« 経鼻内視鏡初体験(3) | トップページ | 映画『まほろ駅前多田便利軒』 »

2011.10.01

ホットヨガ(二五五回目)

経鼻内視鏡初体験(3)の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 東海ラジオ放送が、五百名弱の方たちへのメール送信時に、すべてのメールアドレスが表示されてしまう方法でメールを送信してしまったことが話題になっていますね。個人のプライバシーを守るため、複数の方たちに向けてメールを送信するときは、個々のメールアドレスが表示されないようにBccを使って送信するのが暗黙的なルールとなっていますが、実際に、ビジネスなどでメールを使用されていない方たちの中には、世間でそのようなことが行われていることをご存知ない方もいらっしゃるだろうと思います。メールを受信する方たちがお互いに知り合いや仲間同士である場合は、わざわざBccを使ってメールを送信する必要もないのですが、今回のようなケースの場合は、やはりBccを使用するべきでしたね。とは言え、今回のような出来事は、実は、世間の価値観を共通にして意識を高め合うという役割も担っていると感じます。このようなことが話題にならなければ、同じような状況においてもBccを使用することなく、互いに認識のない複数の方たちに向けて、ToやCcでメールを送信される方もいらっしゃるかもしれません。そういう意味で、東海ラジオ放送は、人々の意識を共通にして、互いに高めてくれる役割を担ってくれたのではないでしょうか。

 九月二十七日火曜日は、三宮店で六十分の骨盤コースのレッスンを受けた。この日は経鼻内視鏡初体験(1)を果たした日だったが、病院に行くために仕事で休暇をいただいたものの、解決策が見付かり、症状が落ち着いて来たので、予定通り、思い切ってレッスンに参加したのである。

 三宮店のスタジオに行くには、ビルのエレベータを利用しているのだが、私がエレベータに乗り込むと、そのエレベータに慌てて滑り込んで来た女性がいた。何とその方は、いつも骨盤コースのレッスンでお見掛けするサウナスーツの女性だった。エレベータが三宮店のスタジオのある階に着くと、サウナスーツの女性はひどく急いだ様子でロッカーの鍵を受け取って、ロッカールームに消えて行った。一体何事だろうと思っていると、私自身がロッカーの鍵を受け取ったときに、対応してくださったスタッフから、
「レッスンは始まっていますので、お急ぎください」
と言われてしまったのだ。そのときになって初めて、私はレッスンの開始時間が十九時半からだと勘違いしていたことに気が付いた。実際のレッスンは十九時十分から始まるというのに、私が三宮店のスタジオに着いたのは、十九時十八分くらいだったのだ。

 大急ぎで着替えを済ませてスタジオの扉を開けてレッスンに加わると、先ほどのサウナスーツの女性も私に続いてスタジオに入って来られた。レッスンの参加者は全部で二十名で、レッスンを担当してくださったのは、前回、三宮店でレッスンを担当してくださったインストラクターだった。

 経鼻内視鏡の検査を受けた日だったというのに、私はそのまま安静にせずにレッスンに参加してしまったわけだが、どういうわけか、前回の同じ時間のレッスンよりも元気だった。リュープリンの注射を始めたので、レッスン中にほてりが強くなり、いずれスタジオ内の暑さに我慢ができなくなるのではないかと心配していたのだが、今回はそれほど暑くもならず、前半の休憩のポーズ(シャバーサナ:屍のポーズ)のときも、スタジオの外に出ることなくスタジオ内で過ごすことができた。

 サウナスーツの女性同様、骨盤コースのレッスンには常連さんが多い。いつもお見掛けするフリーパス会員の方が、ほとんど水の入っていないペットボトルをレッスンに持参されているのが気になった。まだレッスンが始まったばかりなのに、レッスンの途中で水が足りなくなってしまうのではないだろうかと、人ごとながら心配してしまった。するとその方は、レッスンの途中でペットボトルを持ってスタジオの外に出て行かれ、しばらくしてスタジオに帰って来られたかと思うと、ペットボトルの水が増えていたのである。ひょっとすると、持参されている別の水をペットボトルに移し替えたのだろうかとも思った。しかし、それならば、わざわざ水を移し替えずに、新しいペットボトルをスタジオに持参されるのではないだろうか。そうなると、水道の水を加えたのだろうか。私は、あれこれと勝手に想像を巡らせていた。

