« ホットヨガ(二七一回目) | トップページ | 文字コードとバイナリエディタで愛の告白 »

2011.12.19

電話してもらえませんか?

ホットヨガ(二七一回目)の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m たくさんの方たちから応援クリックを賜り、心より御礼申し上げます。北朝鮮の金正日総書記が亡くなられたそうですね。十七日の朝に亡くなられているというのに、二日も経ってから公式発表されるとは、いかにも北朝鮮らしいですね。これからの北朝鮮は、どう変わって行くのでしょうか。

 ホットヨガのレッスンの帰りに、いや、正確には、ホットヨガのレッスンのあと、映画を鑑賞した帰りに、男性から声を掛けられた。一体何ごとだろうと思いながら、振り返ってみると、四十代後半くらいの見知らぬ男性だった。男性は、目が赤く充血していて、心に深い悲しみを抱えているようにも見えた。

 ひょっとすると、「お金を貸してください」などと言われるのだろうかと思いながら、男性が次に何を言い出すのか耳を傾けていると、男性は懇願するような表情を浮かべ、
「電話を掛けて、嫁さんと子供の居場所を聞き出してもらえませんか?」
と私に言った。あまりにも突拍子な言葉に、私が、
「へっ?」
と声を挙げると、男性は、奥さんと子供が出て行ってしまい、居場所がわからないので、居場所を知っている奥さんの姉のところ(だったと思う)に電話を掛けて、居場所を聞き出して欲しいと補足した。

 私は、「これは、やっかいな問題に巻き込まれてしまいそうだ」と予感した。しかし、辛そうな男性の表情を見ると、無視することもできず、そのときに気になったことを口にしてみた。

 まず、彼の奥さんと同じ女性として、女性が子供を連れて家を出て行くには、それなりの理由があるのではないかと想像した。更に、彼の奥さんが子供を置いて出て行ったのではなく、子供を一緒に連れて出て行ったのだから、彼の奥さんに好きな男性ができたという奥さんの都合ではなく、私に声を掛けて来たその男性から避難するように逃げ出してしまったのではないかと推測された。そこで私は男性に、
「奥さんが家を出て行くには、それなりの理由があったんじゃないんですか? それを改めましたか?」
と言ってみた。それに対し、男性は、もごもごと口ごもったが、
「嫁さんのことはもういいんです。子供に会いたいだけなんです。電話してもらえませんか?」
と繰り返した。

 その言葉を聞いたとき、「夫婦って、そういうもんじゃないだろう」と説教したくなったのだが、私はまるでスイッチが入ったように男性を振り切り、
「いえ、お断りします」
と言って、遅い足でずんずん歩いたのだった。男性は、それ以上、ついては来なかった。

 この男性は、何故、奥さんが子供を連れて出て行ってしまったのかを、じっくりと考えた上で状況を受け入れる必要があるように思う。それを受け入れずに、子供に会いたいという自らの主張ばかりを通そうとするのならば、おそらく私以外の通行人にも拒絶されてしまうのではないだろうか。決してその男性が日本のお父さんの代表選手ではないとは思うのだが、「世の中の男性諸君、しっかりしろよ」と思ってしまったのは言うまでもない。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 彼はあのようにして、梅田の街角に立ち、いろいろな女性たちに声を掛けて来たのでしょうね。おそらく女性のほうが、奥さんの友達だと説明し易いからなのでしょう。しかし、仮に電話を掛けたとしても、それでは根本解決にならないように思います。むしろ、電話を掛けて相手を騙してしまうほうが、良好な関係からは遠ざかってしまうような気がしますね。

人気blogランキングには、もともとブログの書籍化を夢見て参加させていただきました。まだまだほど遠いですが、私の夢を応援してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« ホットヨガ(二七一回目) | トップページ | 文字コードとバイナリエディタで愛の告白 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/53525568

この記事へのトラックバック一覧です: 電話してもらえませんか?:

« ホットヨガ(二七一回目) | トップページ | 文字コードとバイナリエディタで愛の告白 »