« ホットヨガ(二四五回目) | トップページ | 映画『アンチクライスト』 »

2011.07.18

呼吸が浅くなった理由

ホットヨガ(二四五回目)の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 超大型台風が接近していますね。速度がかなり遅いようで、超大型台風による雨や風の影響を長時間に渡って受けることが予想されているようです。現在、台風の通り道に予定されている九州地方、四国地方、それから関西地方の皆さん、どうかくれぐれもお気をつけください。このまま日本列島を直撃せずに、手前で反れてくれたらいいのですが・・・・・・。

 この三連休の初日の土曜日は、I医師の診察を受けることになっていた。九時からの予約だったのだが、家を出るのが遅くなってしまい、診察の予約時間に数分遅れて病院に到着してしまった。急いで婦人科の待合所に足を運んでみると、人影はまばらだった。以前も感じていたことだが、かつては完全予約制ではなく、予約していても数十分から一時間以上も待っていたはずの婦人科の診察が、いつの間にか完全予約制に変わったようなのである。そのため、長時間の診察待ちをすることなく、受付を済ませると直ちに名前が呼ばれた。私は、予約時間に遅刻してしまったのが申し訳ないくらいだった。

 I医師から、
「どうですか?」
と尋ねられたので、
「最近、呼吸が苦しいわけではないのですが、呼吸が浅いように感じます。筋腫が圧迫しているのでしょうか」
と尋ねてみた。するとI医師は、施術台の上に横になるようにおっしゃった。

 私は、I医師のホームページに、私と同じような症状と思われる患者さんの子宮全摘手術の写真が掲載されていたことを持ち出した。するとI医師は、
「あの方の筋腫はXXXXグラムもあったけれど、あなたの場合は、まだそんなにないでしょう」
とおっしゃった。私は、
「じゃあ、まだまだ大丈夫ですかね」
などと言って、手術を逃れようとした。しかしI医師は、そんな私に、
「早く横になってください」
と促した。

 I医師は、私にお腹を出すようにおっしゃったので、私は衣服をめくり上げ、腹巻を下げた。I医師は、私の筋腫がどのあたりまで来ているのかを触診してくださった。私としては、筋腫が呼吸を邪魔するほど大きくなっているのではないかという不安があったのだが、実際は私が思っているほど胸の辺りまでは接近していなかったようで、せいぜいおへその数センチ上までといったところだった。

 I医師は、去年の十一月に撮影したMRIの画像をパソコンに読み出して、その画像を見ながら解説してくださった。そのとき私は、四月に行われた健康診断で、ヘモグロビン値が九台だったことを伝えた。これは、生理の出血量が増えているということである。生理の出血量に関しては、自分ではそれほど多くはないと感じていても、以前よりもトイレに行く回数が増えているため、布ナプキンを取り替える回数が増えてしまっているようだ。

 I医師は、子宮の絵が描かれた図を取り出して、私に示しながら、どのような手術が行われるかについて説明してくださった。やはり、手術を勧められているようである。I医師は、開腹以外の方法で筋腫や子宮を摘出する高い技術をお持ちなのだが、残念ながら、現在の病院には、子宮筋腫の手術に使用するそれらの医療機器がないのだそうだ。そのため、私の自宅がその病院から遠いこともあり、手術をするなら他の病院を紹介しますよと言ってくださった。

 これまでにも何度となく説明を受けて来たことだが、私のように筋腫が大きいと、腹腔鏡を使って手術をするのはもはや難しいが、女性ホルモンの分泌を抑制する注射で、ある程度、筋腫を小さくした状態であるならば、ひょっとすると手術は可能かもしれないとのことだった。

 また、とりあえず生理の出血量だけを減らしたいならば、腹腔鏡を使って子宮内膜に掛かっている筋腫をやっつければ、生理の出血量は減って来るだろうとのことだった。とは言え、それでは周辺にある大きな筋腫を残すことになってしまうので、せっかく手術を受けるというのにあまり意味がないともおっしゃった。要するに、私の場合は筋腫が大きいために、腹腔鏡による手術ではなく、開腹による手術が適しているということだ。

 もともとI医師は、筋腫の大きさを重視されているわけではない。ただ、筋腫が大きくなると、足に血栓ができる場合もあるので注意が必要だとおっしゃった。I医師にとっては、筋腫の大きさよりも、筋腫がどこにあるかが重要なようで、私のように子宮内膜に筋腫が掛かっていると、生理の出血量が多くなるので貧血になりやすいのだそうだ。

 I医師は、去年の11月にMRIの検査を受けているなら、そろそろMRIの検査を受けて、その結果を見て、筋腫が大きくなっているようであれば、手術を考えましょうとおっしゃった。そこで、二ヵ月後のMRIと診察の予約をすることになった。いつもの桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)も二ヵ月分処方していただいた。

 一度収まり掛けた手術の話が再び持ち上がりったので、私は何となく逃げ出したい気持ちになった。このまま、MRIの予約を無視して、筋腫を放置してしまおうかとも思った。

 帰り際に、
「きっと大きくなっているでしょうね」
と私が言うと、I医師はそれに同意された。これまで何とか逃げ延びていたが、私は今度こそ、手術を受け入れることになるのだろうか。手術を受け入れたくない私としては、とにかく気が重かった。また、手術を受け入れてしまえば、私はこの病院に足を運ぶこともなくなってしまうのだろうか。まだまだI医師から学びたいことがたくさんあるというのに・・・・・・。ふと、そんな寂しさも覚えた。私はいつものように、病院の近くの薬局で処方箋を受け取り、路線バスで病院の最寄駅に向かうと、お気に入りの場所で「ガンまる日記」を書き上げ、ホットヨガのレッスンに臨んだ。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 二ヶ月後に受けるMRIの結果、筋腫が成長しているようならば、またまた手術を勧められることになりました。I医師は、私の場合、やはり子宮全摘手術を受けたほうがいいとおっしゃいました。これまで一生懸命、手術から逃げ延びて来たのに・・・・・・。まあ、二ヶ月ありますので、何とか逃げ延びる方法を模索したいと思います。(苦笑)

さて、今回も記事の中にボタンを埋め込ませていただきますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

哲学・思想[人気blogランキング]に

上記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。

|

« ホットヨガ(二四五回目) | トップページ | 映画『アンチクライスト』 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 呼吸が浅くなった理由:

» 子宮筋腫の治療、子宮筋腫手術でお悩みの方へ [14日間子宮筋腫改善プログラム]
もし、ここに手術で取ってしまいたくなるほどひどい子宮筋腫の苦しみから解放されるたった14日間のプログラムがあるとしたらあなたも試してみたいと思いませんか? [続きを読む]

受信: 2011.07.25 08:21

« ホットヨガ(二四五回目) | トップページ | 映画『アンチクライスト』 »