 あとからわかったことだが、少し前にロッカールームに設置されたプリペイドカード式の水のサーバーが本格稼動を始めたようだ。おそらくその方は、その水を購入されて、補充されたのではないかと思う。そのサーバーでは、高濃度の水素水を購入することができるらしい。とは言え、実は私がレッスン中にいつも愛飲しているのも、自宅の冷蔵庫で作った還元水素水である。最近、還元水素水が身体にいいとわかって来たので、インターネットで還元水素水を作成できるフィルターを購入したのだ。そのフィルターをペットボトルに入れて、冷蔵庫で還元水素水を作っているというわけだ。その還元水素水がおいしいので、普段の通勤にも、そしてホットヨガのレッスンにも、その還元水素水を持参している。

 三宮店のロッカールームに設置されている水のサーバーは、おそらく私がレッスンに持参している還元水素水よりも高濃度の水素水なのだろう。水の用意がないときに、このようなサービスがあるのはとても便利だと思う。特に、一日に何レッスンもこなしていらっしゃるフリーパス会員の方たちにとっては、重い水を持参しなくても良いので、重宝されているのではないだろうか。

 さて、私は、息を幾分荒げながらも、最後までスタジオの外に出ることなくレッスンに参加し続けた。今回のレッスンでは、汗もたくさん掻いていた。

 レッスンのあと、インストラクターがロッカールームに入って来られたので、レッスンの開始時間が十九時半からだと勘違いしていたため、レッスンに遅刻してしまったことを詫びた。インストラクターは、
「そう言えば、遅れて入って来られましたね」
とおっしゃっていた。

 着替えを済ませて受付に行くと、礼儀正しいインストラクターが
「ずいぶんお久し振りですね」
と声を掛けてくださった。私は、台風や生理と重なって、しばらくレッスンに参加できなかったのだと答えた。礼儀正しいインストラクター曰く、台風の日も電車が動いていたので、意外にもたくさんの方たちがレッスンに参加されていたそうだ。台風の動きが思いのほかゆっくりだったので、実際はそれほど警戒しなくても、出掛けられる状態にあったのだ。

 私は、三宮店でのレッスンは、仕事帰りの参加が中心になるだろうと礼儀正しいインストラクターに伝えた。そして、十月からは、平日の夜の骨盤コースのレッスンが火曜日ではなく月曜日に設定されているので、映画のレディースデイと重ならないのは有り難いとコメントしておいた。仕事帰りに骨盤コースのレッスンに参加できるのはいいのだが、九月は夜の骨盤コースのレッスンが神戸市内の映画館のレディースデイに相当する火曜日に設定されていたので、仕事帰りに映画を鑑賞したい気持ちと戦いながら、レッスンに参加していたのだった。十月からは、そうした葛藤もなく、単に寝不足の心配だけで、夜の骨盤コースのレッスンに参加できそうである。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m レッスンの開始時間を間違えていたとわかったときには、ひどく慌てましたね。通常は、十分以上の遅刻は認められていないので、ギリギリセーフだったことになります。遅刻したのが一人ではなかったので、心強かったですね。(苦笑)それにしても、高濃度の水素水は、ちょっと興味ありますね。価格についてはまだ確認していないのですが、市販の水よりも安くてお買い得ならば、私もいつか利用させていただくことがあるかもしれません。良質の水を身体の中に取り入れることは、とても大切なことだと思います。

人気blogランキングには、もともとブログの書籍化を夢見て参加させていただきました。まだまだほど遠いですが、私の夢を応援してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« 経鼻内視鏡初体験(3) | トップページ | 映画『まほろ駅前多田便利軒』 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/52888765

この記事へのトラックバック一覧です: ホットヨガ(二五五回目):

« 経鼻内視鏡初体験(3) | トップページ | 映画『まほろ駅前多田便利軒』 »