« ホットヨガ(二五八回目) | トップページ | 映画『監督失格』 »

2011.10.19

海を越えてやって来たpaperblanks

ホットヨガ(二五八回目)の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 大阪市、熊本市、伊丹市の各市交通局が共同で、現役を引退した路面電車やバス、備品などをインターネットのオークションサイトに出品するそうです。鉄道ファンやバスファンにとってはわくわくする出品ですよね。別荘や喫茶店などに利用できるのではないかという期待が込められているようですが、果たしてどのような方たちに落札されるのでしょうか。我が家にはルーフバルコニーがありますので、路面電車を落札して置いてみたい気もしますが、実際はいろいろな制約があって、実現しないでしょうね。(苦笑)

 これまで、書くことが楽しくなる手帳書くことが楽しかった手帳などの記事でご紹介させていただいたとおり、文月のふみの日に生まれた私は、とにかく書くことが好きである。「ガンまる日記」の数々の記事も、これらの手帳から生まれていると言っても過言ではない。実はこれらの手帳に加え、最近は別のノートも持ち歩くようになったため、通勤用のリュックがパンパンになり、重量も増して来た。そこで、週刊誌4コマノート・ミニを束ねたノートは自宅待機してもらうことにして、映画を鑑賞した日付と作品名を順番に記入する程度に留めるようになった。というわけで、今年一番活躍したのは、paperblanks ミディフォーマット(B6相当)ディエム(一日一ページ)ということになる。

2011年に最も活躍した手帳。paperblanks ミディフォーマット(B6相当)ディエム(一日一ページ)。(この写真のみ、ガンモ撮影)

 私は、paperblanks ミディフォーマット(B6相当)ディエム(一日一ページ)がとても気に入っていたので、同じタイプの来年の手帳を購入しておこうと、今年も楽天市場を探し回った。ところが、私が購入しているミディフォーマット(B6相当)ディエム(一日一ページ)はひどく品数が少なく、ようやく見付けたとしても、過去に購入した表紙と同じ表紙のものしか出回っていなかった。楽天市場のほかにもいろいろな通販サイトを探し回ったのだが、やはり同じような状況だった。

 もしかすると、携帯電話の普及により、日々のスケジュールをアナログの手帳ではなく、携帯電話で管理する人が増えて来ているのかもしれない。もしも一ヶ月程度の予定だけを管理するのならば、携帯電話のスケジュール機能だけでも充分だとは思うのだが、その日に感じたことなどを一緒に書き留めておきたいときなどは、携帯電話のスケジュール機能ではちょっと物足りない。アナログの手帳のいいところは、過去の自分を振り返るのに、一年間の厚みとともに複数のページの存在を意識させてくれるところである。しかし、携帯電話などのデジタルなデータでは、一年間の厚みを感じることはできない。だから私は、やはりアナログの手帳に予定を書き込んだり、日々感じたことなどを書き加えて行きたいのだ。

 とは言え、paperblanks ミディフォーマット(B6相当)ディエム(一日一ページ)の表紙のバリエーションが少ないために、過去に購入した同じデザインのものを再び購入するのは少々気が引ける。できればこれまで購入したことのない表紙の手帳が欲しい。そう思って、eBayにアクセスしてみたところ、アメリカの出品者がpaperblanks ミディフォーマット(B6相当)ディエム(一日一ページ)を出品されていることがわかり、落札させていただいた。

 ところが、探し求めていたpaperblanks ミディフォーマット(B6相当)ディエム(一日一ページ)が手に入るとわかり、舞い上がってしまったのか、落札するときにサイズを間違えてしまった。私は、ミニフォーマットの手帳では小さ過ぎて書きたいことを書き切れないため、いつも避けているのだが、商品名が英語表記なので、Midiとminiを間違えてしまい、一発落札してしまった。そして、サイズを間違えたことに気付かないまま、さっさとPaypalで支払いを済ませてしまった。欲しかったサイズはminiではなく、Midiだったことに気が付いたのは、Paypalで支払いを済ませたあとだったのである。

