« 映画『ブラック・スワン』 | トップページ | 経口内視鏡初体験(3) »

2011.11.05

ホットヨガ(二六三回目)

映画『ブラック・スワン』の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 週末はあいにくの雨模様ですね。しかし、まだまだ暖かいようで、私は相変わらず半袖Tシャツ一枚で過ごしています。今は暖かいですが、また寒くなると思いますので、皆さんも気温の変化には十分お気をつけくださいね。

 十月二十二日土曜日は、ホットヨガの梅田店のスタジオで六十分の骨盤コースのレッスンを受けた。

 またしても家を出るのが遅くなってしまい、レッスン開始の二分ほど前に梅田店のスタジオに到着してしまった。それでも今回は、自宅から空の五百ミリリットルのペットボトルを持参していたので、初めてだったが、前回購入したばかりの高濃度水素水のプリペイドカードを大急ぎでサーバーにかざし、高濃度水素水を購入した。始めのうちは、サーバーの注ぎ口とペットボトルの口がほんの少しずれていたため、大切な水がこぼれてしまった。慌ててペットボトルを置き直したので、そのあとは順調に入ってくれた。しかし、ひどく慌てていたので、水を購入したあと、立ち上がるときに、サーバーの近くにあったガラス棚に頭をぶつけてしまった。誰にも見られなかったので恥ずかしくはなかったのだが、こういうときは、誰かがその現場を目撃して笑ってくれたほうが完結するような気もしている。

 ちなみに、三宮店では高濃度水素水のサーバはロッカールームに設置されているのだが、梅田店はロッカールームに通じる通路に設置されていた。おそらく、梅田店では男性会員と女性会員がいるために、双方が共通で使うことのできる通路に設置されているのだろう。

 その後、ロッカールームに入った私は、先ほど購入したばかりの高濃度水素水を飲んでみた。確かに、化学の力により生成された水の味がした。「レッスン前に飲むと、めっちゃ汗が出ますよ」という三宮店のスタッフの言葉を思い出しながら、その効果に期待して、私は大急ぎで着替えを済ませてスタジオに入った。スタジオには、いつもの保冷専用ボトルのほかに、先ほど購入したばかりの高濃度水素水も持参した。

 有り難いことに、レッスンは始まったばかりのようだった。どういうわけか、いつもよりも参加者の数は少なく、十七名だった。参加されていた男性会員は一人だけで、これまで一度もお目に掛かったことのない方だった。

 思いがけず、インストラクターに近いヨガマットが空いていたのでそこに腰を下ろすと、ちょうど鏡の切れ目に当たる場所であることがわかった。以前にも書かせていただいたことがあるのだが、ホットヨガのレッスンを行っているスタジオには鏡が設置されている。その鏡は、大きな一枚鏡ではなく、何枚かの鏡が連ねられている。座ったときに、ちょうどその繋ぎ目に当たるところにヨガマットが敷かれることもあり、そのようなヨガマットは早いもの勝ち競争に敗れて残ってしまうのだ。そんな視点で、まだ使用されていないヨガマットを眺めてみると、やはり鏡のちょうど繋ぎ目のところにあるヨガマットばかりが空いていた。

 高濃度水素水を飲んだためか、ウォーミングアップのストレッチの段階から、私は何となくいつもと違うものを感じていた。やはり、いつもよりも汗がたくさん出て来るように思えたのだ。しかもその汗は、いつもよりもねっとりとしているような気がした。それに加え、いつもはレッスン中に自分の汗の臭いを感じないのだが、今回はレッスン中に自分の汗の臭いを感じた。やはり、いつもとは違う汗が出ていたということなのだろうか。

 今回のレッスンを担当してくださったのは、初めてお目にかかるインストラクターだった。たいていの場合、どんなインストラクターも受付でお目にかかっているものだが、これまで一度もお目にかかっていないインストラクターだったのは不思議である。レッスンに不慣れな様子ではなかったので、ひょっとすると、どこかよその支店でレッスンを担当されているのかもしれない。

 私は、休憩のポーズ(シャバーサナ:屍のポーズ )までは何とか持ち越したものの、後半の四つん這いのポーズに入ったあたりから、スタジオの外に出て涼みたくてたまらなくなってしまった。そこで、スタジオの外に出て涼んでいると、そこに現れたのは何と、男性会員のNさんだった。ずいぶん長いことお目に掛かっていなかったので、またどこかに出掛けられているのだろうか、それとも、既に退会されてしまったのだろうかなどと思っていたのだが、お元気なお姿を拝見できて良かったと思う。Nさんは、相変わらずお肌がツルツルだった。これまで通り、週末は午前中のレッスンに参加されているという。Nさんもレッスンの途中で暑くなり、スタジオの外に出られたそうだ。お互いに別々のレッスンに参加していて、同じタイミングでスタジオの外に出ていたというのは面白い。Nさんは、
「ブログ読んでますよ」
と言ってくださった。(Nさん、どうもありがとうございますm(__)m )私が三宮店と梅田店でレッスンを受けていることも良くご存じだった。Nさんは、すぐに向かいのスタジオに戻られた。私もしばらく外で涼んでスタジオに戻り、レッスンを続けた。

 さて、高濃度水素水を飲んだあとの気になる汗の量だが、三宮店のスタッフに言われたように、
「信じられないほど、めっちゃ汗が出ますよ」
というほどでもなかった。確かに汗はたくさん出て来たのだが、決して信じられないほどではなく、十分信じられるほどの量だった。

 レッスンを終えたあとのロッカールームはひどく混雑していた。シャワーを浴びて着替えを済ませ、受付にロッカーの鍵を返しに行ったのだが、一週間以内にレッスンを受けたときにもらえるはずのヒアルロン酸ドリンクはもらえなかった。レッスンを受けたのが三宮店と梅田店で異なっているからなのだろうか。その後、いつものようにお気に入りの場所で昼食をとったあと、映画を鑑賞して帰宅した。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 高濃度水素水は、確かにレッスン中の発汗を促してくれるようです。いつもレッスン中に掻いている汗とは違い、もっと濃い汗のような気がするのですが、身体の中で化学反応でも起こっているのでしょうか。(苦笑)しかも、いつもとは違う臭いの汗を掻いたような気もするので、すべての人がレッスン前に高濃度水素水を飲んだら、果たしてレッスン中のスタジオはどうなるのでしょう。今まで気にならなかった汗の臭いが気になってしまうかもしれませんね。

人気blogランキングには、もともとブログの書籍化を夢見て参加させていただきました。まだまだほど遠いですが、私の夢を応援してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« 映画『ブラック・スワン』 | トップページ | 経口内視鏡初体験(3) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/53174859

この記事へのトラックバック一覧です: ホットヨガ(二六三回目):

« 映画『ブラック・スワン』 | トップページ | 経口内視鏡初体験(3) »