« 映画『SHAME -シェイム-』 | トップページ | リュープリンという選択(10) »

2012.03.19

ホットヨガ(二八五回目)

映画『SHAME -シェイム-』の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m ガンモが鳥取に出張中のため、四連休のうちの三日間で、合計六本の映画を鑑賞しました。六本鑑賞したと言っても、九百五十円の前売券を購入しておいた作品を鑑賞したり、シネマポイントカードの提示で一回千円で鑑賞できる映画館で鑑賞したり、貯まったシネマポイントカードを消費して無料で鑑賞したりしたので、ほとんどお金は掛かっていません。また、鑑賞した作品では、登場人物が私の好きなイギリス英語を語ることが多かったので、心地良さを感じることができました。

 三月十七日土曜日は、ホットヨガの梅田店で六十分の骨盤調整のレッスンを受けた。いつもよりも十分早く家を出ることができたため、レッスン開始の三十分前にはJR大阪駅に着いていた。私は、ソフトキャリーバッグをコロコロと余裕で転がしながら、梅田店のスタジオへと向かった。梅田店に着いたのは、レッスン開始の八分ほど前だった。いつもよりも十分も早く家を出た割には遅い到着だが、それでもいつもよりは三分ほど早い。私は着替えを済ませ、レッスンが行われるスタジオへと向かった。

 スタジオの扉を開けてみると、どうやらレッスンは始まったばかりのようで、ユーミンの声のインストラクターが参加者を優しい口調で導いていた。もう少し早ければ、レッスン開始のあいさつから参加することができたのにと思うと残念だったが、それでも私としては精一杯の時間である。

 レッスンの参加者は十五名で、そのうち男性会員はNさんと、かつて骨盤コースのレッスンでしばしばお見掛けしていた方の二名だけだった。

 まず、手始めとして、ユーミンの声のインストラクターに導かれ、手で足の裏を刺激した。私たちの足の裏は、内蔵の状態とリンクしているそうだ。土踏まずの内側と外側には、内蔵と関係するツボが集中しているらしい。身体に不具合を感じたら、不具合を感じている内臓に対応するツボを刺激してあげるといいそうだ。また、足の親指のあたりが私たちの頭に相当し、そこから身体全体が形成されているともおっしゃった。

 骨盤調整のレッスンでは、骨盤に関する知識のお土産がもたらされる。参加者は毎回、そのお土産を持ち帰ることになるのだ。今回のお土産は、くるぶしの位置を整えるというものだった。これは、これまでにも骨盤調整のレッスンで何度か行ったことのあるストレッチである。まず、両足を前に投げ出して座り、左右の足のくるぶしの位置を確認する。そして、片方の足を手前に引き寄せ、右手と左手を使ってトランプを切るときのような手つきで、曲げた足先を上と下から支えた状態で上下に引っ張り、くるぶしのあたりの詰まりを取る。そして、再び足を投げ出して、くるぶしの位置を観察する。くるぶしに詰まりがある場合、このストレッチでくるぶしが本来の位置に戻るらしい。私は、このストレッチを行っても、くるぶしの位置はそれほど変わらないので、普段から、足に詰まりがあるわけではないのかもしれない。

 今回も、お決まりのストレッチではなく、これまでとは少しずつ違うストレッチがレッスンに盛り込まれていた。ただ、骨盤コースのレッスンにもあったように、足を前後に開いて後ろ足を落とし込んで開脚するポーズは苦手である。エストロゲン不足から来ているのか、最近は関節が痛むため、身体をかばうようなポーズを取ってしまいがちなのである。それでも、レッスンが終わる頃にはたっぷりと汗をかくことができた。

 レッスン終了後、シャワーを浴びたあと、いつものように、受付で三宮店のスタッフとお話をさせていただき、A href="http://marumi.tea-nifty.com/gammaru/2012/03/post-1185.html">先日のレッスンのあと、店舗のエレベータが動いていたので下に降りて行ったものの、出入口が閉まっていたために出られなかったことを報告させていただいた。三宮店のスタッフによれば、どうやら店舗のエレベータを止める係の人によって、店舗のエレベータが止まる時間が違うらしかった。以前のように、きっかり二十一時になれば、店舗のエレベータがさっと止まってしまうほうが諦めがつくと三宮店のスタッフに言ってみたところ、
「では、そのように伝えておきますね」
と言ってくださった。

 靴を履いていると、今回のレッスンを担当してくださったインストラクターが普段着で歩いて来られた。おそらくレッスンのあと、シャワーを浴びたばかりなのだろう。ゲストのインストラクターなので、レッスンのあとは受付などの業務はないはずである。レッスンを終えると、帰宅されるのだろうか。

 インストラクターが、面白い文字入りのTシャツを着ていたので、じっくりと拝見させていただいた。日本語で文字が書かれたTシャツで、お子さんとお揃いなのだそうだ。ああ、こういうTシャツを着たくなる気持ちは私にも良くわかると思った。Tシャツは、個性を表現するための手段でもあるのだ。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m インストラクターは、レッスンが終わると、ワカメと味噌汁をとってくださいと語り掛けてくださいます。ワカメについては良くわかりませんが、整体師の古久澤先生も、腸の冷えを取るためには味噌汁がいいと薦めてくださっていますね。そうことからすると、骨盤調整のインストラクターは、整体師の先生のように、骨盤についてしっかりと学んだ方なのかもしれません。

人気blogランキングには、もともとブログの書籍化を夢見て参加させていただきました。まだまだほど遠いですが、私の夢を応援してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« 映画『SHAME -シェイム-』 | トップページ | リュープリンという選択(10) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/54267747

この記事へのトラックバック一覧です: ホットヨガ(二八五回目):

« 映画『SHAME -シェイム-』 | トップページ | リュープリンという選択(10) »