« 映画『おじいさんと草原の小学校』 | トップページ | ボタンを掛け違えたままの一日 »

2012.02.21

ホットヨガ(二八一回目)

映画『おじいさんと草原の小学校』の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 仕事帰りに、いつも利用している交差点近くに救急車が二台も待機しているのを見掛けました。良く見ると、その交差点で車二台の接触事故があったばかりらしく、たくさんの警察官が集まって作業をしていました。車はかなり壊れていましたが、救急車が発車しないことからすると、それほど緊急を要する怪我ではなかったのかもしれません。いつも利用している交差点でこのような事故を見ると、日常と非日常が一瞬のうちに切り替わってしまうことを痛感せずにはいられませんね。

 二月十八日土曜日は、ホットヨガの梅田店のスタジオで、六十分のフリースタイル骨盤調整のレッスンを受けた。今回は、いつもよりも一本早い電車に乗ることができたので、久し振りに梅田店のスタジオまで歩いて行った。

 しかし、梅田店のスタジオの近くまで来てみると、何やらざわついた雰囲気が感じられた。もともと人の多い梅田周辺だが、どうやら梅田店のスタジオの近くにある梅田芸術劇場で、何かの公演が行われるらしかった。「Sexy Zoneのチケットを譲ってください」と書かれた紙を持って立っている女性たちが何人もいる。「Sexy Zone? 何だ、それ?」と、テレビを見ないおばさんの私は思った。あとから知ったことだが、男性アイドルグループのようだ。

 私が梅田店のスタジオを目指してずんずん歩いていると、明らかにダフ屋と思われる男性に、
「チケット余ってない? 余ってたら買うよ」
と声を掛けられた。チケットを譲って欲しいと願う女性たちがたくさん立っていたことからすると、もしもチケットがダフ屋の手に渡ってしまったならば、高価な値段で売られてしまうに違いない。

 若い女性たちで混雑した道路を歩きながら、梅田店のスタジオに着いたのは、レッスン開始の五分前だった。

 着替えを済ませてレッスンの行われるスタジオに入ってみると、レッスンの参加者は十二名だった。そのうち男性会員は一人だけで、しばしば骨盤コースのレッスンに参加されていた方だった。やはり時間帯のせいだろう。これまで午前中に行われていた骨盤コースの参加者よりもかなり少ない。

 レッスンを担当してくださったのは、最初にこのフリースタイル骨盤調整のレッスンを担当してくださったインストラクターである。今回、気付いたのだが、インストラクターは、ユーミン(松任谷由実さん)と声が似ていると思った。

 インストラクターからは、身体の原理について教わった。右肩に荷物をかけると、右肩が上がり、左脇腹が縮むそうだ。そのため、普段から右肩に荷物を持つ癖がある人は、左脇腹を伸ばしてあげることで、左右のバランスが整って来るそうだ。

 また、右手の親指を怪我すると、身体がバランスを保とうとして左肩が上がり、その結果、左側の骨盤も上がるという。このように、身体は常にバランスを保つために動くため、片方の調子がおかしくなると、もう片方に負担が掛かって来るようだ。

 レッスン後にシャワーを浴びて受付に行くと、何と、三宮店で良くお話をさせていただいているインストラクターが受付にいらっしゃるではないか。午前中に行われていた九十分のベーシックコースのレッスンを担当されたそうだ。梅田店のスタジオに入るのは、もう何年か振りだとおっしゃっていた。

 インストラクターは、これまでロッカールームには入ったことがなかったらしい。私が、
「梅田店のロッカールームは迷いますよね」
と言うと、激しく同意してくださった。梅田店のロッカールームは複雑な構造をしているので、初めて訪れた人は必ずと言っていいほど迷子になるのだ。

 私は、いつも三宮店で行われている夕方の骨盤コースのレッスンを予約するものの、レッスンの直前になると毎回キャンセルしている。三宮店のインストラクターは、そのこともちゃんとご存じだった。というのも、そのインストラクターがその時間のレッスンを担当されているので、参加者をしばしばチェックされているからだそうだ。そんな状況で、私はここのところ三宮店にはすっかりご無沙汰してしまっているため、梅田店で三宮店のインストラクターとお会いすることができて良かったと思う。

 ところで、今回、ムートンブーツは入口に脱いだままにせずに、片方ずつ分けて、二枚のシューズ袋に入れてロッカーに持ち込んだ。私がムートンブーツをシューズ袋から取り出して帰り支度を整えていると、さきほどのレッスンを担当してくださったユーミンインストラクターが声を掛けてくださった。
「足は大丈夫ですか?」
と言われたので、インストラクターからすると、私が足をかばっているように見えてしまったのかもしれない。私は、筋腫が大きいことをインストラクターに話そうかどうしようかと思ったが、話が重くなってしまうことがためらわれたので、
「前屈がなかなかできないんです
とだけ言った。すると、インストラクターは、
「背中の後ろのほうの筋肉を動かして、身体を前に倒して五秒保つと違って来ますよ」
とアドバイスしてくださった。そして、
「一緒に頑張って行きましょう」
とも言ってくださった。有り難いことである。

 梅田店のスタジオを出たあと、すぐ近くにある梅田ロフトの周辺を歩いていると、楽屋口らしきところで誰かの出待ちをしている人たちがいた。良く見ると、私がいつも足を運んでいるミニシアター系映画館のスタッフもいらっしゃる。なるほど、映画の公開初日で舞台挨拶があって、有名人をお見送りしようとしているのだろうと想像が付いた。

 しばらく様子をうかがっていると、すぐにその有名人が出て来られた。誰なのかは良くわからなかったが、女性だった。あとで調べてみると、舞台挨拶に来られていたのは、黒木瞳さん、木村多江さん、山崎静代さん、真矢みきさんだったらしい。果たして、私が見掛けた女優さんは誰だったのだろう。Sexy Zoneと言い、ミニシアター系映画館の楽屋口で見掛けた女優さんと言い、何だか盛りだくさんな一日だった。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m Sexy Zoneとやらのコンサートが行われていたからでしょうか。レッスンのあと、いつものようにお気に入りの場所で遅めの昼食をとったのですが、これまでにないほど混雑していました。女性のパワーは凄いですね。(苦笑)

人気blogランキングには、もともとブログの書籍化を夢見て参加させていただきました。まだまだほど遠いですが、私の夢を応援してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« 映画『おじいさんと草原の小学校』 | トップページ | ボタンを掛け違えたままの一日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/54044778

この記事へのトラックバック一覧です: ホットヨガ(二八一回目):

« 映画『おじいさんと草原の小学校』 | トップページ | ボタンを掛け違えたままの一日 »