« ガンモ、ぬいぐるみになる(3) | トップページ | 映画『恋の罪』 »

2011.11.18

ホットヨガ(二六六回目)

ガンモ、ぬいぐるみになる(3)の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 私がこの時期になっても半袖で過ごしていることに対し、「元気ですね」と話し掛けてくださる方が複数いらっしゃいます。付き合いがそれほど深くはない方たちなので、そのように言われても軽く受け流す程度にしていたのですが、そろそろ本当のことをお伝えしておいたほうがいいのではないかと思い、思い切って、「持病があって、今は女性ホルモンの分泌を止める注射を打ってもらっているので、身体が熱く、決して元気というわけではないのです」と口にしてみました。そのときに感じたのは、こちらがはっきりと自分の状況を伝えないでいると、相手の中で、私のイメージというものが勝手に進行してしまっているということでした。特に関西人はおしゃべり好きなので、話が途切れず、こちらが口を挟むタイミングを推し量るのが難しいのですが、それは付き合いが浅いからこそ起こることであって、付き合いの深い相手ならば、互いに発言の場が対等に設けられるのではないかと思いました。

 十一月三日の祝日は、三宮店で六十分のライトコースのレッスンを受けた。祝日の場合、日曜日と同じレッスンスケジュールが適用されるので、三宮店で開催される骨盤コースのレッスンは十六時からとなってしまう。そこで、もう少し早い時間に開催される十四時半からのライトコースのレッスンを選んで参加したというわけである。

 レッスンの参加者は十六名だったが、小さいほうのスタジオで行われたため、ちょうど定員に達していたようだ。祝日だったためか、サウナスーツの女性も参加されていた。驚いたことに、三宮店のレッスンで使用されているヨガマットがすっかり新しくなっているではないか。これまで使用していたヨガマットとは違う色だったので、すぐにわかった。

 ヨガマットと言えば、巷でヨガが流行り始めた頃、自前のヨガマットを持ってレッスンに通う女性の姿が雑誌などで紹介されていたように思う。私も、自前のヨガマットを抱えて、銀座店のスタジオに通ってみたいなどと思っていたものだった。しかし、実際のところ、ホットヨガのレッスンに通っていても、自前のヨガマットを持ち込んでレッスンを受けている人はごくわずかである。私がレッスンに通い始めてからも、おそらく一度か二度くらいしか出会ったことがないほどだ。ちなみに、私が通っているホットヨガスタジオの場合は、ヨガマットを年単位でレンタルできる有料サービスがあるので、私も含めてほとんどの方たちはその有料サービスを利用しているようだ。確かに、自分用のヨガマットを持ち込んでレッスンを受けるのはちょっとした憧れでもあるのだが、やはりヨガのためだけに出掛けて来ているわけではないので、自前のヨガマットを持参するのは荷物になってしまうのだろう。

 今回のレッスンには、緑のタオルを持ったトライアルレッスン中の方が二、三名いらっしゃった。トライアルコースのレッスンは、わずか千円で受けられるので、ずいぶん好評のようである。ちなみに、レッスンを担当してくださったのは、礼儀正しいインストラクターである。

 ライトコースということで、最初は寝ポーズから入ったのだが、レッスン中、あまりにも気持ちが良くて、ついうとうとしてしまった。不思議なことに、今回のライトコースは、少し前に三宮店で受けたライトコースのレッスンとはメニューが若干違っていた。目新しかったのは、蜜を探す蝶のポーズとゆりかごのポーズである。蜜を探す蝶のポーズは、座位の姿勢から手を伸ばして何かを探すような格好のポーズだったように思う。ゆりかごのポーズは、あぐらをかいて座り、片足を子供に見立てて揺らすポーズだったように思う。

 ライトコースのレッスンで取るポーズのうち、私が最もお気に入りなのは、種のポーズである。種から花が開き、やがて実になり、新たに生まれた種を地面にそっと落とすまでのポーズである。

 また、骨盤コースのレッスンで行っている座位のポーズは、スリーピングスワンのポーズと呼ばれていることがわかった。とにかく私は、ライトコースの一つ一つのポーズが目新しくて、一度もスタジオの外に出ることなくレッスンを受けたのだった。

 レッスンを終えてシャワーを浴びたあと、受付に出向いた私は、レッスンを担当してくださったインストラクターに、興奮気味に感想を述べた。インストラクター曰く、ライトコースのレッスンは、担当するインストラクターによって、内容が異なっているそうだ。なるほど、それで少し前に、同じ三宮店で受けたライトコースのレッスンの内容とは異なっていたのかと納得したのだった。骨盤コースのように、レッスンを担当してくださるインストラクターが変わったとしても、レッスン内容がほとんど同じのレッスンもあれば、ライトコースのレッスンのように、同じ支店のインストラクターが担当してくださっているというのに、レッスン内容ががらりと変わるレッスンもある。私は、これを機会に、もう少しいろいろなライトコースのレッスンを味わってみたいと思ったのだった。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 今回のライトコースのレッスンは、目新しいポーズがてんこ盛りでした。レッスン中にうとうとしてしまうほど気持ちがいいので、何だかやみつきになりそうです。とは言え、ライトコースのレッスンは、私のライフスタイルとなかなか合わないので、レッスンに参加し辛いというのが難点ですね。(苦笑)

人気blogランキングには、もともとブログの書籍化を夢見て参加させていただきました。まだまだほど遠いですが、私の夢を応援してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« ガンモ、ぬいぐるみになる(3) | トップページ | 映画『恋の罪』 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/53278997

この記事へのトラックバック一覧です: ホットヨガ(二六六回目):

« ガンモ、ぬいぐるみになる(3) | トップページ | 映画『恋の罪』 »