« 映画『黄色い星の子供たち』 | トップページ | まるみ流しゃっくりの止め方 »

2012.02.03

パソコン通信時代のメールアドレス

映画『黄色い星の子供たち』の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 寒い日が続いていますね。靴底が擦り切れて、歩きにくくなってしまった古いムートンブーツをまとめて処分しました。靴底を見てみると、自分の歩き方の癖が見えて来ますね。姿勢のいい人は、靴底の減り具合も均等なのでしょうか。

 私がメインで使用しているメールアドレスは、一九九四年にパソコン通信を始めた頃に取得したパソコン通信ID(アルファベットの大文字+数字)@ドメイン名のメールアドレスである。思えば、このメールアドレスとの付き合いも、かれこれ十八年にもなる。当時、パソコン通信を活用していた多くの人たちも、インターネットの海へと流れ出すとともに、パソコン通信時代のメールアドレスはきれいさっぱり捨て去り、新たなメールアドレスを取得されているのではないかと思う。しかし、私は、このパソコン通信時代からのメールアドレスで既にいろいろなサービスに登録してしまっていたことや、このメールアドレスを使って古くから交流している友人たちもいるため、今でもパソコン通信時代のメールアドレスを愛用し続けている。

 ところが、最近になって、アルファベットの大文字+数字というパソコン通信時代のメールアドレスを使い続けていると、一部のサービスでは不具合が発生することがわかって来た。今回は、そのことについて触れてみようと思う。発生する不具合は、メールアドレスに含まれるアルファベットの大文字が、勝手に小文字に変換されてしまうことと関係しているように思う。

 例えば、私の携帯電話はスマートフォンではなく、今でもdocomoのiモード端末を使用しているのだが、iモードからアクセスできるパソコンメールのWebメールサイトからは、自分のメールアドレスが勝手にアルファベットの小文字+数字に変換されてしまう。こうした大文字、小文字の変換は、私自身がメールを受信する上ではまったく差し支えないことなのだが(大文字アドレスでも小文字アドレスでも問題なくメールは届く)、メールを送信するときには問題が発生しやすい。

 というのも、私は携帯電話をメインに使用している何人かの友人たちと交流をするのに、自分の携帯電話のアドレスではなく、パソコンのメールアドレスを指定している。今はフルキーボード付き携帯電話を愛用するようになったために、メールの文章を打ちにくいというようなことはほとんどないのだが、かつて使用していた携帯電話では長いメールを打つことにストレスを感じていたために、友人たちにお願いして、パソコンのメールアドレスにメールを送ってもらっていたのだ。

 通常、パソコンに届いたメールを携帯電話からリアルタイムに読むことは難しいのだが(届いたメールを、こちらからわざわざ取りに行く必要があるため)、私の場合、メインで使用しているメールアドレスに届いたメールはすべてGmailのアカウントにコピー転送し、Gmailの設定画面からフィルタの条件を追加して、リアルタイムで読みたいメールだけを自分の携帯電話のアドレスに更にコピー転送することで、それが可能になっている。

 メールを受信するときはそれでいいのだが、携帯電話から、メインで使用しているメールアドレスを使ってメールを発信するときは、iモードからアクセスできるパソコンメールのWebメールサイトを使用しなければならない。ここで設定されている自分のメールアドレスが、有無を言わさずアルファベットの小文字+数字に変換されてしまっているため、一部の携帯電話ユーザには私の発信したメールが届かないという現象が発生したことが何度かあるのだ(vodafone、softbankユーザに多い)。

 携帯電話のWebメールサイトから送信したメールが届かなかったという友人に確認してみると、宛先指定受信などの設定は行っていないようなので、私が送信したメールが相手の携帯電話に届かなかった理由は良くわからない。しかし、毎回、届かないのは困るので、メールが届かなかったという友人たちには、私のアルファベットの小文字+数字のメールアドレスを携帯電話に登録してもらうようにしたところ、メールが届くようになった。良くわからないが、相手側の携帯電話の電話帳に私の大文字+数字のメールアドレスの登録があるため、同じアドレスだが小文字+英数字のメールアドレスからのメールを受信してしまうとやっかいなことになってしまうと判断され、メールを受信できなかったのかもしれない。

 また、会員制サイトでユーザ名にメールアドレスを指定する際にも不具合が発生している。あるとき、登録している会員制サイトに自分のメールアドレスとパスワードを入力してもログインできなくなってしまったので、「パスワードを忘れた方はこちら」というリンクをクリックして、パスワードの再設定を行った。しかし、パスワードの再設定を行うためのURLの案内や、新しいパスワードが設定されたことを知らせるメールは届くのに、新たに設定したパスワードを指定してログインしようとしても、やはりそのサイトにログインできないという問題が発生してしまった。実は、現在もその状況が改善されず、その原因を調べてもらっているところなのだが、私としては、メールアドレスに含まれるアルファベットの大文字+数字が内部的にアルファベットの小文字+数字に勝手に変換され、内部で登録メールアドレスの不整合が起こってしまっているのではないかと推測している。しかし、私がしきりにそのことをサポートの担当者に主張しても、感触としては相手にあまりうまく伝わっていないように思えるのがとても残念なところである。

 もしも皆さんの周りにも、私と同じようにパソコン通信時代からのメールアドレスを使い続けている方がいらっしゃるようであれば、もしかすると私と同じような問題で悩んでいらっしゃる可能性もあるので、ご参考になれば幸いである。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m メールアドレスに、自分の名前など、覚え易い文字を使用していらっしゃる方も多いですよね。そんなメールアドレスにちょっぴり憧れますが、仮にパソコン通信時代から使用しているメールアドレスに自分の本名を含ませることができていたとしても、女性は結婚すると苗字も変わりますもんね。それを思えば、パソコン通信時代から愛着のあるメールアドレスでもいいかなと思います。とにかく、歴史を感じるメールアドレスからね。(笑)

人気blogランキングには、もともとブログの書籍化を夢見て参加させていただきました。まだまだほど遠いですが、私の夢を応援してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« 映画『黄色い星の子供たち』 | トップページ | まるみ流しゃっくりの止め方 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/53898268

この記事へのトラックバック一覧です: パソコン通信時代のメールアドレス:

« 映画『黄色い星の子供たち』 | トップページ | まるみ流しゃっくりの止め方 »