと、強風が運んで来るゴミが目の中に入らないように、薄目を開けて何とか歩いた。途中、こんな木が折れてしまうのかと驚くくらいの太さの木が折れて道端に転がっていた。

 職場の最寄駅から利用している地下鉄は何とか動いていただが、JR三ノ宮に着いてみると、改札口周辺にたくさんの人だかりができていた。地下鉄に乗車する前から、強風のためにJR神戸線が止まっているという情報は得ていたのでそれほど驚きはしなかったが、思っていたよりも深刻な状況にあるようだった。JR宝塚線沿線で強風のため(線路に?)木が倒れ込んでいることが運休の原因のようだ。

 とは言え、私の住んでいる地域では、JR神戸線が運休したとしても、振替輸送サービスを利用して別の路線に乗って何とか帰宅することができる。今回は、阪神電車は振替輸送サービスの対象にはなっていないとのことだったので、私は阪急電車を利用すべく、阪急電車の乗り場へと向かった。途中、この状況を知らせるためにガンモに電話したり、母に電話を掛けたりしたのだが、回線が混雑していたからなのか、電話が繋がりはするものの、途中で切れてしまったことが何度かあった。

 さて、阪急電車に乗って、自宅の最寄駅まで移動することにしたのだが、阪急電車の最寄駅に着いてからは、いつも利用しているJR線の駅まで自転車を取りに行かなければならなかった。関西地方の私鉄を利用したことのある方たちならば良くご存知だと思うのだが、JR神戸線、阪神電車、阪急電車と、列車が平行して走っていても、大きな駅以外は、同じような駅名であっても別々の場所に存在しているのだ。例えば御影(みかげ)駅は、阪神電車にも阪急電車にも存在しているのだが、両者は路線バスを利用して移動しなければならないほど離れている。JR神戸線の芦屋、阪神電車の芦屋、阪神電車の芦屋川(あしやがわ)や、JR神戸線の西宮、阪神電車の阪神西宮、阪急電車の西宮北口も同様である。すなわち、それぞれの路線が好き勝手に駅を作っているのである。

 阪急電車を利用するとき、特急列車を利用すればすぐに阪急電車の自宅の最寄駅に着くのだが、ひどく混んでいたので、私はホームに停車中の各駅停車に乗り込んだ。余裕で座ることができたのでラッキーである。そして、いつもとは違う雰囲気を楽しみながら、阪急電車の最寄駅に降り立った。残念ながら、職場を出るときは止んでいた雨も、東のほうまで移動して来たためか、再び雨が降り始めていた。

 実はそこは、私が普段、しばしば足を運んでいる大型映画館のあるところだった。レディースデイではないが、ポイント鑑賞できるくらいのポイントは貯まっているはずである。せっかくここまで来たのだから、映画を鑑賞して帰宅しようかとも思ったのだが、映画を鑑賞したあと、路線バスに乗ってJR線の最寄駅まで移動して自転車に乗って帰らなければならないことを考えると、鑑賞は見送ることにした。自転車がなければ、翌日の通勤に差し支えるためだ。

 一方、ガンモは阪神電車の沿線で仕事をしていたので、阪神電車を利用して、阪神電車の最寄駅に着いたようだった。しかし、ガンモのいる阪神電車の自宅の最寄駅と、私のいる阪急電車の自宅の最寄駅は、路線バスを乗り継がなければ移動することができず、どこかで一緒に晩御飯を食べて帰宅したいという希望がかなわなかった。そのため、それぞれの路線の最寄駅から路線バスを利用して、自宅に集合したのだった。いつもとは違う雰囲気を味わうことはできたものの、様々な選択肢があるために便利なようでいて、とても不便を感じた一日だった。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m まさしく春の嵐という感じの一日でしたね。まだこの低気圧を引きずっている地域もあるそうです。どうかお気を付けくださいね。

人気blogランキングには、もともとブログの書籍化を夢見て参加させていただきました。まだまだほど遠いですが、私の夢を応援してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« 映画『シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム』 | トップページ | ソフトキャリーケースの実態 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/54385456

この記事へのトラックバック一覧です: 春の嵐:

« 映画『シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム』 | トップページ | ソフトキャリーケースの実態 »