 ひょっとすると、気付いた時点で出品者に頼み込めば、落札をキャンセルできたのかもしれない。しかし、既にPaypalで支払いを済ませたあとだったので、キャンセル手続きを申し出るのは出品者に面倒な手続きを強いることになると思い、同じ出品者がミディフォーマットの手帳も出品されているのをいいことに、そのまま落札を取り消さずに新たにミディフォーマットの手帳を落札させていただき、そちらもすぐにPaypalで支払いを済ませた。というのも、過去に別の商品を落札したときに、出品者が「送料を計算して知らせるので、支払いはちょっと待ってね」というメッセージを送ってくれていたというのに、商品ページに表示されている送料を勝手に足し込んで、さっさとPaypalで支払いを済ませてしまい、結果的に出品者にかなり面倒な手続きを強いることになってしまった経験があるからだ。そのため、サイズの異なる二冊のpaperblanksが海を越えてやって来ることになったわけである。

 さて、落札してから十日ほどで海を越えてやって来た二冊のpaperblanksは、以下のような箱に入っていた。

USPS(The United States Postal Service)で届いたパッケージ。こちらはミニフォーマット

USPS(The United States Postal Service)で届いたパッケージ。こちらはミディフォーマット

 それぞれ別々に落札させていただいたので、個別に梱包されて配送されたわけだが、実は、Paypalで支払いを済ませたあとに、「他に欲しいものがあれば同梱します」という出品者のメッセージを見付けてしまった。支払い前で、最初から二冊落札するとわかっていれば、支払いを後回しにして出品者と交渉できたのだが、やはり支払いを済ませてしまってからでは面倒な手続きになると思い、個別発送のままにしておいたのだ。

 中を開けてみると、初めて見るpaperblanks ミニフォーマット ディエム(一日一ページ)は、なかなかかわいかった。ミディフォーマットをそのまま小さくしたような感じなのである。これ一冊で一日一ページなので、これまでとはまた違う用途で使えそうだ。

2012 Dayplanner Jade Mini Day-at-a-Time(本体$19.79、送料$13.50、合計$33.29)

 そして、私がもともと欲しかったpaperblanks ミディフォーマット(B6相当)ディエム(一日一ページ)は、蝶のデザインが施された角の丸い手帳だった。 

2012 Day Planner Flutterbyes Midi Day-at-a-Time(本体$22.99、送料$13.50、合計$36.49)

 海外仕様なので、祝日などは自分で管理しなければならないが、これまで愛用して来たサイズの手帳を入手することができて、実にうれしい限りである。ちなみに気になる価格だが、有り難いことに円高のおかげでそれぞれの送料を足し込んでも、日本で売られている価格(日本では、ミニタイプが送料別で一冊二三一〇円、ミディタイプが送料別で一冊二六二五円)とそれほど変わりはなかった。円高だからこそ、日本で手に入りにくいものを購入するのは得策だと思う。欲しいものがないときは海外に目を向けてみると、思ってもないものが手に入るかもしれない。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m この時期、来年の手帳を購入すると、ホッとしますよね。今年使っていたミディタイプのものも、実は海外仕様だったので、それほど違和感はありませんでした。今年、使用していたものは、日本で購入したので、日本向けに祝日のシールがおまけで付いていたのですが、今回、購入したものには付いていませんでした。(苦笑)来年は、また違う表紙のものを購入できるかどうかわかりませんが、またトライしてみたいと思います。

人気blogランキングには、もともとブログの書籍化を夢見て参加させていただきました。まだまだほど遠いですが、私の夢を応援してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« ホットヨガ(二五八回目) | トップページ | 映画『監督失格』 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/53036384

この記事へのトラックバック一覧です: 海を越えてやって来たpaperblanks:

» 骨董市で探す オークション出品 品/ご迷惑でしたらお手数ですが削除してください。 [骨董市で探す オークション出品 品 ]
ごめんなさい。間違えてトラックバックしちゃたかもしれません。あなたのサイトの片隅にちょこっとだけリンクさせていただければ幸いです。ありがとうございます。ご迷惑でしたらお手数ですが削除してください。... [続きを読む]

受信: 2011.11.02 10:00

« ホットヨガ(二五八回目) | トップページ | 映画『監督失格』 »