« オペラハウス周辺のランナー | トップページ | 映画『ファンタスティック Mr.FOX』 »

2011.08.17

注文口と受け取り口が明示的に分かれているマクドナルド

オペラハウス周辺のランナーの記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 天竜川の川下り船が転覆した事故は、とても痛ましいですね。観光地に出掛け、とても楽しく過ごせるはずの時間が一転して、死の恐怖へと変わりました。きっと船を操縦していた船頭さんも大ベテランのはずなのに、ほんの一瞬のうちに惨劇が起こってしまったと思われます。亡くなられた方たちも大変お気の毒ですが、仕事中のミスが取り返しのつかないことに発展してしまうお仕事に従事されている方たちも大変だと思います。

 寝不足のまま、早朝にシドニー(キングスフォード・スミス)国際空港に到着した私たちは、空港の椅子でしばらく休んだあと、空港内のマクドナルドで昼食をとった。日本にはないセットがあったので、アイスコーヒーとのセットで注文した。というのも、あまりにもおいしそうなアイスコーヒーの写真が掲げられていたからだ。

シドニー(キングスフォード・スミス)国際空港の到着ロビーにあるマクドナルド

 面白いのは、注文する場所と商品を受け取る場所が矢印シールにより案内されていたことである。日本のマクドナルドでは、注文してからの動作が実にあいまいで、注文したあとの利用客の行動は、さりげなくレジの横に避けるような仕組みになっているように思う。しかし、シドニーでは、注文口と受け取り口が明示的に分かれているので、注文したあとにここで待っていていいものかと不安に駆られることもない。

注文したあと、左側に移動して待つように矢印の案内がある。
すなわち、注文口と受け取り口が明示的に分かれているということである

 私が「店内で食べます」と申告しなかったためか、注文した商品は紙袋に入れられた。いや、私が申告しなかったというよりも、持ち出して食べるのか、ここで食べるのかと店員さんに聞かれなかったのだ。店内を見渡すと、商品をトレーで受け取っている人たちもいるが、多くの人たちが紙袋で受け取り、店内で食べているようだ。私も紙袋を受け取ると、店内のテーブルの上に広げた。

注文した商品は、トレーではなく、紙袋に入れられた

 どうやらこのセットは、かつてベルギーのアントワープで食べたのと同じ"m"シリーズの"GRAND ANGUS"のようである。おそらく、日本のマクドナルドでは発売されていないのではないだろうか。

ベルギーのアントワープで食べたのと同じ"m"シリーズの"GRAND ANGUS"

 早速、食べてみると、驚いたことに、ポテトもハンバーガーも、そしてアイスコーヒーも格別においしかった。とりわけ、私にとってはアイスコーヒーが、一口飲むごとに「おいしい! おいしい!」と連発してしまうほどおいしかった。一方、ガンモはポテトがえらくお気に入りだった様子で、「このポテトはうまい!」と何度も繰り返しながら、むしゃむしゃ食べていた。

アイスコーヒーが格別においしかった

 正直言って、マクドナルドで食事をして、これまであまりおいしいと思ったことはなかったのだが、シドニー(キングスフォード・スミス)国際空港の到着ロビーにあるマクドナルドは格別だった。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m シドニーには中国人が多いと別の記事で書きましたが、私の注文を受けてくださった方も中国人でした。中国の人たちは、他国でも十分生きていけるだけの順応性を備えているのでしょうね。すぐにその国の言葉を覚え、その国に馴染んで行きます。海外で仕事を見付けるのは並大抵のことではないだろうと想像するのですが、たくましいですよね。

人気blogランキングには、もともとブログの書籍化を夢見て参加させていただきました。まだまだほど遠いですが、私の夢を応援してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« オペラハウス周辺のランナー | トップページ | 映画『ファンタスティック Mr.FOX』 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/52503085

この記事へのトラックバック一覧です: 注文口と受け取り口が明示的に分かれているマクドナルド:

« オペラハウス周辺のランナー | トップページ | 映画『ファンタスティック Mr.FOX』 »