« ホットヨガ(二七七回目) | トップページ | 映画『ヒミズ』 »

2012.01.23

私は何故、今の職業を選んだか?

ホットヨガ(二七七回目)の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m たくさんの方たちから応援クリックを賜り、心より御礼申し上げます。久し振りに「地震が発生しました」というタイトルのメールが届き、驚きました。びくびくしながら開封してみると、福島県で震度五弱の地震が発生したと書かれていました。該当地域にお住まいの皆さん、お怪我はありませんでしたでしょうか。余震が続いていた頃は、まだまだ地震に対する心構えもあったかと思うのですが、ここのところ、比較的大きな地震は発生していなかったかと思いますので、驚きや不安、そして恐怖心も大きかったことと思います。今や日本全国の人たちが地震に備えるべき時代がやって来ました。もしものときに冷静に行動できるように、普段から準備しておきたいものですね。

 職場では、私と同業者であるソフトウェアエンジニアの皆さんが書かれているブログをiGoogleに登録して仕事の合間に読んでいる。その中の一つに、ひでみさんの書かれているプログラマで、生きているというブログがある。ひでみさんのブログは、以前からずっと拝読しているのだが、はっきり言って骨のあるブログだ。私がひでみさんのブログを特に気に入っているのは、毎回、良く練られた文章を書かれているからである。ひでみさんの書かれる文章は比較的長いのだが、誤字や脱字がない。おそらく、一度記事を書き上げてから何度も何度も推敲を重ねられているのだろう。また、私の苦手な顔文字や絵文字もない。だからだろうか。私の中には、ひでみさんの書かれる文章が頭の中にすっと入って来るのだ。

 そんなひでみさんが、先日、自分の稼ぎで食っているという記事を書かれた。この記事の中には、私と同い年のひでみさんが、何故、現在の職業を選択したかということについて、ご自身の健康状態を背景に赤裸々に綴られている。私はこの記事を拝読して、強く心を打たれた。そして、思ったのだ。では、私自身は何故、現在の仕事を選択したのだろうと・・・・・・。

 小学校の教科書に載っている脚本をみんなの前で読んだときに、先生が誉めてくださったのをいいことに、私は大人になったら女優さんになりたいと思っていた。しかし、自分で脚本を書いたり、高校時代に演劇部に所属したりはしたものの、結局、本格的に女優を目指すことはなかった。

 その一方で、子供の頃は刑事ドラマにも憧れ、自分で警察手帳を作り、大人になったら女刑事になろうとも思っていた。子供向けの推理小説も読みあさっていたので、女刑事になるよりは女探偵のほうがいいかもしれないなどとも思っていた。探偵になって、警察も解決できないような難事件を解決したいと思ったのだ。しかし、実際の探偵の仕事は、浮気調査などが主であるということを知り、夢破れてしまった。

 そんな私がソフトウェア業界を目指したのは、ひとえにテレビゲームが好きだったことに起因する。しかし、私が就職活動をしていた頃、ゲーム業界はまだ週休二日制ではなかったので、もし同じような仕事をするならばと、業務アプリを開発する会社に就職したのだった。

 ひでみさんも書かれているように、コンピュータ業界はまだまだ若い業界だったので、仕事で頭を酷使することからも、当時は「三十五歳定年説」なるものがささやかれていた。すなわち、三十五歳になれば、プログラムを作成する能力が衰えてしまうので、やがて退職することになるだろうということだ。

 しかし、いつの間にか、予想された定年を十年以上も上回ってしまった。そんな今でも、私自身、やりたいことが他にないと言えば嘘になる。それでも私がこの業界で働き続けているのは、やはりひでみさんが書かれているように、手に職を付けたからなのかもしれない。あまりもの忙しさに辞めようと何度も思い、結婚してしばらくしてからは、実際に仕事を辞めて一年ほど自宅で過ごしていたりもしたのだが、派遣会社の営業担当からの熱心なアプローチを受けて仕事に復帰し、現在に至る。

 仕事に関しては、いろいろ書きたいことがもやもやと渦巻いているので、この続きはまた別の機会に書かせていただくことにしよう。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 時々、今とはまったく違う職業に就いていたら、果たしてどんな人生になっていたのだろうと考えることはありますね。でも、仕事に関しては、どこか割り切りがあるように思えます。スピリチュアルな世界においては、自分の好きなことを仕事にしなさいと言われていますが、仕事でお金を受けとるのだとしたら、そこに必ず誰かの利益を追求するための、本来、自分のやりたいことを実現するという純粋な意志とは違うものが働いてしまうように思えるのです。それならば、どんな仕事をしても同じではないかと、思ってしまうのですね。

人気blogランキングには、もともとブログの書籍化を夢見て参加させていただきました。まだまだほど遠いですが、私の夢を応援してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« ホットヨガ(二七七回目) | トップページ | 映画『ヒミズ』 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/53810372

この記事へのトラックバック一覧です: 私は何故、今の職業を選んだか?:

« ホットヨガ(二七七回目) | トップページ | 映画『ヒミズ』 »