« 映画『あぜ道のダンディ』 | トップページ | 二〇一一年ライブ納め »

2011.12.31

ホットヨガ(二七四回目)

映画『あぜ道のダンディ』の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 二〇一一年も大変お世話になり、ありがとうございました。毎日のように「ガンまる日記」を隅々まで読んでくださっている方たちに支えられながら、記事を書き続けることができました。新年のごあいさつはご遠慮させていただきますが、来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 I医師の診察のあとは、少し早めの昼食をとると、三宮店のスタジオに向かい、先週に引き続き、七十五分のホットバレエストレッチのレッスンを受けた。レッスンバッグの中に四本も貯まってしまったヒアルロン酸ドリンクは、さすがに重いので自宅に置いて来た。

 先週の参加者はわずか九名だったというのに、今回は何と二十名もの方たちがレッスンに参加されていた。やはり、年末年始の休暇に入り、普段は参加できない平日のレッスンに参加してみようと思われた方が多かったのかもしれない。特に、ホットバレエストレッチのレッスンは、週に一度のこの時間帯にしか行われていないので、私のように、平日に仕事をしている人たちは、レッスンに参加することができないのである。ちなみに今回も、サウナスーツの女性が参加されていた。そう言えば、サウナスーツの女性には、少し前に梅田店のスタジオでもお目に掛かっていた。

 レッスンを担当してくださったのは、先週と同じインストラクターである。先週とまったく同じレッスンなのかと思いきや、内容がずいぶん異なっていた。最も異なっていたのは後半の立ちポーズで、足をリズミカルに踏み出しながら、後退したり前に進んだりするレッスンを行った。このときインストラクターは、足と足の指を別々に開くことができれば、足の冷えを改善できるとおっしゃった。やはり、私の思っていた通りである。私の足が固まって動かないのも、冷えと関係していたようだ。

 今回も、ターンがなかったので幸いだったが、ふと思ったのは、男性会員もいらっしゃる梅田店でもホットバレエストレッチのレッスンは行われているのだろうかということだった。というのも、ホットバレエストレッチのレッスンを受けてみた感じでは、この動きはどう見ても女性らしい動きであるように思えてしまったからだ。そこで、梅田店のレッスンスケジュールを確認してみたところ、レッスンメニューにはホットバレエストレッチが挙げられているものの、実際のレッスンスケジュールには組み込まれていなかった。ということは、やはり、ホットバレエストレッチのレッスンは女性会員向けなのかもしれない。いや、バレエを踊る男性はたくさんいらっしゃるとは思うのだが、男性には男性向きの踊りが用意されているのではないだろうか。

 レッスンを終えてシャワーを浴びたあと、受付にロッカーの鍵を返しに行ったのだが、梅田店でいただいているような宝くじをくださらなかった。そう言えば、先週もこの宝くじをいただいていない。この時期にレッスンを受けるともらえる宝くじは、会員カードと一緒に受け取ると、かばんの中にしまうのがやや面倒ではあるものの、私の中では年末の楽しみの一つとなっていた。宝くじについて書かれたポスターには、「なくなり次第、終了します」というようなことが書かれているので、もしかすると、三宮店での配布は既に終了してしまったのかもしれない。ちょっとがっかりである。

 受付で対応してくださった礼儀正しいスタッフが、三宮店の年末年始のレッスンスケジュールについて案内してくださったので、今後の三宮店でのレッスンについては、また考えてからインターネットで予約を入れますと答え、三宮店をあとにしたのだった。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m これでまたしばらくは、ホットバレエストレッチのレッスンを受けることができなくなってしまました。この次にレッスンを受けられるのはいつのことでしょうか。(苦笑)ちなみにホットバレエストレッチのレッスンは、あくまでバレエストレッチであり、ヨガのレッスンではないようです。

人気blogランキングには、もともとブログの書籍化を夢見て参加させていただきました。まだまだほど遠いですが、私の夢を応援してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« 映画『あぜ道のダンディ』 | トップページ | 二〇一一年ライブ納め »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/53626483

この記事へのトラックバック一覧です: ホットヨガ(二七四回目):

« 映画『あぜ道のダンディ』 | トップページ | 二〇一一年ライブ納め »