« リュープリンという選択(5) | トップページ | 映画『ツーリスト』 »

2011.09.19

いつもの大ボラ

リュープリンという選択(5)の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m たくさんの方たちから応援クリックを賜り、心より御礼申し上げます。確か女性ホルモンは、一生を通じても、耳かき一杯程度しか分泌されないそうで、調整が大変難しいのもそのためだと言われています。しかも、血液検査を受けて、自分のエストロゲンレベルやプロゲステロンレベルを知ろうとしても、血液検査を受ける時期によって値が異なっているために、余計に調整しにくいのだと思います。注意したほうがいいのは、若い女性の皆さんが、豊胸のためにサプリメントなどから人工のエストロゲンを補給してしまうことです。人工のエストロゲンを補給することは、乳がんのリスクを高めることになってしまうので、もしも皆さんの周りにそういう方がいらっしゃいましたら、是非とも教えてあげてください。体内の女性ホルモンを自然な形で整えるには、やはり食生活や生活習慣を改めることが一番なのでしょうね。しかし、それもまた手探りの状態なので、多くの女性たちが婦人科系のトラブルを抱えているのだと思います。さて、この週末は帰省していたため、週末や休日を中心にお届けしている旅行の記事を書くことができませんでした。まだまだ残っているオーストラリア旅行記につきましては、また別の機会に書かせていただこうと思います。

 初めてリュープリンの注射をしたのあと、昼食をとった私は、TOEICのIPテストを受けるために、三宮にある派遣会社のオフィスを訪れた。そこあるセミナールームで、派遣会社の主催するTOEICのIPテストが年に二回程度の割合で開催されているのだ。この日は午前に一回と、午後に一回、開催されたのだが、いつもは午前の部を申し込んでいるのに、今回はMRIの検査を受けたため、午後の部で受験することになった。

 受験者は、私を入れて六名程度だったと思う。TOEICの試験は、公開テストならば通常で五千五百六十五円、リピート受験割引で五千三百七十円の受験料が掛かるところを、派遣会社の主催するTOEIC IPテストならばわずか四千円で受験することができるので、実力試しのために、毎回、受けているのである。

 試験の前に行われるインストラクションが終了すると、試験官は今にも試験を始めてしまいたい姿勢を見せた。公開テストならば、インストラクションとトイレ休憩などにたっぷり三十分間は取られるのだが、TOEIC IPテストはある程度、融通が効くので、試験の開始時間を繰り上げることができる。おそらく試験官は、早めに試験を終えて帰宅したいのだろう。たいていの場合、TOEIC IPテストでは、インストラクションとトイレ休憩で合わせて二〇分程度しか取られない。

 もう少しで試験が始まることがアナウンスされると、私はさっと挙手して、水を飲んでもいいかと試験官に尋ねた。このとき既にリュープリンの副作用が出始めていたのか、喉がひどく乾いていたのである。試験官から、水を飲んでも良いとの許可が降りたので、私は持参している保冷専用ボトルを持って、飲食禁止の試験会場から出て行こうとしたところ、試験官は、
「どうぞ、お席のままでかまいませんよ」
と言ってくださった。そこで私は、自分の席で保冷ボトルの蓋を開け、水をひと口、ふた口飲んで、喉の乾きを潤した。

 さて今回のTOEIC IPテストは、結論から言えば、自分なりには良くできたと思っている。前半のリスニングの試験も良く聞き取れただけでなく、後半のリーディングの試験も、時間が足りないという状況にありながらも、比較的余裕があった。あまりにも試験の感触が良かったので、試験が終わったあとに、私はすぐにガンモに電話を掛けて報告したのだが、私がいつも大ボラを吹いているために、ガンモは真剣に取り合ってくれなかった。やはり、結果を見てから判断したいのだろう。TOEIC IPテストの場合、二週間程度で結果が郵送されて来るはずなので、あと数日で私の手元に届くはずである。

 このように、いつも大ボラを吹いている私は、TOEIC IPテストの結果が届く頃には、何が何でもガンモよりも先に帰宅しなければならない。そうでないと、ガンモによって、先に封筒を開封されてしまうからだ。そうすることで、大ボラを吹いたことから自分自身を守る必要があるのである。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 台風十五号の影響で、西日本を中心に大雨や暴風などの注意報が出ているようです。私たちも、この三連休は実家で過ごして帰って来たのですが、帰りはこれまで体験したことのないほど大雨が降っていました。「これはまたどこかで被害が出そうだな」とガンモが言っていましたが、皆さんも、川の氾濫や土砂崩れにもくれぐれもお気をつけくださいね。また、道路の混雑や列車などの遅れにより、移動にはいつもよりも時間が掛かるものと思われますので、お出掛けの際には時間的にも余裕を持って家を出たいものですね。

人気blogランキングには、もともとブログの書籍化を夢見て参加させていただきました。まだまだほど遠いですが、私の夢を応援してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« リュープリンという選択(5) | トップページ | 映画『ツーリスト』 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/52778997

この記事へのトラックバック一覧です: いつもの大ボラ:

« リュープリンという選択(5) | トップページ | 映画『ツーリスト』 »