« スプレキュアという選択(1) | トップページ | 映画『これでいいのだ!! 映画★赤塚不二夫』 »

2011.11.12

ホットヨガ(二六五回目)

スプレキュアという選択(1)の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m たくさんの方たちから応援クリックを賜り、心より御礼申し上げます。栃木県内にあるヤマト運輸の二つの支店で、配達されないメール便が焼却、裁断処分されていたそうですね。同様の出来事は、これまでにも起こっていたような気がするのですが、今回は、人手不足で配達し切れないというのが原因のようです。確かにメール便での発送は格安なので、私もインターネットでちょっとした買い物をするときに、購入先でメール便を扱ってくださるととてもありがたいのですが、このようなことがあるとやはり不安ですよね。人手不足が原因と言われていますが、実際は、格安の料金で配達を請け負ったとしても、コストが掛かりすぎてしまっているのかもしれませんね。

 十月二十九日土曜日は、梅田店のスタジオで六十分の骨盤コースのレッスンを受けた。

 九時半過ぎに家を出たというのに、梅田店のスタジオに着いたのは、レッスンが始まる十時半だった。高濃度水素水を購入してからロッカールームに入ろうと思っていたものの、レッスンバッグの中を一生懸命まさぐっても空の五百ミリリットルのペットボトルが見当たらなかった。どうやら自宅に置き忘れてしまったようだ。仕方がないので、私は持参した還元水素水だけを持ってレッスンに臨んだ。

 レッスンの参加者は二十名で、そのうち男性会員は二名だった。一人はいつもお見掛けする方で、もう一人はあまり骨盤コースのレッスンには慣れていらっしゃらない方のようだった。とは言え、緑のフェイスタオルを使ってはいなかったので、トライアルレッスン中の方ではなさそうだ。

 レッスンを担当してくださったのは、梅田店では初めてレッスンを担当してくださるインストラクターだった。導き方がとても上手なインストラクターだったので、私はレッスンに引き込まれ、途中で外に出て涼むことなく、最後までスタジオの中でレッスンを受けることができた。とても丁寧なレッスンだったからか、レッスン終了時間が予定よりも数分押してしまったのだが、全体的にとても気持ちのいいレッスンだった。

 着替えを済ませてロッカーの鍵を受付に返しに行くと、一週間以内にレッスンを受けているということで、ヒアルロン酸ドリンクをいただいた。梅田店の受付には、とてもさばさばしたインストラクターがいらっしゃる。まだそのインストラクターのレッスンは一度も受けたことがないのだが、いつか彼女のレッスンも受けてみたいと思う。

 ところで私は、JR大阪駅からおよそ二十分ほど掛けて梅田店のスタジオまで歩いているわけだが、その途中に、お酒も扱っているコンビニエンスストアがある。実はそのお店の店頭では、非売品の景品が一つ五十円から二百円くらいの価格で売られているのだ。私は、そのコーナーを物色するのがいつも楽しみで、これまでにも大き目のグラスを一つ百円、キャラクターのイラストの入ったクーラーバックを一つ二百円などで購入している。今回も、レッスン時間が差し迫っているというのに、volvicのエコバックを一つ百五十円で購入した。かなり大きくてしっかりしたエコバックだったので、購入して良かったと思った。

volvicオリジナルエコバック

 生地もしっかりしているので、のちにこのエコバックは、ホットヨガのレッスンのあと、汗を掻いたレッスンウェアを入れるための入れ物となった。自宅では、エコバックごと洗濯できるので、とても便利である。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m レッスン後にお気に入りのお店でお昼ご飯を食べたり、ミニシアター系映画館で映画鑑賞をすることができるというのも、JR大阪駅から梅田店までの長い道のりを一生懸命歩くための励みになっているのですが、このように格安の景品を入手することができるのも、隠れた楽しみの一つになっています。

人気blogランキングには、もともとブログの書籍化を夢見て参加させていただきました。まだまだほど遠いですが、私の夢を応援してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« スプレキュアという選択(1) | トップページ | 映画『これでいいのだ!! 映画★赤塚不二夫』 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/53233746

この記事へのトラックバック一覧です: ホットヨガ(二六五回目):

« スプレキュアという選択(1) | トップページ | 映画『これでいいのだ!! 映画★赤塚不二夫』 »