« ブリージングストレッチセミナー in 京都(1) | トップページ | 映画『白夜行』 »

2011.05.19

ブリージングストレッチセミナー in 京都(2)

ブリージングストレッチセミナー in 京都(1)の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m たくさんの方たちから応援クリックを賜り、心より御礼申し上げます。村の全域が計画的避難区域に設定されている福島県の飯舘村で、NPOによる序染作業が始まったそうですね。村に戻って来るには、放射線量を下げる必要があるとして、NPOが立ち上がったようです。しかも、除染を担当するNPOは、放射線の専門家のようです。なるほど、一歩踏み込むことで、このような行動を起こすこともできるのだと感動しました。

 ブリージングストレッチのセミナー会場は三階だったので、私は階段を昇るという選択肢もあったはずなのに、一階から三階までエレベータを利用した。というのも、セミナーの開始時間が十三時からだったというのに、京都駅からのらりくらりと歩いて来てしまったために、開始時間が差し迫っていたからである。ところが三階に着いてみると、まだ受付を済ませていらっしゃらない方も何人かいらっしゃった。ふと見ると、そこには古久澤先生やHさんのお姿もあった。何と、古久澤先生が私を見付け、手を差し出して握手をしてくださったではないか。いつものように、古久澤先生の手はとても温かかった。Hさんとの再会もうれしかった。

 私は、すぐにセミナーが始まるだろうと思い、受付もそこそこにトイレに駆け込んだ。受付では名前を告げたあと、今回のセミナーのレジュメとアンケート用紙などを受け取り、セミナー後の懇親会の会費を支払った。懇親会の会場は、JR京都駅に近いらしい。

 セミナー会場をのぞいてみると、既にたくさんの人たちが集まっていた。その日の朝に届いた古久澤先生のメルマガによれば、今回の京都セミナーには、何と全国から八十名もの参加者が集まって来られるそうだ。会場は、九十四帖もの畳が敷き詰められた部屋だったのだが、それほど広くても、八十名もの参加者が集まると、広いはずの会場が狭く感じられてしまうほどだった。セミナーが開始されると、おそらく体操の実践に入るはずなので、私は比較的広そうな場所を選んで腰を下ろした。

九十四帖の畳が敷き詰められた会場

 しばらくすると、私が腰を下ろした近くにHさんが来てくださった。今回は、東京からも古久澤先生の体操教室に通っていらっしゃる生徒さんがたくさんいらっしゃっているようである。去年の神戸セミナーでお目に掛かった方たちも何人かいらっしゃるようだった。

 十三時から開始されると思っていたセミナーは、集合時間が十三時からで、実際の開始時間は十三時半からだったようだ。それまでの間、九十四帖の畳が敷き詰められた会場には、和気藹々とした雰囲気が漂っていた。Hさんともいろいろ話が弾む。Hさんと話をしていると、普段、無意識に使っているような余分な力が要らず、とても楽ちんである。私は、素の自分に戻れるような喜びを感じていた。

 セミナーが始まるまでの間、古久澤先生は、セミナーに参加されている方たちの間を回っていらっしゃった。こういう心配りもうれしい。私のところにも来てくださり、何と、「ガンまる日記」について触れてくださった。私は、許可もいただかずに勝手に書き綴っていたので、何となく気恥ずかしくもあったのだが、素直にうれしかった。Hさん曰く、去年の神戸セミナーのあとに、「ガンまる日記」の存在が浮上していたそうだ。私は、許可もいただかずに書き綴っていた「ガンまる日記」を皆さんが見守ってくださっていたことに深く感謝した。

 十三時半になると、今回のセミナーを主催してくださったTさんがマイクを手に持ち、みんなの前であいさつをしてくださった。Tさんは、古久澤先生が、心と身体を結び付けるストレッチを提唱していらっしゃることを心地良く感じていらっしゃるようだった。私もそれはまったくの同感である。特定の専門分野においては、心と身体の問題が切り離されてしまうことが多い。しかし、古久澤先生のブリージングストレッチは、心と身体が密接な関係を持っている。むしろ、心が原因で、身体が結果であると言っても過言ではないくらいだ。普段から、心と身体が密接な関係を持っていることを意識しながらセミナーに参加されている方たちが多いために、例え初対面であったとしても心の世界を共有できるのかもしれない。

 Tさんがマイクを持ってみんなの前で話をされている間、古久澤先生はセミナー会場の四隅に向けてパンパンと柏手を打ち、セミナーを開始するにあたっての準備を整えていらっしゃった。Tさんのごあいさつが終わり、古久澤先生が手にマイクを握ると、いよいよ古久澤先生のブリージングストレッチセミナー in 京都が本格的に始まった。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m セミナーの開始時間だと思っていた十三時にセミナー会場に着いてしまったので、実際のセミナー開始時間まで余裕があったのは有り難かったですね。私は、体操ができる格好で家を出て来たので、そのまま靴を脱いで会場に入りましたが、セミナー会場には、着替えをする部屋まで設けられていて、ブリージングストレッチセミナーの会場としてはバッチリでした。この続きは、映画のレビューや旅行の記事なども交えながら書かせていただきますので、どうか気長にお付き合いくだされば幸いです。

さて、今回も記事の中にボタンを埋め込ませていただきますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

哲学・思想[人気blogランキング]に

上記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。

|

« ブリージングストレッチセミナー in 京都(1) | トップページ | 映画『白夜行』 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/51718232

この記事へのトラックバック一覧です: ブリージングストレッチセミナー in 京都(2):

« ブリージングストレッチセミナー in 京都(1) | トップページ | 映画『白夜行』 »