« 注文口と受け取り口が明示的に分かれているマクドナルド | トップページ | coles 対 Woolworths »

2011.08.18

映画『ファンタスティック Mr.FOX』

注文口と受け取り口が明示的に分かれているマクドナルドの記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m たくさんの方たちから応援クリックを賜り、心より御礼申し上げます。群馬県の館林市では、最高気温が三十八.五度を記録したそうですね。まさしく、体温よりも高い気温ということになります。そのうち、日本のガイドブックなども「日本は暑い国」と書き換えられ、他の暑い諸国のように、激辛料理が名物になるかもしれませんね。とは言え、もう少しでこの暑さも和らぐとのことですので、秋の到来に期待したいものです。

 四月二日に鑑賞した本作は、ストップモーション・アニメと呼ばれる人形劇のような一風変わったアニメだった。予告編を観て面白そうだと思い、鑑賞に至ったのである。驚いたことに、本作は何と、あのチャーリーとチョコレート工場の原作者で知られるロアルド・ダールの原作なのだそうだ。そして監督は、映画『ダージリン急行』のウェス・アンダーソン監督である。

 ガゼット紙の記者として働いている狐のMr.Foxは、かつては泥棒稼業で生計を立てていたものの、妻の妊娠をきっかけに、泥棒稼業からすっかり足を洗うことを妻と約束する。やがて子供も成長し、これまでの穴ぐら暮らしから脱出したいと切望するようになる。しかし、丘の上にある大木の家を買おうと決意したとき、丘の向こう側には、意地の悪い三人の人間の農場主が住んでいることがわかると、Mr.Foxは、その三人から農作物などの生産物を盗むことを思いつき、再び泥棒稼業に戻ってしまう。怒った農場主たちは、次々にMr.Foxに仕返しを仕掛けて来て、やがてMr.Foxらは、三人の農場主たちとの壮絶な戦いを経験することになる。

 主人公のMr.Foxは、実に淡々としている。もともと人形劇のようなアニメだから表情が固いのか、それとも本作のキャラクターとして計算されているのか、顔の表情にバリエーションはない。とは言え、特筆すべきは、Mr.Foxの声を担当しているのがジョージ・クルーニーだということだ。しかも、彼の妻の声を担当しているのはメリル・ストリープである。更に、弁護士の声をビル・マーレイが担当している。そんな豪華なキャストで構成された作品なのだ。

 私としては、Mr.Foxは泥棒稼業から足を洗うことを妻と約束したのだから、その約束をずっと守って欲しかったと思う。しかし、もしも私の望むような展開であったならば、Mr.Foxの生活は生涯ずっと安泰であり、本作で描かれているような三人の農場主との激しい戦いも繰り広げられることはなく、故に、彼らの安泰な生活が映画化されることもなかったかもしれない。そう考えると、人生、山あり谷ありだからこそドラマになると言えるのではないかとも思える。

 本作の見どころは、三人の農場主との激しい戦いが、Mr.Fox一家の問題だけには留まらないところだろう。しかも、登場しているのは狐だけではない。ビル・マーレイが声を担当している弁護士はアナグマだし、他にもフクロネズミなどが出て来る。だから、三人の農場主たちとの戦いも、Mr.Fox一家だけの戦いではなく、他の様々な動物たちをも巻き込むことになる。

 擬人化された動物社会において、狐がかぶっている毛糸の帽子の耳のところだけ穴が空いていたり、Mr.Foxと妻がキスをするときに、尖った口同士だからキスし辛いのではないかと心配になったりする。そういう面白さはあるのだが、正直言うと、ストーリーとしてはちょっと物足りなかった。と言うのも、仮にMr.Foxらが三人の農場主たちに追い詰められたとしても、Mr.Foxらが農場主たちの生産物を盗んだりしなければこのような激しい争いには発展しなかったと思うからだ。すなわち、盗みという行為に対して、冷静な判断が働いてしまうのである。だから、ストーリーとしては、もうひとひねり欲しかったように思う。こんなふうに思ってしまうのも、チャーリーとチョコレート工場の原作者による作品であるという期待感があるからかもしれない。本作は、ストーリーそのものにはそれほど期待せず、擬人化された動物たちを楽しむことができればそれで充分だと思う。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m おそらく、本作の評価が高いのは、Mr.Foxの淡々とした表情に惹かれる人が多いからではないかと思います。擬人化されているからでしょうか。彼の行動から目が離せないのだと思います。擬人化されているとは言え、彼らは彼らなりの時間の経過の単位を持っているのもユニークでしたね。

人気blogランキングには、もともとブログの書籍化を夢見て参加させていただきました。まだまだほど遠いですが、私の夢を応援してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« 注文口と受け取り口が明示的に分かれているマクドナルド | トップページ | coles 対 Woolworths »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/52511093

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『ファンタスティック Mr.FOX』:

» 格安輸入家具によるインテリアのご提案 おしゃれな収納レイアウ [Perfect Housewife]
ハウスキーピング専門!お客様のプランを.かたちにします!お気軽に五臓ダンください! [続きを読む]

受信: 2011.08.21 11:19

« 注文口と受け取り口が明示的に分かれているマクドナルド | トップページ | coles 対 Woolworths »