« 映画『アンストッパブル』 | トップページ | ホットヨガ(二三八回目) »

2011.05.15

TOHOシネマズの1ヶ月フリーパス

映画『アンストッパブル』の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 東京電力の役員の報酬が、半減されてもなお、三千六百万円もあるということが話題になっていますね。ということは、半減される前は、七千二百万円前後だったことになります。もちろん、役員は一人だけではないでしょうから、他にもこれだけの待遇の人たちがたくさんいらっしゃるのだとしたら、私たち国民は、東京電力に対してお金の心配はしなくてもいいのでしょうね。一部でにおいて、東京電力を国有化しようとする声が上がっていましたが、確かにライバル会社がいない状態ですし、今後も原子力発電に頼るのであれば、国有化という選択肢もありだと思います。

 いつも利用している映画館の一つにTOHOシネマズがある。TOHOシネマズでは、シネマイレージカードというクレジットカード機能付きの会員カードに加入すると、一回の鑑賞に付き一ポイントの鑑賞ポイントに加え、上映時間一分に付き一マイルの鑑賞マイルが付与されることになっている。

 鑑賞ポイントを六ポイント貯めると、映画を一本無料で鑑賞することができるようになっている。つまり、映画を六回鑑賞すると、一回分のおまけが付くというわけだ。この還元率は、電車やバスの回数券よりもずっと高いことになる。私は、映画の鑑賞ポイントが六ポイント貯まると、鑑賞ポイントを貯め込むことなく直ちに次回の鑑賞時にポイントを使い切っている。

 また、上映時間が鑑賞マイルとして蓄積されると、フードコーナーで販売されているポップコーンやドリンクなどと引き換えることができる。私は、映画の鑑賞中にポップコーンをほおばる習慣はほとんどないのだが、ガンモと一緒にTOHOシネマズに出掛けると、多くのカップルが鑑賞中にポップコーンを食べているのをガンモがひどくうらやましがるので、貯まった鑑賞マイルをポップコーンに引き換えることが何度かあった。しかし、鑑賞マイルで引き換えることのできるポップコーンは一人用のためサイズが小さく、ガンモは少し不満の様子だった。

 それはさておき、鑑賞マイルを六千マイル貯めると、全国のTOHOシネマズで利用できる1ヶ月フリーパスと交換できる特典もあり、以前からずっと気になっていた。一マイル一分の換算なので、六千マイルというと、鑑賞する映画の上映時間の合計が六千分(ふん)ということである。長い映画もあれば短い映画もあるが、仮に一本百二十分として計算すると、映画を五十本鑑賞すれば六千マイルを達成できることになる。私の鑑賞ペースからすれば、五十本の鑑賞はそれほど難しいことではない。そこで、鑑賞マイルをポップコーンなどに交換せずにせっせと六千マイルを貯めて、1ヶ月フリーパスと交換するのが私の当面の目標になっていた。

 そして、いよいよそのときがやって来た。GW前にようやく六千マイルが貯まりそうだったので、私は鑑賞マイルを1ヶ月フリーパスと交換するにはどのような手続きを取ればいいのか、予めTOHOシネマズのスタッフに尋ねてみた。
「もう少しで六千マイル貯まりそうなんですが、1ヶ月フリーパスを受け取るときは、使用する日に特典引換券を窓口に持って行けばいいのでしょうか?」
すると、TOHOシネマズのスタッフは、
「そうですね。使用を開始される当日に、そちらの機械で1ヶ月フリーパスの特典引換券を発行していただいて、窓口にお持ちください。特典引換券はその当日しかご利用になれませんので、ご注意ください。窓口にお越しくだされば、1ヶ月フリーパスを作成するにあたり、スタッフが写真を撮らせていただきます」
とおっしゃった。なるほど、さすがに1ヶ月フリーパスともなると、顔写真を貼り付けて、本人確認を行う必要があるようだ。考えてみれば、当たり前のことである。

 さて、予定通り、GW前にはめでたく六千マイルを貯めることができたので、GWが始まるや否やTOHOシネマズに出向き、1ヶ月フリーパスを発行していただくことにした。思えば、GW中にはたくさんの映画が公開されているので、念願の1ヶ月フリーパスを発行していただくにはもってこいだった。私は、いつも予約済のチケットを発券している機械を操作して1ヶ月フリーパスの特典引換券を発券し、GWのために長い行列が出来ている窓口に根気強く並んだ。この忙しい時期に、スタッフに特殊な処理をお願いするのは申し訳ない気もしたが、私としても、普段は働いている以上、GWはまとめて映画鑑賞するのにもってこいの時期なのである。

TOHOシネマズの1ヶ月フリーパスの特典引換券

 何十人も順番待ちをして、ようやく私の順番が回って来た。1ヶ月フリーパスの特典引換券を差し出すと、窓口で対応してくださったスタッフは、
「では、お写真をお撮りしますので、○○のポスターの前でお待ちください」
とおっしゃった。私は、窓口のすぐ脇にある指定されたポスターの前でスタッフを待ち、通用口から出て来たスタッフが持参したデジタルカメラで顔写真を撮影していただいた。相変わらず、窓口付近にはたくさんの人たちが行列を作って待っていたので少し恥ずかしくもあったのだが、私の中には六千マイルを貯めることができたという小さな誇りもあった。

 その後、奥のソファに座ってしばらく待っていると、別のスタッフが出来上がった1ヶ月フリーパスを持って来てくださった。念願の一ヶ月フリーパスを手にした私は、喜びと感動で胸が打ち震えていた。

TOHOシネマズの1ヶ月フリーパス(表)

TOHOシネマズの1ヶ月フリーパス(裏)

 残念なことに、1ヶ月フリーパスでは当日のチケットしか引き換えることができないようである。つまり、いつものように、予約はできないのである。ということは、できるだけ映画サービステーなど、千円で映画を鑑賞できるような混雑する日は避けたほうが賢明である。

 私は、四月二十九日からこの1ヶ月フリーパスを使い始め、およそ半月の間に合計八本の映画を鑑賞した。1ヶ月フリーパスをできるだけ有効活用するために、ミニシアター系映画館からはすっかり遠ざかってしまっているが、無料の映画鑑賞ライフを存分に楽しんでいる。ちなみに、この1ヶ月フリーパスの有効期限となっている五月二十八日は、多くの映画が新たに公開されることになっているので、ひょっとするとホットヨガのレッスンを見送って、TOHOシネマズで映画鑑賞に専念することになるかもしれない。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m TOHOシネマズの1ヶ月フリーパスは、私にしてみれば、まるで夢のような特典であります。今のペースで鑑賞を続けると、一ヶ月の間におよそ十六本の映画を鑑賞することができそうですが、考えてみると、ミニシアター系映画館に足を運んでいない分、普段の鑑賞ペースとほとんど変わりがないかもしれません。(苦笑)とは言え、1ヶ月のうちに鑑賞する映画がすべて無料というのは、大変お得な特典だと思います。あと残り半月、思う存分一ヶ月フリーパスの特典を利用したいと思います。

さて、今回も記事の中にボタンを埋め込ませていただきますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

哲学・思想[人気blogランキング]に

上記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。

|

« 映画『アンストッパブル』 | トップページ | ホットヨガ(二三八回目) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/51683319

この記事へのトラックバック一覧です: TOHOシネマズの1ヶ月フリーパス:

« 映画『アンストッパブル』 | トップページ | ホットヨガ(二三八回目) »