« SPITZ Jamboree Tour 2011 "とげまリーナ" in 大阪城ホール | トップページ | 映画『英国王のスピーチ』 »

2011.07.15

湯村温泉(2)

SPITZ Jamboree Tour 2011 "とげまリーナ" in 大阪城ホールの記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 元X(現在のX JAPAN)のメンバーTAIJIがサイパン行きの飛行機の中で暴れたあと、自殺を図って意識不明の状態に陥っているというニュースを読みました。X JAPANは、TUBE同様、私とほぼ同年齢のメンバーで構成されたバンドですが、何だかいろいろありますね。そう言えば、私が東京に住んでいた頃、彼らのカウントダウンコンサートのために東京ドームまで足を運んだ思い出があります。そのときは、もはやTAIJIはXのメンバーではありませんでしたので、彼の生演奏を見たわけではありませんが、彼に対しては、もっと命を大切にして欲しいと言いたいですね。それでは、週末になりましたので、湯村温泉(1)の続きを書かせていただきます。

 湯村温泉にあるいくつもの売店では、卵が売られている。と言っても、決してこの辺りが卵の名産地であるというわけではない。実は、湯村温泉の源泉が九十八度という日本一温度の高い源泉であることから、観光客は売店で卵を購入して、湯村温泉のお湯でゆで卵を作ることができるのである。すなわち、観光客がゆで卵を作るための場所が提供されているということである。このような設備まで完備されているならば、もっと高い値段で卵を売ってもいいはずなのに、売店で売られている卵は、三個入りで百五十円だった。スーパーで売られている十個パック入りの卵よりは割高だが、とてつもなく高い値段ではない。ありがたいことに、ゆで上がった卵につけて食べるための、ペーパーに小分けされた塩までセットになっていた。塩は袋に入っているわけではなく、地元のおばあちゃんたちが内職でこしらえたような紙に小分けされていた。

 温泉に卵というと、箱根温泉の黒たまごをすぐに思い出すが、湯村温泉では、自分で卵を買ってゆで卵を作るという手作り感覚を味わえるのがいい。購入した卵は網に入っているので、そのまま吊り下げて熱い温泉の中に垂らし、しばらく待つ。ゆで卵を作る荒湯の周辺には河原があり、たくさんの観光客が河原に設置された足湯でくつろいでいた。河原に足湯があるということは、それだけで温泉の資源が観光客に惜しみなくけ与えられていることを意味している。何しろ、源泉が九十八度もあるとなると、むしろ冷やさなければ足湯としても利用できないだろう。そういう意味で、河原は高い源泉を冷やす役割も果たしているのではないだろうか。

 私は、足湯に入ってみたかったのだが、さきほど薬師湯で温まったばかりで、しかも、冷え取り健康法のために靴下を四枚も重ね履きしているため、わざわざ時間を掛けて履いた靴下を脱いでしまう気にはなれず、とうとう足湯は利用しなかった。

 さて、ほどよい頃合を見計らって卵を引き上げてみると、確かにゆで卵ができ上がっていた。私たちは河原に設置されたベンチに腰掛け、あつあつの卵の殻をむき、塩を振りかけて食べた。自然の中で、自然のエネルギーをもらってゆで上げたゆで卵はとてもおいしかった。辺りがそろそろ暗くなりかけていたので、湯村温泉に大満足した私たちは、再びカングーに乗り込み、帰路についたのだった。

※撮影した写真のスライドショーを貼り付けておきます。なお、スライドショーが表示されない場合や、写真へのコメントをご覧になる場合は、湯村温泉(2)をご覧ください。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 今回の記事で、城崎温泉から始まったカニ三昧ツアーの旅の記事は完結とさせていただきます。河原の足湯で足を温めている人たちは、みんな幸せそうでした。ゆでた卵を食べている人たちも幸せそうでした。人々は、自然に触れ、ある程度のことまでを自分自身で実践しようとしたときに、笑顔になれるのではないでしょうか。湯村温泉で食べる卵は、誰かにゆでてもらった卵ではなく、自分でゆでた卵であることが、観光客の笑顔の秘密であるように思います。

さて、今回も記事の中にボタンを埋め込ませていただきますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

哲学・思想[人気blogランキング]に

上記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。

|

« SPITZ Jamboree Tour 2011 "とげまリーナ" in 大阪城ホール | トップページ | 映画『英国王のスピーチ』 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/52220964

この記事へのトラックバック一覧です: 湯村温泉(2):

» 熱中症の対策 熱中症の予防と症状 [熱中症の対策 熱中症の予防と症状]
熱中症について解説されたサイトです。 [続きを読む]

受信: 2011.07.16 14:09

« SPITZ Jamboree Tour 2011 "とげまリーナ" in 大阪城ホール | トップページ | 映画『英国王のスピーチ』 »