« ホットヨガ(二八三回目) | トップページ | 担当外の医師による説明(1) »

2012.03.12

映画『ハウスメイド』

ホットヨガ(二八三回目)の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m いったん暖かくなったのに、また寒さがぶり返していますね。街を歩いている人たちを見ると、寒くてもマフラーをしていない人たちが多く見受けられます。私は、首は冷やしたくないので、例え上半身が半袖であったとしても(今は寒いので、もちろん長袖を着ていますが)、首を暖かくしていればご機嫌です。(笑)

 本作を鑑賞したのは、九月七日のことである。予告編の雰囲気から、人間の心の奥底に潜むどす黒い感情が浮き彫りにされた作品だと思い、公開前からとても楽しみにしていた。主演のチョン・ドヨンは、映画『ハッピー・エンド』で大胆なラブシーンを披露していたのが印象的である。そのチョン・ドヨンが、今回はメイドとして働く上流階級の邸宅の主と情事を重ねながら、次第に究極的な感情を体験して行く。

 チョン・ドヨン演じるウニは、上流階級の邸宅でメイドとして働き始める。その邸宅には、双子を身ごもった妻がいる。ウニが雇われたのは、妊娠中の妻の世話をするとともに六歳になる娘ナミの面倒をみるためだ。しかし、ウニはやがて映画『イル・マーレ』のイ・ジョンジェ演じる邸宅の主フンと良からぬ関係になる。

 映画『イル・マーレ』では、純朴な青年といったイメージを抱かせてくれたイ・ジョンジェだったが、今回の役は邸宅の主ということで、少々強引である。しかし、もともとの資産家は彼ではなく、妻のようだ。そのため、彼自身、どこか肩身の狭い想いをしてもいるようだ。

 そんなフンは、メイドとしてやって来たウニに興味を持ち、肉体関係を結ぶようになる。しかし、やがて二人の情事を彼の妻が知るところとなり、運命の歯車が狂い始める。

 嫉妬は人を別人にしてしまう。これまで理性で保たれていた秩序をめちゃくちゃに狂わせてしまうのだ。夫とメイドの情事を知った妻とその母親の取る態度が、とにかく尋常ではない。その勢いにつられて、やがてウニも自らの感情をむき出しにして行く。そして、衝撃の結末を迎えるわけだ。

 ただ、良くわからないのが、ウニの先輩メイドであるビョンシクの取る行動ある。一言で言ってしまえば、彼女はコウモリのような存在だ。もともと彼女は、妻の母親に仕えていたからだろうか。一見、妻の味方であるようにも思えるのだが、時にはウニの味方であるようにも見受けられる。妻の味方であるときは、古株のメイドとしての役割を全うしようとし、ウニに優しくするときは、彼女自身の人間的な部分が引き出されているのかもしれない。

 究極的な感情を体験したあとには、恐ろしい静寂が待っている。何となく、これからも同じことが繰り返されて行くであろう予感を漂わせている。何故なら、究極的な感情を体験した割りには、その経験が、魂の奥深いところにまで行き届いていないような気がするからだ。

 冒頭の女性の飛び降り自殺のシーンは、別の解釈もあるようだが、その邸宅で働いていた若いメイドが身を投げたと考えられなくもない。そして、冒頭とラストでエンドレスの構成になっているのではないだろうか。

 究極的な感情が表現された作品であるにもかかわらず、本作の評価が低いのは、ひょっとすると、予告編と実際の作品の間にギャップを感じた人が多かったからかもしれない。かくいう私もギャップを感じてしまった一人である。また、女性の立場から見て、本作の登場人物の中に自分自身を投影させようとしても、誰も見つからないことも評価が低い原因の一つかもしれない。強いて挙げるならば、私はウニの親友に一票入れたいところだ。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 私にとってもっとも嫌悪する存在は、やはり邸宅の主であるフンですね。彼がメイドに手を出すということさえしなければ、このようなこと起こっていなかったはずなのにと思います。だからこそ、まるで何事もなかったかのように振る舞っているラストに怖さを感じる作品です。

人気blogランキングには、もともとブログの書籍化を夢見て参加させていただきました。まだまだほど遠いですが、私の夢を応援してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« ホットヨガ(二八三回目) | トップページ | 担当外の医師による説明(1) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/54209816

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『ハウスメイド』:

» イ・ジョンジェ 最新情報 - これ好き! KoreaFan [これ好き! KoreaFan]
イ・ジョンジェ の最新情報が一目でわかる!ニュース、ブログ、オークション、人気ランキング、画像、動画、テレビ番組、Twitterなど [続きを読む]

受信: 2012.03.14 04:30

« ホットヨガ(二八三回目) | トップページ | 担当外の医師による説明(1) »